ニュース
» 2021年12月24日 20時30分 公開

原作脱落組による「劇場版 呪術廻戦 0」レビュー “「呪術」初心者”でも楽しめるこの冬一番の話題作(1/3 ページ)

花澤香菜のヤンデレボイスもすごかった。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 「劇場版 呪術廻戦 0」が12月24日から公開されている。「呪術廻戦」の原作はテレビアニメ版のハイクオリティーぶりもあって爆発的な人気を呼び、シリーズ累計発行部数が12月25日発売の18巻をもって6000万部を突破。「鬼滅の刃」に次ぐ社会現象として注目を集めており、シリーズの原点にして前日譚を描く本劇場版では、あらゆる興行記録を打ち破った「劇場版 鬼滅の刃」にどれほど迫れるかにも注目が集まっている。

「劇場版 呪術廻戦 0」予告編

 本作は予備知識がなくとも問題なく見られる内容になっており、「友達や家族に誘われたけどどうしよう?」と迷っている方にもおすすめだ。正直に申し上げると、筆者は後述する理由で「呪術廻戦」のマンガやテレビアニメ版にあまりハマれなかったのだが、今回の劇場版は楽しめた。

 少しだけ怖いシーンはあるものの、直接的な残酷描写は控えめで、映倫によるレーティングも「全年齢指定」。作中のテロップにも漢字ルビが振られており、よほど小さい子でなければお子さん連れで行ってもおそらく大丈夫だろう。また、エンドロール後におまけがあるので、気が早い方もぜひ最後まで席に座っておいてほしい。

 以下、原作をよく知らない方、「呪術初心者」にこそおすすめの理由を解説していこう。核心的なネタバレには触れていないつもりだが、あらすじ紹介に加えて軽微なネタバレをしている点はご容赦願いたい。

前日譚という初心者への親切設計

 まず「劇場版 呪術廻戦 0」はアニメ作品としてのクオリティーが高い。筆者は映画本編を見た後に原作を読んだのだが、とても丁寧な映像化に感服した。

 原作は現在連載中の『呪術廻戦』以前に、『東京都立呪術高等専門学校』として2017年に『ジャンプGIGA』紙上で掲載された、芥見下々の連載デビュー作。後に『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』として全1巻が発売。連載中の『呪術廻戦』を本編とするなら、その前日譚ともいえる内容だ。

 原作の『呪術廻戦 0』は全4話と短いため、少ないページ数で情報を詰め込んでいる印象があったのだが、今回の劇場版ではコマの前後に当たる行間部分にも細かい描写が追加されたり、シーンごとに独自の演出がされていたりする(筆者は特に乙骨の同級生・禪院真希が自らの過去を明かすシーンにグッと来た)。よく動くアニメーション、迫力のアクション描写、劇場でこそ映える音響、そして豪華声優陣の熱演により、テレビ版よりさらに「こってり」と楽しめるようになっていたのだ。

 もちろん、物語そのものは原作からはほとんど変わっていない。だが(だからこそ)、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」がそうであったように、マンガで読んだ優れたエピソードを、ハイクオリティーのアニメで、余計な改変をする事なく「追想」できるのは、ファンにとって至福の体験だろう。

 もちろん、全1巻で完結している原作だけあって、1本の映画作品として起承転結もしっかりあるからこそ、一見さんにも入り込みやすい内容にもなっている。

少し明るい碇シンジがブラックなホグワーツに入学する話?

 あらためて本作のあらすじを見ていこう。「呪術廻戦」は「呪い」と戦う者たちの物語だ。今回の「劇場版 呪術廻戦 0」では、幼なじみの女の子の呪霊に取り憑かれた少年・乙骨憂太が、「呪術師」を育成する学校に入学し、その女の子の呪いを解くために奮闘する物語が紡がれていく。

 乱暴な言い方をすれば「ちょっとだけ社交的でポジティブ思考もあるシンジくんが、かなりブラックで実践を重視するホグワーツに入学する」ような話である。

 何しろ主人公の乙骨の声を演じるのは「エヴァンゲリオン」シリーズの碇シンジ役でおなじみの緒方恵美であり、内向的で自己の存在理由などを自問自答をする性格もかなり似ている。

 そして、呪われた宿命を負う少年が、宿舎付きの学校に入って修行を重ね、死の危険と隣合わせの試練をくぐり抜けながら友人らと力を合わせて強くなっていく様は「ハリー・ポッター」のようでもある。

 「劇場版 呪術廻戦 0」レビュー 「呪術初心者」にこそおすすめの理由がある 性格も声も碇シンジを連想する主人公の乙骨憂太/画像は予告編より

愛の確かさと危険性の両面を描く物語

 本作の設定でユニークなのは、なんといっても乙骨に取り付いている呪霊の存在だろう。幼い頃に交通事故で命を落とした女の子・祈本里香(通称リカちゃん)は、いつ暴走するか分からない時限爆弾のようだ。

 見た目は恐ろしい化け物のようなのだが、そんな彼女であっても主人公の乙骨は優しく慈しむように接していく。この「愛」の関係性は、担任の五条先生の「愛ほど歪んだ愛情はないよ」というセリフが示唆する通り、大きな危うさをはらんでいる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」