ニュース
» 2021年12月04日 18時45分 公開

Switch移植が決定した「十三機兵防衛圏」について今から全人類にお薦めします(1/4 ページ)

やきそばパンが食べたくなるゲーム。

[しんざき,ねとらぼ]

 皆さん、「記憶を消してやり直したいゲーム」ってありませんか? 「そのゲームを初めて遊んだときの感動をもう一度味わいたい」ってタイトル、ないですか?

 やっぱり「初めてそのコンテンツに触れたときの感動や衝撃」って鮮烈なものでして、どんなに面白いゲームでも、3回、4回とやり込むうちに新鮮さはどうしても薄まっていってしまうものです。更に、そのゲームの中に「衝撃的な展開」だとか「驚くほどよくできた謎解き」といったものが含まれている場合には、さらにその傾向が強まります。「一度遊んだ」という記憶自体が、そのコンテンツを味わう上での障害になってしまうのです。

ライター:しんざき

しんざき プロフィール

SE、ケーナ奏者、キャベツ太郎ソムリエ、三児の父。ダライアス外伝をこよなく愛する横シューターであり、今でも度々鯨ルートに挑んではシャコのばらまき弾にブチ切れている。好きなイーアルカンフーの敵キャラはタオ。

Twitter:@shinzaki



 「初めて遊んだとき」のあの感動を、まっさらな状態でもう一度味わいたいというのは、ゲーマーたちの見果てぬ夢の一つなのです。ピンポイントで指定した記憶だけ消す装置が欲しい。

 しんざき個人の話をすれば、逆転裁判の流れをくむアクションアドベンチャーゲーム「ゴーストトリック」だとか、スーパーファミコンの文字通り神RPG「ヘラクレスの栄光3」、「一度きり」のゲーム体験「OneShot」、浮気すると原さんに刺されるゲームこと「ガンパレード・マーチ」、あるいは超高校級AVG「ダンガンロンパ」あたりが、「記憶を消してやり直したいゲーム」の代表格になります。

 最近だと、「FF14 漆黒のヴィランズ」もかなり記憶を消したい部類のタイトルです。エメトセルク好きすぎる。

 ただ、これらのゲームについてちょっと注意しないといけないのが、「ハマるとものすごく面白いけど、ゲームのネタバレ許容度は低い場合が多い」ということなんですよね。謎解きやシナリオのコア要素をばらされると衝撃が薄れてしまうことは当然ですが、うっかりすると「面白さ」のポイントを知るだけで、若干は面白さを減じてしまう可能性すらある。

 「このゲーム面白いぞ!! みんな遊んで!!!」と大声で叫んで回りたいのは山々ながら、面白さのポイントを説明するときには細心の注意を払う必要がある。そんな悩ましいタイトル群なわけです。

 ところでここに、「十三機兵防衛圏」というゲームがあります(公式サイト)。


 もうPS5の発売も間近に迫った、2019年11月28日にPS4で発売されたアドベンチャーゲームでして、当時「今さらPS4を買うのもな……」と見送った人も多かったように記憶しているんですが、あまりにもしんざき好みの気配がぷんぷんするゲームだったんで、我慢できずにPS4ごと買っちゃったんですよ。そしたらもう、誇張抜きで寸分違わず私好みクリティカルヒットのゲームでして、1ミリたりとも後悔しない出来だったんです。本当、これ1本だけでもPS4買ったお金は十分ペイ出来まして、精神的には50万円分くらいおつりがきました。

 で、十三機兵防衛圏も「記憶を消してやり直したいゲーム」の暫定トップにリストアップされているという話でして、世の中に「まだ十三機兵防衛圏を遊んでいない人」がたくさんいるのが、私にはうらやましくて仕方ないわけです。未プレイのみなさんに、ぜひとも「十三機兵防衛圏をまっさらな状態で遊ぶ権利」を行使していただきたい。

 私はこれから「十三機兵防衛圏というゲームがマジでひたすら面白いしついにSwitchにも移植されるらしいからまだプレイしていない全人類が遊ぶべきですよ」という話をするのですが、その前に触れておくべき事柄として、「十三機兵防衛圏も、決してネタバレ許容度が高いコンテンツとはいえない」というものがあります。

 可能な限りネタバレには注意して書き進めるつもりですが、面白さのポイントを説明するためには最低限ゲームの構成に触れないわけにはいかず、ネタバレを警戒する方はぜひ十三機兵防衛圏を遊んでからまたこの記事を読んでみていただきたい、と思う次第なのです。マジで面白いので。

 取り急ぎ、

  • 「朧村正」や「ドラゴンズクラウン」などのヴァニラウェアゲーのキャラクターのビジュアルが好きな方
  • 複雑に絡み合ったストーリーがだんだんと解きほぐされていくアドベンチャーゲームが好きな方
  • 少年少女がロボットに乗って戦う、という舞台建てが好きな方
  • SF、特に海外SFに親和性がある方
  • 眼鏡青年、ないし眼鏡っこが好きな方

 このへんに当てはまる方には、十三機兵防衛圏が心臓までブッ刺さる可能性は非常に高い、ということは保証します。

 ということで、「十三機兵防衛圏」がSwitchに移植されることが決定されました(関連記事)。

十三機兵防衛圏

 まずは「十三機兵防衛圏」がどんなゲームなのか、簡単にご紹介したいと思います。


イチャコラムードの「追想編」と不穏な「崩壊編」

 十三機兵防衛圏というゲームは、一言で言ってしまうと「怪獣と戦うために『機兵』というロボットに乗って戦う、少年少女たちの群像劇」です。

 ゲームを始めると、プレイヤーには3つのモードが提示されます。「追想編」「崩壊編」「究明編」。主にゲームを進めていくことになるのは「追想編」と「崩壊編」です。

十三機兵防衛圏

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」