ニュース
» 2021年12月01日 17時00分 公開

【4代目バチェラー黄皓インタビュー】再び旅路についた真意を告白 波乱の展開は「僕の中では何も後ろめたさはない」(1/2 ページ)

「番組史上最大の波乱」が待つというエピソード4の配信を前に、本人を直撃しました。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 シーズン3の衝撃の結末からはや2年、Amazon Prime Videoに『バチェラー・ジャパン』が戻ってきました。

11月25日から配信が始まった婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4は、容姿端麗、高学歴、高収入のバチェラー(独身男性)を多くの女性が奪い合う様を描いた人気シリーズの最新版。初週はエピソード3まで配信され、久々の“華やかな地獄絵図”に注目が集まっています。

『バチェラー・ジャパン』シーズン4 | 予告編

 シーズン4では、シリーズで初となる海外からのスタートとなった他、過去最大となった女性応募者数、過去シリーズからの参加者、エピソード1のローズセレモニー後にホストを担当する坂東工さんから告げられた意外な展開、さらに、これまでの『バチェラー・ジャパン』では見られなかった“本国のバチェラー”を思わせる参加者の行動など、序盤から見どころが多いですが、特筆すべきはバチェラーの人選です。

 今回のバチェラーは、2020年にAmazon Prime Videoで配信された“男女逆転版バチェラー”『バチェロレッテ・ジャパン』の参加者で、最後の2人に残った実業家の黄皓(こう・こう)さん。かつて、本当の自分の姿を出しきれず、真実の愛をつかめなかった男が、バチェラーとして再び舞い戻ってきました。

 初週に配信されたエピソード3までで既に不穏な空気が漂い始め、エピソード4は「番組史上最大の波乱」が待つとされる『バチェラー・ジャパン』シーズン4。黄さんに今思うところを聞いてみました。

バチェラー・ジャパン シーズン4 黄皓 インタビュー 桑原茉萌 休井美郷 黄皓(こう・こう)さん。1986年生まれの35歳。10代で中国から来日後、商社での勤務を経て起業。現在は3社の代表を務める(以下、シーンカットを除く写真の撮影はバチェラー大好き羊肉るとん

恋愛的な引きずりはなかった――『バチェロレッテ・ジャパン』後、再び旅路に戻ってきた黄皓の真意

―― これまでの『バチェラー・ジャパン』はもちろん、『バチェロレッテ・ジャパン』も全て見てきた人間としては、今回は意外な人選という印象です。『バチェロレッテ・ジャパン』参加からバチェラーとなったいきさつを聞いていきたいのですが、最初に、黄さんが『バチェロレッテ・ジャパン』で男として学んだことはどういうものだったのかを教えてください。

 僕に限った話ではないでしょうが、普段、男性の恋愛している姿を身近で見ることはあまりないんです。友人の恋愛相談をそんなに聞くわけでもなければ、男性の友達が女性を口説いてるのを目の当たりにすることも多くなかったから、どういう口説き方をしているのか知らないわけです。

 僕自身は口説き方やアプローチを自分なりのスタイルでやってきましたが、『バチェロレッテ・ジャパン』では、あんなに恥ずかしげもなく感情表現して、あんなに真っすぐ愛情を伝えるやり方もあるのだと学んだので、(當間)ローズや杉ちゃん(杉田陽平)の影響はすごく多かったです。言葉で感情を伝えてもらいたい瞬間も多いでしょうし、ローズみたいに抱きしめてあげるだけで安心する瞬間もあるでしょう。

 『バチェロレッテ・ジャパン』のときの福田萌子さんは、ものすごい不安だったと思うんです。僕は最初それに気付けなかった。彼女は“選択肢”を持っている人間だったから、選ばれる男性参加者である僕らの方が不安なはずだと考えていましたが、そもそもみんなが自分のことを本当に愛してくれているのか不安な中、杉ちゃんやローズが寄せた「好きだよ」とか、大切に思っているという言葉はすごく彼女を安心させただろうし、それは本当にいい勉強というか学びでした。

バチェラー・ジャパン シーズン4 黄皓 インタビュー 桑原茉萌 休井美郷

―― 『バチェロレッテ・ジャパン』の後、バチェラーとなるまでの黄さんはどんな日々を過ごされていたのでしょう。実業家として仕事に精を出していたのか、恋愛絡みの部分で消化できないものを抱えたままだったとか。

 恋愛的な引きずりはなかったです。あの旅でも精いっぱいの答えを出しましたし、萌子さんが出した答えもそう。あの結末に対してちゃちゃを入れる立場にもなければ、そうさせたのも自分だったので、それを引きずったりは正直ありませんでした。

 ただ、萌子さんも言っていたように、もっとリスクマネジメントをせずに接することができたら変わったのかなと思うことはあります。でもそれは、萌子さんをもう一度口説き直したいという感情ではなかったです。どちらかといえば、(『バチェロレッテ・ジャパン』の参加で)2、3カ月仕事に完全に穴を開けてしまったので、旅の後は仕事に忙殺されていて、こと恋愛について言えば、この1年は本当に恋愛できる状態じゃなかったんです。

―― 恋愛できる状態でなかったのは仕事が主な理由ですか?

 1つはメディアに出て人の目に触れたことで、色眼鏡をかけた状態で異性と接することが多くなったから。誰も本気にしてくれないし、僕もあと一歩踏み込みづらい。交わしたやりとりがそのままさらされたりするようなリスクもある。恋愛をしたい30代半ばの男性としての僕と、会社の代表としてしっかりしないといけない自分、両方の葛藤があるので、なりふり構わず誰かを口説いたりアプローチすることもなく、どちらかといえば仕事仕事な1年でした。

バチェラー・ジャパン シーズン4 黄皓 インタビュー 桑原茉萌 休井美郷 複数の企業の経営者としての顔も持つ黄さん

―― そういう状況にありながら、なぜシーズン4のバチェラーとなったのかが気になります。その辺りのいきさつを。

 今回のバチェラーの候補として自分の名前が挙がったことは当然うれしかったです。ただ、本当に自分にできるのかなという不安な気持ちと、プライベートでなかなか恋愛できない、後ろめたいことは何もしていないけれど、さらされ方によっては一気に不利になる状況を危惧していた中で、『バチェラー・ジャパン』ってある種すごくフェア。全てを人にさらけ出す分、堂々と恋愛できるなと思ったことが1つ。

 もう1つはやっぱり『バチェロレッテ・ジャパン』で全てを出し切れなかったこと。僕は萌子さんに合わせたコミュニケーションをしていたつもりでしたが、結果として、本当の自分を知ってもらえきれなかった。今回自分が萌子さんの立場に立って15人の女性と向き合うことになったときに、まるっと自分を出したらどんな化学反応、どういう評価をしてもらえるのか、自分のことを一生大事にしてくれる人がその中にいるのかなと純粋にワクワクしたのもありました。

バチェラー・ジャパン シーズン4 黄皓 インタビュー 桑原茉萌 休井美郷

―― 不安と好奇心があったと。そのせめぎ合いがあったとして、一歩踏み出せたポイントは?

 人生は1回しかないということ。明日死んでもおかしくない中で『バチェラー・ジャパン』『バチェロレッテ・ジャパン』もご縁があって参加することができた。そういうチャンスは誰にも平等に巡ってくるわけじゃないですが、僕にはたまたまその話が来た。こういうのって運命だし、目の前に飛んできたものを全力で楽しむ“遊び”が人生にはあっていい。だからこそ出たいと思ったし、そこで見つけたパートナーと結婚するのを僕はすごく面白いきっかけだと思っています。

 今までも恋愛したことがないわけじゃなくて、真剣な恋愛をしてきましたし、婚約したこともあります。でも結婚に至らなかった。タイミング、フィーリングだけじゃなくハプニングが絶対大事だと思う中で、『バチェラー・ジャパン』ってフィーリングこそ自分たちで見つけるものですが、タイミングとハプニングが用意された場所で、これは自分の背中を押す1つのきっかけになるだろうと思ったので、ここで結婚するパートナーを見つけること自体に違和感はなかったです。

―― 『バチェロレッテ・ジャパン』は選ばれる側、『バチェラー・ジャパン』は選ぶ側です。そうした違いは感じましたか?

 『バチェロレッテ・ジャパン』のときは、「選ぶ側はいいよな」と(笑)。僕らは一生懸命アピールして、あとは天命を待つだけで、ある種、最後の決断というか責任を他人に押し付けられる。でも、いざやってみると、選ぶ側の方がしんどいぞと。

 本来、みんなが追い求める存在のはずなのに、歴代のバチェラー、バチェロレッテは多分みんな不安。本当に好きでいてもらえてるのかなとか、本当に彼女たちが追うにふさわしい人間でいれているのか、彼女たちの言葉は本心なのかどうか勘ぐっちゃうのが旅の常だったので、選ぶ側が優位だと思ったら大間違い。

 特に今回は僕がバチェラーだと知らずに女性たちはエントリーし、僕からすれば超不利なところからのスタート。選ぶ側だけど見定められる側でもあるのは難しかったし、苦しかったですね。

バチェラー・ジャパン シーズン4 黄皓 インタビュー 桑原茉萌 休井美郷
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」