ニュース
» 2022年02月07日 18時52分 公開

実写映画「ハケンアニメ!」吉岡里帆、中村倫也、柄本佑らの新場面カット解禁 真剣なまなざしで机にかじりつく熱い姿

熱量が伝わってくる。

[Yuka,ねとらぼ]

 俳優の吉岡里帆さん主演による実写映画「ハケンアニメ!」(2022年5月公開)の新場面写真が2月7日に解禁されました。

「ハケンアニメ!」映画ビジュアル公開 「ハケンアニメ!」新ビジュアル公開

 同作は、直木賞作家・辻村深月さんの同名小説が原作。世界中が注目する日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にするべく奮闘する人々の姿を描くお仕事映画です。監督は映画「水曜日が消えた」で知られる吉野耕平さん。劇中に登場するアニメ作品は、監修に東映アニメーション、制作にはProduction I.Gをはじめ、日本を代表するトップクリエイター陣が参加しています。

 地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ新人映画監督・斎藤瞳(吉岡さん)は、自身がこの業界を目指すきっかけとなる作品を生み出したスター監督・王子千晴(中村倫也さん)と覇権を争うことに。デビュー作で一躍脚光を浴びるも、もう後がない王子はプロデューサー・有科香屋子(尾野真千子さん)とタッグを組む一方で、瞳はクセ者プロデューサー・行城理(柄本佑さん)や、個性的な仲間たちとともに戦いに挑みます。

「ハケンアニメ!」吉岡里帆と中村倫也 斎藤瞳(吉岡さん)と王子千晴(中村さん)

 解禁された写真には「見てる人に魔法をかけるような作品を作りたい」とアニメが持つ力を信じてチャンスをつかんだ瞳と、崖っぷちの王子が真剣なまなざしで作品に向き合い筆を取る姿が。それぞれが1点の妥協も許さないほど、自身の手掛ける“作品”に情熱を込める様子が表れています。

「ハケンアニメ!」瞳を演じる吉岡里帆 真剣なまなざしの瞳
「ハケンアニメ!」王子を演じる中村倫也 机にかじりつく王子

 また、監督の周りを取り巻く個性豊かな業界人たちの様子も。瞳から鋭い形相を向けられている行城や、王子の才能に人生を懸ける有科が思わしげな表情で1点を見つめている姿が納められています。他にも、制作会議で真摯(しんし)な表情で何かを訴えかけんとする瞳や、制作スタジオの面々が真剣なまなざしで歩んでいるシーンも収められており、アニメ業界に身を置く彼らの間で展開される熱いストーリーにさまざまな想像が膨らみます。

「ハケンアニメ!」吉岡里帆と柄本佑 行城(柄本さん)に鋭い形相を向ける瞳
「ハケンアニメ!」有科を演じる尾野真千子 思わしげな表情の有科(尾野さん)
「ハケンアニメ!」瞳を演じる吉岡里帆 何かを訴えようとする瞳
「ハケンアニメ!」瞳を演じる吉岡里帆 個性的な仲間たちと瞳

 2021年12月に映画の公開が発表されるやいなや、Twitterでもトレンド上位にランクインするなど話題に。今回も、写真が解禁されると「まさに目が離せない」「絶対おもしろいじゃん!!!!」「ビジュサイコー」「めっちゃめっちゃ倫也王子様」と映画公開に期待が高まる声が続々と寄せられています。

(C)2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

関連キーワード

アニメ | 映画 | 吉岡里帆 | 実写 | 俳優


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響