ニュース
» 2021年11月05日 08時30分 公開

8歳息子が夜中に突然嘔吐、ママが頼ったのは…… 小児救急電話相談「#8000」の体験漫画が参考になる(1/2 ページ)

もしもの時のために覚えておきたい。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 夜間に突然具合が悪くなった息子。「小児救急電話相談(#8000)」の指示を仰いで救急病院へ連れて行ったママの漫画がInstagramに投稿されています。

救急病院に行った話 夜間に突然子どもの具合が悪くなったら……

 投稿者は、漫画家のカワグチマサミ(kawaguchi_game)さんです。

救急病院に行った話 元気いっぱいなソウちゃんが寝付いたと思ったら……
救急病院に行った話 突然具合が悪くなってしまいました
救急病院に行った話 さっきまで元気だったのに……
救急病院に行った話 「#8000」を思い出したカワグチさん

 カワグチさんの8歳の息子・ソウちゃんは、いつでも元気いっぱい。その日も、布団に入る直前まで頭を振ったり踊ったり、パワフルに体を動かしていました。

 ところが、ソウちゃんが寝付いてから30分ほどたった後、寝室から苦しそうな声が……! カワグチさんとパパが慌てて見に行くと、ソウちゃんは顔色が悪く大量の汗をかいていました。そして嘔吐し、全身の力を抜いてぐったりとしてしまったのです。

 突然のことに「どうして」「何でこんなことに」と血の気が引いていくカワグチさん。具合が悪くなった原因が全く思い当たらず、どんな対処をしたら良いのかわかりません。ですが、パパの「救急車読んだ方がいいか?」という言葉を聞いた瞬間、以前にかかりつけの先生から「休日や夜間に救急に行くべきか迷ったら#8000に電話をすると良い」といわれたことをハッと思い出しました。

救急病院に行った話 すぐに救急病院を教えてもらえました
救急病院に行った話 付き添いは1人だけ

 短縮番号「#8000」にかけてつながるのは、「小児救急電話相談」。休日や夜間に子どもの体調が悪くなったとき、小児科医師や看護師から、適切な対処方法や病院の受診をした方が良いのかなどのアドバイスを受けられるサービスです。

 早速電話をかけたカワグチさんは、ソウちゃんの状態を看護師さんに詳しく説明しました。ソウちゃんは意識があり、けいれんをしてないことから、救急車は呼ばず、夜間の受け入れをしている救急病院を教えてもらい、自分の車で向かうことにしました。

救急病院に行った話 軽い脱水症状だったようです
救急病院に行った話 気付かないうちに疲れがたまっていたのかな?
救急病院に行った話 当たり前の幸せやお医者さんへの感謝の思いが募ります

 病院で点滴を打つと、すぐに容体が落ち着いたソウちゃん。診察の結果、軽い脱水症状があったものの「問題はない」と診断されました。「それで倒れたりするんですか!?」と驚くカワグチさんですが、お医者さんによると子どもは自分で疲れていることに気付かないことがあるため、こうしたケースは珍しくないのだといいます。いつもパワフルに動き回っているソウちゃんも、知らず知らずのうちに疲れがたまっていたのかもしれませんね。

 コロナウイルスの感染防止のため、病室での付き添いは1人しかできませんでした。パパと交代したカワグチさんは、1人家路を歩きながら対応してくれた医師や看護師さんへの感謝の気持ちや「当たり前のことが当たり前に感じられる幸せ」に思いを巡らせるのでした。ソウちゃんは翌日すっかり元気になって退院したといいます。

救急病院に行った話
救急病院に行った話

 今回カワグチさんが電話をかけた「小児救急電話相談(#8000)」は、全国同一の短縮番号で利用でき、自身が住む都道府県の窓口に自動転送されます。利用できる時間帯は自治体によって異なるので、事前に調べておくと良いですね。

 また、公益社団法人 日本小児科学会が運営するWebサイト「ONLINE QQ こどもの救急」では、子どもの症状に合わせてどんな対処をすればよいのかを確認できます。こちらも併せてチェックしておくのが良さそうです。

 日頃はフリーランスとして働く日常をエッセイ漫画を描いて投稿しているカワグチさん。書籍「子育てしながらフリーランス」が11月30日に発売予定です。

画像提供:カワグチマサミ(kawaguchi_game)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」