ニュース
» 2021年11月06日 15時00分 公開

クジラの爆発を回避しつつ、体液にまみれ解体作業―― 海獣学者の知られざる日常をつづった本を漫画レビュー

漫画家・長谷川ろくさんの漫画レビューで魅力を紹介します。

[長谷川ろく,ねとらぼ]

 2021年7月21日、山と溪谷社から『海獣学者、クジラを解剖する。 〜海の哺乳類の死体が教えてくれること〜』が発売されました。同書は海獣学者の知られざる日常と海の哺乳類の生態を紹介する科学エッセイです。

海獣学者 『海獣学者、クジラを解剖する。 〜海の哺乳類の死体が教えてくれること〜』

 著者は、国立科学博物館動物研究部脊椎動物研究グループ研究主幹で、海棲哺乳類のストランディング(海棲哺乳類が岸に打ち上げられること)の原因を病気という観点から研究している田島木綿子先生。日本一クジラを解剖してきた研究者です。

 ねとらぼ生物部ではこれまで、研究施設の貴重な“ウラ側”や同館を支える“必殺仕事人”を取材を通して紹介してきました。今回は、「クジラは爆発する」「体液にまみれ異臭騒ぎ」など、驚きのエピソードがいっぱいの同書の魅力を、漫画家・長谷川ろくさんの漫画レビューとともにお届けします。

海獣学者 クジラは爆発するんです……!

田島木綿子

国立科学博物館動物研究部脊椎動物研究グループ研究主幹。筑波大学大学院生命環境科学研究科准教授。博士(獣医学)。とっても気さくでチャーミング。

長谷川ろく

漫画家。『KEMARI』でデビュー。各SNS(hasegawa_roku)にて「こねこのドレイ」「父よきらめく事なかれ」などを更新中。猫と心霊動画が好き。


「海獣学者 クジラを解剖するを読んで」長谷川ろく

海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者

あとがき

 こんにちは、堅い本は苦手な長谷川ろくです。普段は愛猫2匹を愛でながら漫画を描いて暮らしています。今回、ねとらぼ生物部さんから「本の漫画レビューを描いてほしい」とお願いされて、「クジラについての専門的な知識はないけど大丈夫かな……」と思いつつも、「それでもいただいた仕事だから」と気合いを入れて読んでみました。

 “海獣学者”という職業に「メガネクイッ」な印象を持っていた私。正直、同書のタイトルから堅そうな印象を持ちました。しかし、各章のタイトルは「ようこそ、シャチのお見合いパーティー」や「野生のアシカの群れは凄まじく臭う」など、なんだかコミカルなタイトルばかり。とても気になります。

 各章では海の哺乳類の生態が、著者の“クジラ愛”にあふれた視線で丁寧に紹介されていました。例えば、“クジラやイルカは私たち人間と同じ哺乳類”であること。クジラやイルカは私たちと同じように陸に上がり生活していたのに、何らかの理由で海に戻り生き延びていったのです。

 著者はその理由や、海の哺乳類がかかる病気を解明するべく、ストランディングしたクジラを解体しています。ストランディングはいまだ謎が多い現象。環境汚染物質が海の哺乳類に与える影響のお話は、私たちの環境への意識について考えさせられます。

海獣学者 海獣学者は超ガテン!!

 さらに同書には、“もう一つの生き物”の生態についてコミカルに紹介されています。その“もう一つの生き物”とは、海獣学者! 私は同書を読んで、海獣学者の生態にとても興味を持ちました。

 学者というと研究室にこもっているイメージがありますが、実は海獣学者はとにかく体を使う仕事。もちろん論文を書いたり、剥製を作ったり、博物館の展示を企画したりと、中の仕事も大忙しなのですが、「クジラが打ち上がったよ!」の電話1本で、日本全国どこへでも駆け付けます

 そして、海獣学者もしょせんは人間! 会議を抜けて打ち上がったクジラの調査に行きたいジレンマに駆られたり、解体作業で失敗しないように緊張したりする姿には、私とはかけはなれた職種であっても親近感が湧いて、応援したくなってしまうのです!

海獣学者 海棲哺乳類の“100年後の未来”を考えるきっかけとなる1冊です

 同書は理系ではない人や、クジラのことをあまり知らない人にとっても面白い本だと思います。クジラの生態について分かりやすく説明してくれる上、著者の熱意や苦闘、そして深い“クジラ愛”が伝わり、好奇心とイメージが膨らみました。愛って伝播(でんぱ)するのですね〜

 私はその熱意に触れて、環境への意識が少し変わりました。著者がこんなに一生懸命に海のことを考えているなら……私も何か考えたい! 少しでもいいから! と胸が熱くなり、食器用洗剤を環境に優しいものへ変えました。同書は、漫画を描いているだけの私の意識をも変える1冊でした。

ストランディングの連絡先


(編集/構成:あだちまる子

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」