レビュー
» 2021年12月12日 14時17分 公開

「どうやって乗る?」から始まる物語 コンテナ船で船旅をするための同人誌『貨物船で太平洋を渡る』司書みさきの同人誌レビューノート

乗れるんだ。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 ふと手にした果物に、思っていたよりも遠くの国の名が生産国として書いてありました。生ものも、機械も、いろんなところで小さなものから大きなものまでが、国をまたいで行き来しているのを思うと、あらためて驚きです。今回は物を運ぶ中でも海上の流通手段の船に着目、乗り込んで旅をした方の同人誌です。

今回紹介する同人誌

『貨物船で太平洋を渡る』B5 68ページ 表紙カラー・本文カラー、モノクロ

著者:田巻秀敏


同人誌 図書館 司書 泡立つ波と鮮やかな船が印象的です

どうやって乗る? からはじまるコンテナ船の旅

 船舶全般から、海上交通の決まりごと、海運へと興味が進んでいった作者さんはその中でも特にコンテナ船に心ひかれたのだそうです。こちらのご本は「何とかして、コンテナ船に乗船出来ないものだろうか」との思いからはじまった、コンテナ船にお客として乗る旅行記です。

 普通なら荷物と乗組員で構成され、乗客はいないコンテナ船。どうやってそれに乗る計画を立てたのか、かかった費用などの準備段階から、出国手続き、2020年2月に乗船、18日間の旅をして船を降りるまでが文章と写真でつづられています。参考にしたサイトや、旅行会社とのやりとりといった情報が順を追って書かれており、「乗ってみたいな」と思う人の手助けになりそうなのはもちろん、準備をしていく様子をたどる丁寧さに、一緒に旅に出る支度をしているような気持になってきました。

同人誌 図書館 司書 準備段階から細やかに書かれます

コンテナ船ならではの特別なこと、日常のこと

 準備を終えたらいよいよ乗船し、出発です。客船と違い、華やかなパーティや娯楽の紹介はありませんが、その代わりに操船室から運航を眺めた様子、船員さんたちの生活、業務、時には貨物室の見学といった体験があったことが書かれます。きっと、そのどれも、船員さんたちにとっては日常のことでしょう。変わりなく、いつものように日々が流れていくことこそが重要な業務ですものね。けれどそこに、旅人である作者さんの目線が入ることで、日常の中の非日常にぱっと光が当たります。

 例えば波が荒れるとシャワーの水が茶色く濁ること、特別な祝日には船員さんたちと集まってお祝いの料理を作ったこと……暮らしにまつわるエピソードは旅する楽しさを感じさせ、貨物室の見学やエンジンの解説を聞いて船員さんの役目にあらためて思いをはせる姿からは、こつこつとした地道な仕事の美しさを照らしているようだと思いました。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 質実とした、けれど広々とした室内や、錆の混じるシャワーが旅のリアルさを伝えます

静かに、熱く。敬意で寄り添う

 ご本は文章とともに、きれいな空やかっこいい船体といった印象的な写真もたくさん。しかしページにはシンプルにすっきりとレイアウトされており、このご本の見せ方も含めて、長い時間をかけてゆっくりと進む船の悠々とした静寂さとつながっているかのような読書体験になりました。

 それは、実際の過ごし方でも、操船室に居ることを許されたときには「贔屓(ひいき)のバンドライブに参加したところ楽屋への入室が許され」た、と思うほどの喜びながら、室内では「私から船員へ直接話しかけることは極力控え、向こうから私に話しかけてくるまで待ちました」とされるほど、仕事場としての船を尊重されていた作者さんの姿勢と重なります。ごく当たり前に、つつがなく荷を運ぶ日常を大切に見守り、それでいて興味深くのぞき込むまなざしの熱さが、落ち着きのある筆致からにじみます。

 大海原を行き交う船が、その内側に入った人に見せた静けさと熱さに触れ、読み終えた後、深々と胸から息を吐きました。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 乗客には特別の、船員さんには日常の、かっこよさが光るようです

今週の余談

 船がお好きな方から「宇宙船も“船”だよ」と聞きました。日常を乗せたまま彼方へと運んで行ってくれる“船”の雄大さを思います。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」