ニュース
» 2021年12月07日 18時00分 公開

「あぁ、何てきれいに」「新車の香りがする(泣)」 伊藤かずえ、ピカピカになった「あのシーマ」と再会し感激の涙(1/2 ページ)

「まるで新車みたい!」 シーマのレストアがついに完成。8カ月ぶりに愛車と再会した伊藤さん、そしてよみがえったシーマの姿は……。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 「待ち望んでいました。ホントに夢に何度も出てきたんですよ」「わたしのクルマじゃないくらいにきれいになって……。あぁ、新車の香りがします(泣)」──。

伊藤かずえ シーマ ピッカピカになって帰ってきた愛車シーマと再会し、感涙した伊藤かずえさん

 俳優の伊藤かずえさんが30年乗り続ける「伝説のシーマ」が12月7日、約8カ月掛けたフルレストアを終え、この日が誕生日の持ち主伊藤さんのもとへ戻ってきました。何てすてきな誕生日プレゼント……!

 伊藤さんは、日産自動車「シーマ タイプII リミテッド(FPY31型/1990年式)」を30年以上乗り続けるこだわりオーナー。この初代シーマは、平成バブル期に高額商品購買需要が起こった「シーマ現象」や「3ナンバー車ブーム」の発端になった名車種です。

 「23歳のときに入手して、故障によるエンジン換装を経て、やれてきた塗装を自分で塗り直したりもしながら、現在までに26万キロ以上を走った」と、伊藤さんと古いシーマの意外な組み合わせ、そして伊藤さんの熱すぎるシーマ愛がネットで話題になります(関連記事)


 この熱い思いに日産も共感。「やっちゃえ、日産!」「レストアしてあげて!」──。何より伊藤さんの熱いシーマ愛に応え、日産自ら社の威信をかけて「フルレストア」し、新車同様によみがえらすと決意したのでした。

伊藤かずえ シーマ 2021年4月、レストアのために工場へ入庫されたシーマ(写真:日産自動車、以下同)
伊藤かずえ シーマ シーマを運転する伊藤さん
伊藤かずえ シーマ 走行距離は26万キロ超え

約8カ月かけて超ピカピカ「新車同様」に 「わたしのシーマじゃないくらいきれいになった!!……(涙)」

 日産は2021年4月にレストアを開始。大切に乗られていたクルマのため「(30年前のクルマにしては)きれいで状態も悪くはなかった」ようですが年数相応の傷みはやはり多く、当時の補修部品の多くは廃番、新たに1から作り直した部品も多かったそうです。

 やるからには徹底、全部バラバラに。ホワイトボディー状態にしてフレームや足回りの要所をチェックし、エンジンも腰上腰下バラして再整備、ボディーも全塗装しました。

伊藤かずえ シーマ エンジンも足回りもボディーも全部バラバラに(写真:日産自動車)
伊藤かずえ シーマ シートや内装も「当時のまま再現」を目標にレストアを進めた(写真:日産自動車)

 伊藤さんが望んだ「シルキーな走りの復活」も重要。40年の経験を持つ「匠」的な社内ベテランテストドライバーが走行テストを行ってチューニングし、8カ月掛けてフルレストアが完成しました。

伊藤かずえ シーマ 「わたしのシーマじゃないくらいにきれいになった!!……(涙)」と喜びのあまり涙する伊藤さん

 「新車の香りがする……!!」 新車同様に復活したシーマは「あのにおい」も再現していました。日産によると、シートもインテリアも当時の新車同様にビシッと作り直したので、新車の香りも結果としてほんのり再現されたとの話です。

 レストアに掛かった総費用は「算出は難しく、プライスレスとお答えしたいところですが……、参考として“当時の新車価格(約500万円)は優に超えている”」(日産)とのことです。ひぇぇ〜! (でも、プロが8カ月かかりっきりで、これだけすごい仕上がりならば……安い、ですよね)。

 「レストア中の代車として借りていたキックス(関連記事)も新車だけど、それと同じ香りがしたの。レストア中、ホントにシーマが夢にまで出てきたこと、久しぶりに会えたこと、想像以上にきれいだったこと、父とボンネットを塗り直したこと、新車の香り……いろいろ混ざって涙が出てきちゃいました」。

伊藤かずえ シーマ そのまま新車のよう……!
伊藤かずえ シーマ あぁぁ……これはすごい

 「あの頃、シーマとスカイラインGT-R(R32)が並んで売っていて。実はGT-Rにするつもりだったんです。でも母が“MT車は私が乗れないからやめて”……といったやりとりがあってシーマを選びました。気に入って乗り続けて、一度故障でエンジンを換装することになって、“これはもう一生乗るクルマだ”と決意しました。いま20歳の娘もシーマがお気に入り。生まれたときから、初めて乗ったクルマもこのシーマですからね。あと30年、娘にも乗り継いでもらいたいな」。

 30年乗り続けたシーマは親子3代の思い出も記録していました。伊藤さんの熱いシーマ愛で、あの頃抱いたクルマへの憧れ、クルマのある生活の本質のような何かを再び思い出した人も多いことでしょう。クルマってホントいいものですね。

伊藤かずえさんの「シーマ」 12月22日までNISSAN CROSSINGで展示

 伊藤さんのシーマは、12月8日から東京・銀座の日産ショールーム「NISSAN CROSSING」で特別展示されます(2021年12月22日まで)。30年前のクルマなのにうっとりため息が出てしまうほどの「新車」感、ぜひ生でチェックしてみましょう。

伊藤かずえ シーマ

 あ、ということは、伊藤さんはあと2週間ほどシーマはお預けということに……。「いいの。最初は1週間の予定だったけれど、多くの人に、できれば遠方の方にも見てもらいたかったので長めにしました」(伊藤さん)。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」