ニュース
» 2022年02月25日 17時34分 公開

「カムカム」松重豊、“現代語しゃべった”でトレンド入り 本人は「視聴者からのチェックが厳しい」と苦手意識告白

京ことば、ハードル高し。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」2月25日放送回で、伴虚無蔵役の松重豊さんが“現代語をしゃべった”と話題に。川栄李奈さん演じる3代目ヒロイン・ひなたのツッコミに、視聴者が「そこ?!」「ときめいたw」と全力で同意しています。

松重豊さん 松重豊さんが演じる伴虚無蔵

 女性3代の100年にわたる物語を描く同作で、松重さん演じる虚無蔵は時代劇のベテラン斬られ役というキャラクター。25日の放送ではひなたの両親に大きな影響を与えた怪作映画のリメイクが決定し、オリジナル版で敵役を演じた虚無蔵が、リメイク版でも同じ役を得るため“オーディション”を受けるとひなたと弟子の五十嵐(本郷奏多さん)へ打ち明ける場面が描かれました。

 ここまで普段の会話でも時代錯誤なサムライ言葉で話す個性派キャラとして描かれてきた虚無蔵。“オーディション”という外来言葉を使ったことにひなたは驚がく。「いま現代語しゃべった?」と思わず口にしたツッコミへ、居合わせた五十嵐同様に視聴者が「そこかよ」とツッコミを重ねることとなりました。「おーでぃしょん、時代劇風に言い換えるとなんだろう」とさらなる疑問も浮上しています。

 なお松重さんは公式インタビューで、福岡生まれとあって「ご存知のように京ことばや関西ことばは、非常に視聴者からのチェックが厳しいんですよね(笑)」と虚無蔵が素に戻った際の現代語のせりふに恐怖感があったと告白。「なんやあれ」という視聴者からのツッコミを恐れる緊張感が、撮影所という場所で日々闘っていた虚無蔵に重なると話しています。

 かねてちらちらと劇中劇に登場していた虚無蔵ですが、“時代劇好き”ヒロイン・ひなたに代替わりしてからは出番が急増。松重さんにとって、藤本有紀さん脚本の朝ドラは「ちりとてちん」に続いて2度目とあって「今回は、展開が非常に早いので、自分の役がこれからどうなるのか、どこに着地するかということなどが、まったく予想もつかないまま」「いろいろなところに伏線が張り巡らされていて、それを回収するだけでも見応えがあります」と視聴を呼びかけています。

関連キーワード

時代劇 | 本郷奏多 | NHK | サムライ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響