ニュース
» 2021年11月03日 21時00分 公開

都会で疲れた男を救ったのは 田舎に帰って不思議な子どもと出会う漫画が癒やされる(1/6 ページ)

男性は何度も「救われて」いました。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 家に帰ってきて、部屋でくつろいでいるのに「帰りたい」とつぶやいてしまう。一体どこへ帰りたいというのか、自分にも分からない。日々の生活に疲れていると、誰しも「自分にもよく分からないが、どこかへ帰りたい」と思ってしまうようです。

 今回ご紹介する作品は、まさにそのような境遇から「帰り着いた」男性と謎の子どもを巡る、心温まる不思議な物語。作者は漫画家の野分なか実(@Nowaki_psd)さんです。

山に帰る話 漫画

 都会での社会生活に疲れ切り、自殺が頭をよぎるまでに追い詰められてしまった男性。ですがその直前、どこからか聞こえた不思議な声に引き止められ……ふと思いつき、ここではない故郷へ「やっと帰れる」ことになりました。

山に帰る話 漫画
山に帰る話 漫画
山に帰る話 漫画

 仕事を辞めて田舎へ帰った男性は、山中に放置されていたボロボロの祖母の家を建て直し、荒れ果てた畑を耕し、そこに作物を植えて……地道な努力の末に、田舎でのひとり暮らしを成立させたのです。

 ある夏の日のこと。男性の住む地域を大型の台風が襲い、地響きが鳴り響くほどの「何か」が起きるのですが、特に被害はありませんでした。そして朝になり、畑の手入れへと向かった男性は、あぜ道の草むらで気を失っている小さな子どもを見つけるのです。

山に帰る話 漫画
山に帰る話 漫画

 昨日の台風で行き倒れたのかと、男性はその子を駐在所まで連れて行くのですが、子どもが行方不明になったという届け出はありませんでした。その子は名前も分からず、他人の言葉は理解できるものの喋れず、文字は書けないようで、身元がさっぱり分かりません。

 どうしたものかと途方に暮れる男性でしたが、その子はどういう訳か男性によくなついています。結果としては駐在さんの発案から、しばらく男性が面倒を見て届け出が出るのを待つ、ということになったのでした。

 しゃべることができず、名前の分からなかったその子は、雨を自在に降らせられるという特技を見た男性から「コサメ」という名前をもらいました。ふたりは仲睦まじく同じ時間を過ごしていたのですが、しばらく経ったある日のこと、男性のもとに初老の男性がやってきます。

山に帰る話 漫画

 初老の男性は「白髪の青年を探している」と言うのですが、コサメの姿を見るなり「やっぱりここにいたのか、願いを叶えてやったんだから、ちゃんと働いて返せ」と意味深な反応を見せます。さらに、困惑する男性に対し「そいつは人間じゃない、家に入れるのはやめておけ」と忠告し、帰っていくのでした。

 そして翌日のこと。男性が目を覚ますと、隣で寝ていたはずのコサメがいなくなっていました。慌てて駐在所へ駆け込み、駐在さんに起きた事態を伝えるのですが……駐在さんは不思議そうな表情を浮かべ「誰の話をしているの?」と返したのです……。

山に帰る話 漫画

 不思議な超能力を持つ、人ならざる子ども「コサメ」の正体とは。初老の男性とコサメの関係、男性の夢に出てきた「白髪の青年」、そしてコサメは一体何を「願った」というのか。気になる続きとふたりの結末は、漫画を読み進めてお確かめください。

作品提供:野分なか実(@Nowaki_psd)さん

記事:たけしな竜美(@t23_tksn

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」