連載
» 2021年11月25日 18時00分 公開

「トロピカル〜ジュ!プリキュア」、アニメ好評もおもちゃで苦戦のワケ 2021年上半期決算から見えたことサラリーマン、プリキュアを語る(2/2 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

ニチアサ3作品の苦戦

 ここでもう一度、今回のバンダイナムコHD上半期決算短信を見てみます。

 2021年上半期で伸びたコンテンツ、下がったコンテンツを見てみると数字を落としているのは「ドラゴンボール」と「ニチアサ3作品(プリキュア、仮面ライダー、スーパー戦隊)」のみなのです。

プリキュア アニメ ニチアサ トロピカル〜ジュ!プリキュア おもちゃ ニチアサ3作品がマイナスとなった2021年上半期

 「アイカツ!」や「ウルトラマン」は新シリーズの立ち上げに伴う増収、「機動戦士ガンダム」は「映像関連」の売り上げおよび「ハイターゲット向けの玩具」が好調だったことが決算説明会資料から読み取れます。

 自社グループ内に映像制作部門、音楽制作部門があるコンテンツおよび家庭用ゲームやアプリ、ハイターゲット向け玩具が展開できるコンテンツは比較的好調だったようです。

 今、不調なのはいわゆるニチアサのような「バンダイナムコグループが映像作品を制作せず、かつテレビ放送と連動しておもちゃなど関連商品を売るビジネス」なのです。

「テレビ放送だけをやればうまくいく時代はない」

 「テレビ放送だけやればうまくいく時代ではない」

 バンダイ代表取締役社長(当時)、川口勝氏は玩具業界紙『月刊トイジャーナル』の2021年新春インタビューで、定番キャラクター商品の売り上げ不調について問われた際にそう語っています。

本誌 定番IPの苦戦に関しては従来型のキャラクターマーチャンダイジングが通用しなくなってきているということもあるのではないでしょうか?
川口 コロナ禍の影響なのか従来からの戦略の全体的なパワーダウンなのかは難しいところですが、番組が休止している中で、子供たちがどうやってIPの情報に触れたのかを考えるとタッチポイントも従来とはかなり変化してきていると思います。TV放送だけをやればすべてうまくいくという時代はなくなってきており、色々と工夫をしないといけないでしょうし、これまでと同じことをやっていれば同じような売り上げがついてくるという状況ではないと思っています。
(※強調文は筆者による)
引用:『月刊トイジャーナル』(東京玩具人形協同組合)2021年1月号(P25、26)

 テレビ放送によりキャラクターを認知してもらい、番組内や合間のCMで商品を映して子どもたちに買ってもらう、という従来のキャラクタービジネスに対して「これまでと同じことをやっていれば同じような売り上げがついてくるという状況ではない」と語っています。

プリキュア アニメ ニチアサ トロピカル〜ジュ!プリキュア おもちゃ アニメ本編ではおもちゃが魅力的に描かれている

 また、同誌では2020年の年末年始商戦においても、定番キャラクター商品が不調だったことについて、バンダイの反省点として「スーパー戦隊、プリキュアの立て直しができなかったこと」および「仮面ライダーの計画を落としたこと」があげられています。

今回の商戦で反省すべきは、ここ数年苦戦が続いてきたスーパー戦隊とプリキュアの立て直しができなかった点、そして仮面ライダーの計画を落としてしまった点です。
これら定番キャラクターの厳しさに関しては根本的な要因がどこにあるのか、今までのやり方ではもう難しいのではないか、そうした検討は既に始まっています。
2020−2021年末年始商戦総括 バンダイ アジアトイ戦略部デピュティゼネラルマネージャー本間隆史氏
(強調文は筆者による)
引用:『月刊トイジャーナル』(東京玩具人形協同組合)2021年2月号(P24)

 バンダイとしても落ち込みの要因がコロナ禍の影響だけだとは考えていないようで、「根本的な要因がどこにあるのかの検討」および「今までのやり方ではもう難しいのではないか?」と従来のビジネススタイルに疑問を持ち始めてきているのです。

 「日曜日の朝にわざわざリアルタイムで番組を見ないと始まらないビジネススタイル」は今の社会には適さなくなってきているのかも知れません。

少子化も進む

 「トロピカル〜ジュ!プリキュア」、アニメ自体は本当に良い内容で、Webを見ても自分の周りをみても子どもたちの評判もとても良いのです。

 2021年10月に公開された「映画トロピカル〜ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!」も、観客動員ランキングで初登場第1位(興行通信社調べ)となったり、東映アニメーションの決算短信でも「プリキュアのイベントが健闘し増収となった」ことが記載されるなど、決して「プリキュアというコンテンツ自体が低調では無い」のです。

 ただ関連商品(おもちゃ)が売れていないだけなのです。

プリキュア アニメ ニチアサ トロピカル〜ジュ!プリキュア おもちゃ アニメ本編は絶好調な「トロピカル〜ジュ!プリキュア」

 これにはもちろん少子化の影響もあるものと思われます。

 2020年は出生数が84万1000人となり「ふたりはプリキュア」がスタートした2004年と比較しても、27万人減(25%減)となっています。

プリキュア アニメ ニチアサ トロピカル〜ジュ!プリキュア おもちゃ 出生数の推移(厚生労働省人口動態調査より筆者が作成)

 この先、少子化も進みますます市場はシュリンク(縮小)していくものと思われます。

 子どもの数が減る以上、売り上げを維持していくためには「子ども1人当たりが使う金額を上げる」「ターゲットを広げていく」かになると思われます。

 少子化に対し、2021年「トロピカル〜ジュ!プリキュア」ではキッズコスメ「Pretty Holic」を立ち上げ、未就学児だけではなく小学生児童を取り込んだり、映画においても「Yes!プリキュア5GoGo!」や「ハートキャッチプリキュア!」など過去の人気作とのコラボレーションによりかつての視聴者層を呼び戻す施策をとったり、小学生にも人気のYouTuber、Fischer’s(フィッシャーズ)との動画コラボや人気バラエティー番組「相席食堂」へキュアサマーが出演したりするなど、対象年齢を広げようと模索している姿も見られます。

プリキュア アニメ ニチアサ トロピカル〜ジュ!プリキュア おもちゃ 映画では過去作とのコラボが見られるようになってきた(画像はAmazon.co.jpから)

プリキュアは子どもたちのための作品

 プリキュアシリーズは社会の変化に柔軟に対応し17年間も続いています。

 日本の経済状況や「ノウハウが蓄積されたライバルコンテンツ」の台頭などもあり、この先もプリキュアのターゲット層の変化や拡大が行われていくのかもしれません。

 ただ、これまでずっと貫かれてきた「プリキュアは子どもたちのための作品」という点だけは絶対に無くさないでほしいと筆者は思います。

 子ども向けアニメーションのトップランナーとして走り続けてきたプリキュア、この先どんな新しい展開が待ち受けているのでしょうか。楽しみですよね。

関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  6. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  7. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  8. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた
  9. /nl/articles/2111/30/news018.jpg 「人魚が入ったソーダ」を出す海の家、飲んでしまったら何が起こる? ミステリアスな怪異を描いた漫画
  10. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」