ニュース
» 2022年02月03日 10時28分 公開

「ククルス・ドアンの島」アムロ役古谷徹、ラストシーンに涙した 「まさか映画になるなんて」と驚く隠れた名エピソード

6月3日公開決定。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」の公開日が6月3日に決定。主人公アムロ・レイを演じる古谷徹さん、安彦良和監督からのコメントと、総作画監督/キャラクターデザイン田村篤さんによる描き下ろしイラストが公開されました。

総作画監督/キャラクターデザイン田村篤さんによる描き下ろしイラスト 田村篤さんが描き下ろしたRX-78-02ガンダムとアムロ

 同作は1979年に放送された「機動戦士ガンダム」第15話「ククルス・ドアンの島」を基にした劇場作品。シリーズを通じて地球連邦軍とジオン軍の戦いを描く中で、小さな島でたった1人戦う男の数奇な運命を描いたエピソードは、視聴者に強い印象を残しました。

 アムロ役を演じる古谷さんは「まさかククルス・ドアンの島が映画になるなんて」と率直な驚きをコメント。68歳となった現在「43年の時を経て、再びガンダムで戦う15才のアムロを劇場版で演じる事が出来るとは声優冥利に尽きる」とアムロやドアンとの再会への思いを伝えています。

 また安彦監督は「機動戦士ガンダム」という作品を「名もない『小さな者達』が、たがいに助け合って巨きな敵と闘い、非情な運命の中を生きて行く物語」と位置付け、「ククルス・ドアンの島」にはその作品性が色濃く表れていたと強調。「今、ガンダムの初心を愛するスタッフはそれに光を当て、語り直します」と作品をアピールしました。

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」メインキャラクター おなじみホワイトベースの乗組員

古谷徹/アムロ・レイ役 コメント

まさかククルス・ドアンの島が映画になるなんて思いもしなかった。43年の時を経て、再びガンダムで戦う15才のアムロを劇場版で演じる事が出来るとは声優冥利に尽きる。アフレコに際し、自宅で時間をかけて念入りにリハーサルをした。ラストシーンの映像を見終わった時、思いがけず涙が溢れた。とてもリアルなモビルスーツの挙動、表情豊かなキャラクターたち、安彦監督ならではの実に魅力的な作品に仕上がっている。

安彦良和/監督 コメント

ーーー『機動戦士ガンダム』は、名もない「小さな者達」が、たがいに助け合って巨きな敵と闘い、非情な運命の中を生きて行く物語です。かつてのテレビシリーズのなかに、もっともよくそうした色合いを表すひとつのエピソードがありました。しかし、いろんな事情からそのお話は全体の流れからはみだし、取り除かれてきました。今、ガンダムの初心を愛するスタッフはそれに光を当て、語り直します。 ご覧ください。『ククルス・ドアンの島』


(C)創通・サンライズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響