ニュース
» 2021年12月14日 21時00分 公開

「もって1日か2日」と言われた大ケガの子猫を保護 後遺症を負いながら、先輩猫に見守られ1歳を迎えた姿に涙

たくさん幸せになってほしい。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 工事現場でがれきの下敷きになり、頭に大怪我を負って保護され、多くの後遺症を負いつつも懸命に生きる子猫に応援の声が集まっています。

A保護直後のぴいこちゃん 保護猫 ビフォーアフター 大ケガ 子猫 こちらがぴいこちゃん、かわいいです

 2020年7月29日、ある解体工事の現場のがれきの下から1匹の子猫が救出されました。子猫は生後3週間ほどで乳歯が生え始めたばかりでしたが、がれきの下敷きになっていた頭部は大きくはれ上がり、目も開けられない状態だったそうです。

 保護主のOさんは消えかかる命をなんとか助けようと、急いで子猫を動物病院に連れていくことに。しかしひどく弱っていたこと、そして頭蓋骨を損傷していたことから、「持って1日か2日だろう」という悲しい診断を受けてしまいます。

 その後Oさんは看取る覚悟で子猫を自宅に連れて帰りましたが、ぴーぴーと鳴きながら動き回る子猫からは「生きたい」という強い意志を感じたそうです。

Bタオルで横になるぴいこちゃん 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 必死に生きようとしていたというぴいこちゃん
Cのぞきこむぴいこちゃん 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 今も目は見えていないとのこと

 そして7月31日、Oさん家族の手厚い看病を受けてタイムリミットの2日を乗り越えた子猫は「ぴいこ」ちゃんと名付けられました。しかし翌日にはもんどり打つように転げまわって自分の動きを抑制できなくなってしまい、きーきー鳴きながら転がりまわってとても苦しがっていたことから、緊急手術をすることに。

 動物病院の先生からは「幼すぎて手術に耐えられない可能性があること」「手術が成功しても後遺症が残る可能性があること」を説明されましたが、保護してから3日の間、懸命に生きようと頑張るぴいこちゃんの姿を見てきたOさんはリスクを承知で手術をお願いすることに。結果折れている頭蓋骨を固定し、壊死した部分を取り除く大手術は成功し、翌日には頭部の腫れが消えました。

Dテレビ前のぴいこちゃん 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 何か気になるのかな?
Eごろんするぴいこちゃん 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 ごろんとする姿がかわいいです
Fぴいこちゃん顔アップ 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 あどけない表情に胸がキュンとします

 その後Oさんは退院したぴいこちゃんと一緒に生活をするうちに、ぴいこちゃんの目が見えていないこと、耳もあまり聞こえていないこと、においも分からないことに気付きます。

 また脳にダメージを受けたことはもちろん、がれきの下敷きになったときの恐怖がフラッシュバックするのか、てんかんの発作やパニックを起こすこともあったそうです。それでもぴいこちゃんからは、生きることを諦めず“今いる場所で、今ある感覚を使って前向きに生きよう”という思いがひしひしと伝わってきたそうです。

 その後ぴいこちゃんはOさん宅で暮らす保護猫のお兄ちゃんとお姉ちゃん猫たちにも見守られ、段差を自分で登り、狩りの練習をするなど子猫らしいしぐさを見せるように。さらに抜糸後は少しずつ音に反応する、においをかぐといった様子を見せるようになったそうです。

 現在も目は見えていないぴいこちゃんですが、てんかんやけいれんの発作もありつつ、多くの後遺症と戦い一進一退を繰り返しながら、日々を一生懸命に生きています。

Gしっぽを抱えるぴいこちゃん 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 ぎゅっ
Hおむつをして寝ころぶぴいこちゃん おむつが欠かせません

 2021年の7月に無事1歳の誕生日を迎え、日々私たちに前向きに生きることの大切さを教えてくれているぴいこちゃん。しかしぴいこちゃんが生きていくためには1日2回の薬や定期健診、栄養価の高いごはんやおむつなど、たくさんの医療費や物品が必要であり、Oさんにかかる金銭的な負担が大きいという現実もあります。

 「1匹でも多くの猫を幸せにしたい!」と保護猫活動を行い、売上の1割を支援を必要とする猫ちゃんのところに届けている保護猫&猫雑貨店「元祖ねこ商まるやま商店」では現在、ぴいこちゃんを支援するためのグッズ販売を行っています。またぴいこちゃんをモチーフにした絵本の予約を受付中で、今後はクラウドファンディングにも挑戦する予定とのことです。

Iお兄ちゃんお姉ちゃん猫と一緒に・4匹 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 サビ猫 寄り添うきょうだい
寄り添うきょうだいサビ猫 保護子猫 ビフォーアフター 保護猫 みんなぴいこちゃんのことを見守ってくれているそう
寄り添う兄弟猫 みんなにかわいがられて、日々を懸命に生きるぴいこちゃんなのでした

画像提供:保護猫&猫雑貨店「ねこまる」@売上寄付(@nekomaru222222)さん

三日月 影狼

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」