ニュース
» 2022年01月25日 21時00分 公開

「これ買えるの?」 武田真治、憧れのクラシックカーに大興奮 でもお値段は怖くて聞けない(1/2 ページ)

ピュアなクルマ好き少年に戻っちゃっていました。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 俳優の武田真治さんが1月5日、自身のYouTubeチャンネル「武田真治のSHINJI TAKEDA」を更新。「クラシックカーを買うぞ」と思い立って出掛けた様子を披露しました。

武田真治のSHINJI TAKEDA クラシックカー買うぞ! と出掛けた武田真治さんは……(武田真治のSHINJI TAKEDAより、以下同)
武田真治のSHINJI TAKEDA 武田真治のSHINJI TAKEDA 武田真治のSHINJI TAKEDA 武田真治のSHINJI TAKEDA 武田真治のSHINJI TAKEDA 武田真治のSHINJI TAKEDA
車大好き武田真治!!買いたいクラシックカーを見に行ってきました。(YouTube/武田真治のSHINJI TAKEDA)

 今回武田さんが訪れたのは、大阪にあるクラシックカー博物館「ジーライオンミュージアム」。希少価値の高いクラシックカー、ビンテージカー、ヘリテージカーの展示とともに、その気があれば「買える」クルマもあるという施設です。

 映える赤レンガ倉庫を利用したオシャレな外観から「いきなり雰囲気いいですよね〜」「マニアにはたまらない様子を紹介できると思います!」と到着するなりワクワクです。

武田真治のSHINJI TAKEDA 馬車の展示から始まる本格的な施設

 「まず馬車からかー!」。自動車の歴史を知る上で欠かせない車両から始まり、1905年式「オールズモビル カーブドダッシュ」、1923年式「フォード・モデルT」、1934年式「MG・PA」など100年前クラスのヘリテージカーがズラリと並びます。

武田真治のSHINJI TAKEDA 1934年式の「MG・PA」は「購入」も可能とのこと

 その1台、MG・PAは「販売も可」。へぇぇ! それを聞いた武田さんは「うそ、これ買えるの?」「でも怖いよ……」「俺、値札の出てないお店での買い物はしないようにしてるから……」。お値段は気になりますが、確かにそもそも聞かない方がよさそうですね。

 とにかく館内はクルマの歴史をそのままギュッと詰め込んだような充実ぶり。「かっこいいな」「映画で見るカタチだしね」とクルマ好きな俳優魂も騒ぎ出します。

武田真治のSHINJI TAKEDA 映画の世界から飛び出てきたような古き良きザ・アメ車スタイルの「キャデラック シリーズ61」(1941年式)

 特に心惹かれたかれた1台は「キャデラック シリーズ61」(1941年式)。「うわぁぁ」「こんなキレイな状態で残ってるんだね」と当時のアメ車感が噴出した雰囲気とコンディションの良さに感動です。

 「これいいんじゃないですか? 似合いますよ。買いましょうよ」とけしかけるスタッフさん。

 「は? 難しいよ! 絶対買えない(笑)」。

超絶レア世界でも少ない、BMWとロールスロイスのクラシックカー!!トヨタ2000GTも(YouTube/武田真治のSHINJI TAKEDA)

 続いて1950年代以降に登場したクルマの展示エリアへ。BMW、ロールスロイス、フェラーリ、ジャガーから、トヨタ・2000GT、マツダ・コスモスポーツ、プリンス・スカイライン、ホンダ・S600などの日本の名車もじっくり眺めながら静かにはしゃぎます。

 ホントに買うのかな? いやこの様子は……。もう見るだけで幸せな、ピュアなクルマ好き少年に戻ってしまっていた武田さんでした。

武田真治のSHINJI TAKEDA 2000GTも買っちゃう……?

 ファンからも「クラシックカー凄い!!」「観ててワクワクしました」「クラシックカーを買って、運転してる姿もぜひ」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響