ニュース
» 2021年12月01日 20時00分 公開

仏で動物愛護に関する法案が可決、ペット店での犬猫販売・水族館のイルカ飼育が禁止に 動物愛護団体と水族館の反応を取材(2/3 ページ)

[城川まちね,ねとらぼ]

仏動物愛護団体「動物の飼育や狩猟、動物実験、闘牛が含まれないのは非常に残念」

フランス 動物愛護 動物虐待防止法 動物愛護団体にとっても完璧な法律というわけではなさそう(L214の公式サイトから)

 食用のために飼育・殺処分される動物のために活動する動物愛護団体「L214」にも取材したところ、広報のバーバラ・ボイヤーは「この法律の良いところはペットだけではなく野生動物にも配慮しているところ。毛皮を目的としたミンクの飼育や繁殖がやっと禁止されたところも良い」と評価する一方で、「動物の飼育や狩猟、動物実験、闘牛が含まれていないことはとても残念だ」とコメント。

 IFOPの世論調査で国民の89%が狭いスペースでの動物飼育の禁止に賛成しているにもかかわらず、L214が最も問題視する、外へ出られない環境での集約的な畜産で動物たちが屠殺(とさつ)されることなどが議論から外されていることも評価できないとしました。

 その上で、法案を提出したロイック・ドンブルヴァル議員らの働きかけに反して「政府と多数派の議員が動物のために行動していると言いながら、最も多くの動物に関わる主要なテーマを無視している」と主張。国会議員のあいだでテーマの取捨選択が行われたと推察しており、2022年の大統領選に向けてさらに現実的で野心的な施策が必要としています。

 同団体は「人間と動物が平和に共存することは可能だが、それには現在の関係を変えて非暴力的でお互いに利益を得られるWin-Winの関係を築く必要がある」と回答。動物を尊重する好例として農場や食肉処理場から逃げ出した動物の保護シェルターなどを挙げ、「動物たちは自由になり、世話をされ、人間は大人も子どもも動物たちを観察し、その行動から学び、交流できるべきだ」と同団体が目指すビジョンの1つを提示しました。

 今回の法律が動物への残虐な行為を防止する抑制力として期待できることは明白ですが、その一方で「規制の対象分野に利権による偏りがあるのでは」との疑念もあがっています。仏内ではさまざまな立場から、同法案のさらなる改善を求める声が寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響