ニュース
» 2021年12月16日 18時00分 公開

豊川悦司×中村倫也のイチャイチャが異状! ドラマ『No Activity/本日も異状なし』インタビュー

ウマが合いすぎる2人のインタビューをどうぞ。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 Amazon Prime Videoで独占配信される連続ドラマ『No Activity/本日も異状なし』の配信開始が12月17日に迫りました。

 同作は、出世を諦め全く仕事しないはったりだらけのベテラン刑事・時田信吾(豊川悦司)と、刺激ほしさに時田に付き従う聞き上手で人たらしな新人刑事・椎名遊(中村倫也)がバディを組み、完全に場違いな国際麻薬取引事件の捜査に派遣される様を描いたドラマ。緊張感あふれるはずの捜査現場に身を置きながら、謎の名言ばかりを並べる時田と、沼のような時田の魅力にハマっていく椎名により、時田のテキトーさやポンコツさに拍車がかかっていくクライム&コメディーものとなっています。

 豊川悦司さんと中村倫也さん。ともにクールな芝居をする印象がありますが、同作でみられる姿はまるで正反対。豊川さんに至っては、椎名の人たらしな言動にデレッデレ。全てにおいて適当で、愛すべきポンコツと化した姿が新鮮です。

『No Activity/本日も異状なし』|先出し"異状あり"会話集

 以下では、豊川悦司さんと中村倫也さんにインタビュー。作中同様、ウマが合いすぎる2人の掛け合いをご覧ください。

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ 豊川悦司さん×中村倫也さん。豊川さんのスタイリストはヘアメイク:山崎聡(崎は”たつさき”)/スタイリスト:富田彩人。中村さんのスタイリストはヘアメイク:Emily/スタイリスト:小林新(UM)

中村倫也を「家に置いておきたい」――全幅の信頼感

―― 2018年放送のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』もあって、秋風先生とマアくんのスピンオフを期待する声もネットでは根強くみられます。『No Activity/本日も異状なし』はいわゆるバディものの刑事ドラマですが、お互いの芝居への印象と、今作でそれがどう変化したのかから教えてください。

豊川 『半分、青い。』のとき、中村くんはすごくすてきな俳優さんだという印象がありました。実際に一緒だったシーンはとても少なかったのですが、彼のお芝居を見ていたり、立ち話したりする中ですごくいいなと思っていました。

 そのときの印象が強かったので、今回の企画をいただいたとき、相手役が中村くんと知ってとてもやりたい気持ちになりました。むしろ、彼じゃなかったら果たしてこの企画に飛び込んでいたか自分でも分からないくらい。僕がこの作品のオファーを受ける上で、彼が椎名を演じるのはとても大きな要素でした。いざ演ってみると、想像をどんどん超えていく俳優さんで、一緒にお芝居ができてすごく楽しかったです。

中村 (打ち震えながら)……今の絶対……(記事に)書いてくださいね。

 もううれしくてしょうがないですよね。豊川さんとご一緒できることはもちろん、一緒に芝居させてもらって毎日、毎シーンが楽しかったですし、撮影が終わってからもこうして一緒に取材させてもらうこともうれしいし、こうやって褒めてくれてうれしい。もう幸せでしかないです。

 チャーミングな時田役をやっているときの豊川さんは横にいて本当に楽しいので、僕としては「いつ続編やる?」という気持ちでいます。

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ

―― 豊川さんは以前、中村さんを「家に置いておきたい」とコメントされていました。その真意を教えてください。

豊川 いやもうそれは安心、某警備システムみたいなことですよ。全てから僕を守ってくれそうな信頼感があるというか(笑)。今回の芝居でも、時田がどんどん椎名に頼っていくように、僕自身も彼に身を預けるような感じで芝居できて、それが本当に気持ち良くて。頼れて安心感がすごいので何はなくとも家に置いておきたいのです。

―― 頼りがいがあると感じた現場でのエピソードがあれば教えてください。

豊川 「今日は何時くらいに撮影終わるかな」と相談したら明確に「これぐらいじゃないですかね」と言ってくれたり、「あと何回やるのかな」と言ったら「これくらい」と全部優しく答えたりしてくれる。その情報を基に「何時くらいに帰るよ」と家に連絡したりして。めちゃくちゃ頼りにしていました。

中村 警備してますね。ホームキーパーだけじゃなくてタイムキーパーまでね。

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ

―― 豊川さんは先ほど中村さんを「想像を超えていく」と評されましたが、今回の共演で、中村さんの俳優としての魅力をどのように感じたかあらためて教えていただけますか。

豊川 柔らかい、なんか柔らかいんです。彼の芝居なのか彼そのものなのかは分からないですが、柔らかくてどんな形にでもすぐになれる。一言で形容できない懐の深いお芝居をする俳優さんです。

―― 中村さんは豊川さんから全幅の信頼を寄せられていることをどう感じていますか?

中村 小学2年生か3年生くらいのときにうちのオカンと毎週「愛していると言ってくれ」を見ていた自分がいて。自分が役者になり視聴者として作品を見ていたころと違う状況になってからも、豊川さんの作品や芝居を見て憧れやすてきだという思いがずっとありました。

 そんな人とお仕事させてもらって、また今回の作品もそういう仕事での出会いがあったからだと今おっしゃっていただいて、あまつさえ某警備システムだなんて言われてね(笑)。そういうのを全部ひっくるめてすごくうれしい。小学校のときの僕に言ったらびっくりしますよ。

 たまにあるんです、僕自身がふわふわと浮き足立っちゃうような方と仕事させていただくことが。ただ、その状態でいるとなかなか地に足ついた芝居にならない。だから、作品を全部撮り終わった今、こうやっていろいろお話を聞けて、タイミングが良かったなと。現場でこういう感じだったらふわふわした椎名になっていたはず。それだと警備できないですからね(笑)。

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ

―― 中村さんにとって豊川さんはどういう存在ですか?

中村 定期的にご一緒させてもらいたいと素直に思える先輩です。例えるならクリスマスみたいなものですかね、ちょくちょく来てもらいたいというか、うん。

―― ……何を言っているかちょっと分かりませんね。俳優として刺激を受けたことは?

中村 大先輩を前にしてそれを語るのは本当におこがましいのですが、豊川さんの表現は僕にはできないので、だからこそすごい憧れるし、ちょくちょくお会いしたいと感じます。

『No Activity/本日も異状なし』 | 本予告編

―― 脚本がシソンヌのじろうさんで監督が英勉さん。脚本と演出のどちらにお2人はより引き込まれましたか?

豊川 シナリオを作る段階においては多分じろうさんがプレーヤーで、英さんはディレクターということになると思いますが、じろうさんもご自分で演出されたりもしていて、英さんも自分で脚本を書いたりしているので、それを切り離してどちらがどうというのは難しい話です。ただ、終わった今思えば、じろうさんの(脚)本も素晴らしかったですし、英さんの演出も素晴らしかったと思います。

中村 脚本と演出がそれぞれはじめましての方だったら、多分仕事する前は、脚本が面白いなから入って、仕事終わった後に、「演出や監督と相性良かったな」ということになると思います。ただ僕、脚本じろうさん、監督英さんそれぞれ2回目です。

 だからもうそこが混ざって、本があって、現場に行ったら英さんきっとこうやるんだろうな、とはいえ車の中だからそんなに撮り口ないだろうなどいろいろと想像しながらやっていました。今回両方の混ざったところをイメージしながら、すごく面白くなりそうだと思いましたし、もともとこの作品の幹がバカバカしくて面白いので、両方よかったです。

 もっとも、脚本や演出だけじゃなく、技術部も編集、音響やキャストも全部ひっくるめて1つの作品ができるので、総合芸術なんじゃないでしょうか。

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ

中村「高等技術です(笑)」 今作でつかんだ“芝居の本質”

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ

―― 長回しのような感じもあって、どこまでがせりふでどこまでがアドリブか分からないくらい溶けこんでいました。

豊川 言い回しや語順など全部ひっくるめて自由にやらせていただけたので、自分たちも楽しみながらシーンを成立させていきました。せりふやアドリブといったものから解き放たれて、楽しく撮影ができた感じが体感として僕には強くあります。

中村 基本的にシーンの頭からけつまで長回しして、それを数セット、みたいな感じで撮ることが多かったですね。鮮度を持って掛け合いをして、鮮度を持った空白の間が生まれて。これはなかなか他の役者じゃできないです。高等技術です(笑)。

―― お2人だからこそ、またはこのコンビだからこそできたということですね。当初思い描いていた時田や椎名像からはかなり変わったのでしょうか。

豊川 今回に関して言うと、中村くんと初日に芝居を交わした瞬間に時田が見えてくるんじゃないかと思っていて。あまり自分でキャラクターをイメージしないようにして、最初のやりとりをした瞬間に、時田がフワッと僕の中に現れてきた感じでしたかね。

―― 時田という男は駄目っぷりもあるんですけど愛おしくて、それは、豊川さんがもともと持っている根の部分もあるのかなとも思いましたが。

豊川 いや全然。僕はもっと嫌なやつですよ。それに比べれば時田なんて全然いい人(笑)。

―― 中村さんも椎名のひょうひょうとしているところなどはご自身に近いのでは?

中村 役作りとか何もしていないですし、僕も時田さんと会話してシーンを形作っていきましたね。

 時田さんのチャーミングさは自分が思っていたはるか上でした。第2話以降、時田さんはどんどんかわいそうになり、椎名的にはニヤニヤしながらせりふを言わなきゃいけないんですけど、ちょっとした切ない顔がもう悲しくて悲しくて、背中に手を添えてあげたくなる。見ている人も時田さんに対してそう思うだろうなと。

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ ノリノリ

―― このドラマに挑戦したことで、成長できたことや新しい気づきがあればお聞かせください。

豊川 そんな重たいアレじゃないけど、自分と自分が演じる役との関係性みたいなものに新しいバリエーションが加わった感じはします。また違う(役との)付き合い方をこのドラマで経験できました。

中村 芝居というものの本質をつかめたんじゃないかなと。以上です(笑)。

―― あぁぁぜひもう一言。本質とは?

中村 あらためて思ったのは、芝居をするんじゃなくて、させる。これはなかなか伝わらないかもしれませんが、芝居ってするもんじゃないんだなと。転がる岩がどちらに進んでいくのか分からないような心持ちで、ある種自由に、ある種リスキーにいることが大事なんだなと。芝居をしている時点でもう芝居として駄目。それはある種達人の域の発想で、それをこのバカバカしい作品で、ふと思った自分を褒めてあげたいです(笑)。

 つかめたといってもそんな大げさなことではなくて、そういうことがいいんだなという今後の1つの指針を得ました。それはこの作品でずっと中身のないくだらない記憶にも残らない馬鹿なことやっていたからなんですけど。

―― 「刑事ドラマ史に新たな迷バディ誕生」というコピーも添えられていますが、お二人がこの作品を一言で表現するなら?

豊川 シーズン20までやってやるぞ。50年かかるね(笑)。

中村 (笑)。いいですよ。毎年新春ロードショーしましょう。

No Activity 本日も異状なし 豊川悦司 中村倫也 時田信吾 椎名遊 インタビュー ポンコツ これは例の「両腕を左右に伸ばし、手のひらを広げるポーズ」なのか分かりませんが、中村さんが楽しければOKです!

配信情報

タイトル:『No Activity/本日も異状なし』

配信開始日:2021年12月17日(金)

話数: 本編6話一挙配信 

出演:豊川悦司、中村倫也/木村佳乃、清野菜名/岸谷五朗、岡山天音、岸井ゆきの

監督:英勉 脚本:じろう(シソンヌ)


(C)2021 Amazon Content Services LLC



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」