ニュース
» 2022年02月21日 07時30分 公開

夫が家にいるのに洗濯物が雨でビショビショに→怒りの炎に包まれたママは…… 気持ちを整理するため“自分消火隊”を出動させるママに感心の声(1/2 ページ)

一歩立ち止まるのって大事。

[瀬山野まり,ねとらぼ]

 怒りの炎を沈めるために「自分消火隊」を脳内で出動させている……そんな人の漫画がTwitterに投稿され、共感を呼んでいます。見習いたい……!

「怒りの炎に包まれたら、自分消火隊を呼ぶ」 自分消火隊出動!

 漫画の作者はこしいみほ(@541miho)さん。小学1年生の長女ことちゃんと年少さんの長男そうちゃんを育てています。ある日、こしいさんがスーパーで買い物をしていて、突然雨が降ってたきたときこと。家では洗濯物を干しており、家にいる夫が取りこんでくれるだろうと思いつつも心配をしていました。

「怒りの炎に包まれたら、自分消火隊を呼ぶ」 寝てるし!

 こしいさんが雨に濡れながら帰宅すると、そこにはすやすやと寝ている夫の姿が……! もちろん干してあったシーツもびしょ濡れで、これではまた洗濯のやり直しです。おまけに、子どもたちはソファーに座ってテレビを見ていますが、日が陰ってきたのに気がつかないのか部屋は暗いままです。

「怒りの炎に包まれたら、自分消火隊を呼ぶ」 洗濯物はびしょ濡れ
「怒りの炎に包まれたら、自分消火隊を呼ぶ」 燃え上がる炎の鎮火のため自分消火隊出動へ

 そんな状況にいろいろ言いたい気持ちが湧き上がってくるこしいさん。どんどん怒りの炎が大きくなっていきます。そんなときにこしいさんが出動させるのが「自分消火隊」なのです。こしいさんによると、自分消火隊とは怒りの炎に包まれたときに呼び出す「心の消火隊」のこと。早速到着した「自分消火隊」の隊員さんが「どうしましたか」と聞いてくれます。

「怒りの炎に包まれたら、自分消火隊を呼ぶ」 炎が大きくなっていくこしいさん

 それにこしいさんは買い物しているのに夫が何もせず寝ていたことや子どもにテレビを見せっぱなしだったこと、そして普段夫が仕事の日は自分が家事もやっていることや夫にせめて子どものことだけでもしてほしいことをぶちまけます。

「怒りの炎に包まれたら、自分消火隊を呼ぶ」 消火作業がぐんぐん進みます

 炎はどんどん大きく燃え上がっていきますが、そこに消火隊さんが水をかけます。「夫さんは今繁忙期で昨日も夜遅く帰宅したようですが 午前中はお子さんたちを公園に連れていってましたよね」「洗濯物は残念でしたが 夫さんもしっかりやってくれていると思いませんか?」と一気にたたみかけていきます。

 いつのまにかこしいさんの心の中の炎は小さくなり、なくなっていきました。隊員さんの「落ち着きましたか?」の問いに「はい大丈夫です」と答えるこしいさんの表情はおだやかです。

「怒りの炎に包まれたら、自分消火隊を呼ぶ」 鎮火お疲れ様です!

 そんなことをしていると夫が起床。こしいさんに寝ていたことの謝罪と、シーツを取り込んでくれたお礼を伝え、「体冷えるよ お風呂入ってきたら」と気づかいの言葉をかけてくれました。そんな夫にこしいさんは「疲れてるやろうし昼寝するのはいいねんけど」と前置きし「暗い部屋でテレビ見せ続けるのはよくないからそのへんは気をつけてあげてや!」という言葉を伝えて終わりました。怒りの色はもうありません。

 すると夫は、これからは気をつけるという言葉と共に、「さっき3人でママに手紙書いてたんだよ」と伝えてくれました。手紙に書かれていたのは「ままへ だいすきだよ」という子どもの字と、夫の「パパもだよ」の字。「自分消火隊」のおかげで、こしいさんは素直にありがとうと伝えることができました。

 こしいさんはお風呂に入りながら、夫は寝るまではちゃんと子どもと遊んでくれてたことを思い「怒り散らさなくてよかった〜〜」と安堵します。今回も無事に「鎮火完了」したようですね。

 この漫画には「この方法に考え方大好きです!!!」「こういう風に自分がしんどいときでも相手の苦労を考えれるのえらい 見習いたい…」「ほんと、子育て中は毎日これ必要よね…」といった声や、共感の声が多数集まりました。お互いの心遣い、一歩止まることの大切さを感じますね。

 こしいみほさんのTwitterアカウント(@541miho)やInstagramアカウント(@miho20141124)では、育児や家族の日常を描いた漫画が多数公開されています。また、大変な日々を鋼のポジティブ思考で乗り越えていくエピソードをまとめた漫画『ころんでもポジティブ』も発売中です!

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響