ニュース
» 2021年11月06日 15時00分 公開

クジラの爆発を回避しつつ、体液にまみれ解体作業―― 海獣学者の知られざる日常をつづった本を漫画レビュー

漫画家・長谷川ろくさんの漫画レビューで魅力を紹介します。

[長谷川ろくねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 2021年7月21日、山と溪谷社から『海獣学者、クジラを解剖する。 〜海の哺乳類の死体が教えてくれること〜』が発売されました。同書は海獣学者の知られざる日常と海の哺乳類の生態を紹介する科学エッセイです。

海獣学者 『海獣学者、クジラを解剖する。 〜海の哺乳類の死体が教えてくれること〜』

 著者は、国立科学博物館動物研究部脊椎動物研究グループ研究主幹で、海棲哺乳類のストランディング(海棲哺乳類が岸に打ち上げられること)の原因を病気という観点から研究している田島木綿子先生。日本一クジラを解剖してきた研究者です。

 ねとらぼ生物部ではこれまで、研究施設の貴重な“ウラ側”や同館を支える“必殺仕事人”を取材を通して紹介してきました。今回は、「クジラは爆発する」「体液にまみれ異臭騒ぎ」など、驚きのエピソードがいっぱいの同書の魅力を、漫画家・長谷川ろくさんの漫画レビューとともにお届けします。

海獣学者 クジラは爆発するんです……!

田島木綿子

国立科学博物館動物研究部脊椎動物研究グループ研究主幹。筑波大学大学院生命環境科学研究科准教授。博士(獣医学)。とっても気さくでチャーミング。

長谷川ろく

漫画家。『KEMARI』でデビュー。各SNS(hasegawa_roku)にて「こねこのドレイ」「父よきらめく事なかれ」などを更新中。猫と心霊動画が好き。


「海獣学者 クジラを解剖するを読んで」長谷川ろく

海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者
海獣学者

あとがき

 こんにちは、堅い本は苦手な長谷川ろくです。普段は愛猫2匹を愛でながら漫画を描いて暮らしています。今回、ねとらぼ生物部さんから「本の漫画レビューを描いてほしい」とお願いされて、「クジラについての専門的な知識はないけど大丈夫かな……」と思いつつも、「それでもいただいた仕事だから」と気合いを入れて読んでみました。

 “海獣学者”という職業に「メガネクイッ」な印象を持っていた私。正直、同書のタイトルから堅そうな印象を持ちました。しかし、各章のタイトルは「ようこそ、シャチのお見合いパーティー」や「野生のアシカの群れは凄まじく臭う」など、なんだかコミカルなタイトルばかり。とても気になります。

 各章では海の哺乳類の生態が、著者の“クジラ愛”にあふれた視線で丁寧に紹介されていました。例えば、“クジラやイルカは私たち人間と同じ哺乳類”であること。クジラやイルカは私たちと同じように陸に上がり生活していたのに、何らかの理由で海に戻り生き延びていったのです。

 著者はその理由や、海の哺乳類がかかる病気を解明するべく、ストランディングしたクジラを解体しています。ストランディングはいまだ謎が多い現象。環境汚染物質が海の哺乳類に与える影響のお話は、私たちの環境への意識について考えさせられます。

海獣学者 海獣学者は超ガテン!!

 さらに同書には、“もう一つの生き物”の生態についてコミカルに紹介されています。その“もう一つの生き物”とは、海獣学者! 私は同書を読んで、海獣学者の生態にとても興味を持ちました。

 学者というと研究室にこもっているイメージがありますが、実は海獣学者はとにかく体を使う仕事。もちろん論文を書いたり、剥製を作ったり、博物館の展示を企画したりと、中の仕事も大忙しなのですが、「クジラが打ち上がったよ!」の電話1本で、日本全国どこへでも駆け付けます

 そして、海獣学者もしょせんは人間! 会議を抜けて打ち上がったクジラの調査に行きたいジレンマに駆られたり、解体作業で失敗しないように緊張したりする姿には、私とはかけはなれた職種であっても親近感が湧いて、応援したくなってしまうのです!

海獣学者 海棲哺乳類の“100年後の未来”を考えるきっかけとなる1冊です

 同書は理系ではない人や、クジラのことをあまり知らない人にとっても面白い本だと思います。クジラの生態について分かりやすく説明してくれる上、著者の熱意や苦闘、そして深い“クジラ愛”が伝わり、好奇心とイメージが膨らみました。愛って伝播(でんぱ)するのですね〜

 私はその熱意に触れて、環境への意識が少し変わりました。著者がこんなに一生懸命に海のことを考えているなら……私も何か考えたい! 少しでもいいから! と胸が熱くなり、食器用洗剤を環境に優しいものへ変えました。同書は、漫画を描いているだけの私の意識をも変える1冊でした。

ストランディングの連絡先


(編集/構成:あだちまる子

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」