ニュース
» 2021年11月25日 07時30分 公開

入社3年目、「会社を辞めたくて仕方ない」 社内格差や悩み、体験談つづったエッセイ漫画『会社がツライ』(1/2 ページ)

社内では低く見られ、社外の友人には「私も頭空っぽにしてエクセルやりたい」とマウントを取られ……。

[ねとらぼ]

 楽そうな仕事と思われ、社内では低く見られ……「会社を辞めたくて仕方ない」と思った経験をつづったエッセイ漫画『会社がツライ』が発売されました。

バリバリ仕事する友人と話すのがつらい……

 作者の漫画家、都会(@okameid)さんが、入社3年目に経験したこと、感じたことをつづった漫画。当時、都会さんは営業アシスタントとして、電話の取次や会議の準備など、便利屋的なサポートをしていました。

目も合わせない相手の何がありがたいのか

 地味ではあるけれども忙しく、しかし周囲には大変さを分かってもらえない仕事。社内では「生産性がない」「代わりがきく」と低く見られ、「アシスタントが営業スタッフを接待する社内行事」まであるほど。社外では学生時代の友人に「私もたまには頭空っぽにしてずーっとエクセルとかやってたいよ」とマウンティングされ……。

頭空っぽでできる仕事ではないのに
社内接待のイベント「喜ばせ組」

 責任は増えるけど給料は変わらず、「このままでいいのだろうか」と焦燥感に駆られて転職を模索しても“市場価値ゼロ”の現実を突きつけられる、そんな入社3年目の悩みや焦り、自分を見つけるための行程が全編描き下ろしで描かれています。

『会社がツライ』 『会社がツライ』

(C)都会/マガジンハウス

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」