ニュース
» 2022年02月18日 18時00分 公開

かつてはスーパーモデルの登竜門、今は多様性のカタログに 米有名下着ブランドがダウン症のモデルを初採用(1/2 ページ)

さまざまな人種、性別、体形のモデルを起用しています。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 米有名下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(VS)」が初めてダウン症のモデルを起用。撮影の様子が2月17日に公開されています。

ソフィア・ジラウ ソフィア・ジラウ(画像はソフィア・ジラウ公式Instagramから)

 プエルトリコ出身のソフィア・ジラウは24歳。「私のとっておきのシークレットをついに公開します。ダウン症のモデルとして初めて、ヴィクトリアズ・シークレットに起用されたよ!」と15日に華やかなブラ姿のショットを投稿。自身にとって目標だったとして「いつか夢見たこと、取り組んできたら今日現実になりました」と喜びをあらわにしています。

 かつてヴィクトリアズ・シークレットはスーパーモデルの登竜門とされ、トップモデルが集結する年に一度のショーと“エンジェル”と呼ばれる選抜モデルは憧れの的でした。しかし細身で長身の女性モデルばかりを重用する姿勢が次第に時代にそぐわないと目されるようになり、2018年以降はこれらを廃止に。現在は方針を転換してさまざまな人種、性別、体形を反映したモデルを積極的に起用しています。

大坂なおみ選手 大坂なおみ選手も「ヴィクトリアズ・シークレット」モデルの1人(画像はヴィクトリアズ・シークレット公式Instagramから)

 ソフィアはVSの新方針「#NoLimits(限界なし)モデル」として新キャンペーンに採用されたことへ感謝。また大手ファッション誌『VOGUE』にも掲載され「目標がかなった」とコメント。「仲間たちへ、夢は大きく持って。中身にも外見にも限界なんてない!」と呼びかけ、撮影の様子を収めた動画では「夢見た人生を今まさに生きている」と終始笑顔が止まらない様子でした。

 ソフィアの起用には大きな反響を呼び「ダウン症だってなんでもできる」「すばらしい試み。かわいい子だね」「おめでとう! 夢を見続けて、諦めないで!」と好意的に受け止められています。一部からは「かつてのヴィクトリアズ・シークレットが恋しい」と新体制へ批判的な声も聞かれましたが、「遅すぎるくらいだ」との意見もあり議論となっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響