ニュース
» 2021年11月23日 18時15分 公開

ハリポタ作者、トランスジェンダー活動家に住所をさらされ脅迫 前年の発言が“差別的”と炎上しターゲットに

トランスフォビアな発言を批判されてきたJ.K.ローリング。

[城川まちね,ねとらぼ]

 『ハリー・ポッター』シリーズで知られる英作家のJ.K.ローリングが11月22日(現地時間)、自身のSNSでTwitter上に自宅の住所をさらされ脅迫を受けたと明かしました。きっかけは19日に投稿された写真付きのツイート。ローリングの自宅前で、3人の活動家がトランスジェンダーの権利を訴えるパネルを撮影し、住所が確認できる形でアップしたものです。

ハリー・ポッター ローリング トランスジェンダー トランスジェンダーに対して差別的と批判されてきた(画像はJ.K.ローリングの公式サイトから)

 ローリングは写真が「住所が見えるよう慎重に調整し撮影された」とし、投稿について教えてくれたユーザーたちやTwitter運営、対応したスコットランド警察に謝辞を述べています。また投稿をリツイートした人は「たとえその行動を非難するためであっても」削除するよう懇願していますが、3人の活動家はすでにアカウントごと当該のツイートを削除しています。

 ローリングは2020年6月に、米WebメディアDevexによる「オピニオン:月経のある人にとって、より平等なポストCOVID-19の世界を作ること」という記事に、「“月経のある人”だって。昔はこの人たちを指す言葉があったんだけど。誰か教えて。ウンベン? ウィンパンド? ウーマッド?」と嘲笑(ちょうしょう)するようなツイートをし、多くの人の怒りを買いました(関連記事)。

 その後ローリングは自身の再登場に長い声明文を公開し、スコットランドでは自己申告のみで性別を変更できるようにする動きがあること、手術やホルモン治療を受けていないトランスジェンダー女性が女性専用スペースに入ることへ反対していること、また自身が20代に受けた性的暴行などについて記しています。

 しかしトランスフォビアと批判された自身の発言を取り下げることはなく、声明文公開後も批判は相次ぎ、『ハリー・ポッター』に関するイベントがキャンセルされるなどの抗議も続きました。

ハリー・ポッター ローリング トランスジェンダー ハリポタ主演俳優らもローリングのトランスジェンダーへの発言には異議を唱えた(画像はエマ・ワトソンのInstagramから)

 またローリングは今回の脅迫に関して、自身は守られているがそうではない女性たちもいると、近年トランスフォビアだと批判され職を失うなどした女性たちの名を列挙。そして彼女らは「社会政治的な概念である性自認が性に取って代わることを無批判に受け入れないという理由で」SNS上で追い詰められたり、彼女らの雇用主が狙われたり、さらしやレイプを含む脅迫を受けていると主張しました。

 さらに3人の活動家たちについては、「住所をSNSにさらすことで、私が女性の性の権利について発言しないよう脅すことができると考えたのだろう」とし、「私が壁紙になるほど多くの殺害予告を受けてること、それでも発言するのをやめないことを考慮すべきだった」とツイート。そして「あなたたちの運動が女性にとって脅威でないと証明する最良の方法は、ストーキングやハラスメント、脅迫をやめることかも」と忠告しました。

 この連続したツイートのリプライ欄では、ローリングとその家族の無事に安堵(あんど)し心配する人や「こんな行為が正当化されると思う人がいるなんて」と活動家たちの行為を批判する人たちと、「性を性自認に替えようなんて誰が言った? それこそがあなたが誤解していること」「でも(ローリングの住所は)公開情報じゃない? Wikipediaで見つけられるし」「彼女は被害者面できるチャンスを逃さないね」などとローリングのツイート内容や投稿自体を批判する人たちとにきっぱり分かれました。

 「彼女は自分の考えを述べているだけなのに」との意見には「差別主義者が差別主義的な発言を“自由な発言”と言っても、それはやはり差別的な発言だからね」とはっきりローリングを差別主義者と呼ぶ人も多く、この論争はまだまだ続きそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  6. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  7. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  8. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた
  9. /nl/articles/2111/30/news018.jpg 「人魚が入ったソーダ」を出す海の家、飲んでしまったら何が起こる? ミステリアスな怪異を描いた漫画
  10. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」