ニュース
» 2022年03月01日 16時00分 公開

「定員30人電車に135人が乗車」 ウクライナ人ダンサーがキエフ脱出をレポート、父親と引き離される少年目撃し「胸が痛む」(1/2 ページ)

「しばらく更新がなくても心配しないで」とマクシム。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 ウクライナ系アメリカ人ダンサーのマクシム・チェメルコフスキーが日本時間3月1日にキエフ脱出に至るまでの詳細をInstagramストーリーズで更新。現地の緊迫感が伝わる投稿に、無事を祈る声が集まっています。

マクシム・チェメルコフスキー キエフ脱出前のマクシム、頭上には戦闘機が(画像はマクシム・チェメルコフスキー公式Instagramから)

 マクシムはラテンダンスのチャンピオンとして、米ダンスコンペティション番組「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」に出演。米国を始め国内外での影響力の大きさを生かし、ロシアのウクライナ軍事侵攻開始以降は、Instagramを通じて現地の様子を積極的に伝えていきました。

 直前まで爆撃される建物の動画を撮影し「無実の人々が殺されている」と訴えていたマクシムですが、前日2月28日の投稿で国を出る決意をしたと告白。1日の投稿では「ようやく電車に乗れた」とキエフを脱出し、ポーランドへ向かっていることを報告しながら、駅の様子は「尋常ではない」とし、また自身も「リュック1つを背負った成人男性でしかない」と無力感をつづっています。

 マクシムによれば電車内は決していい環境とはいえず、本来であれば3人用のキャビンに大人4人と2歳から11歳までの子ども7人が詰め込まれているとのことです。また車内は汗臭く、通路を含めて満員状態で定員30人の4倍を超える135人が乗車していると自身が耳にした情報を説明しています。

マクシムの投稿 キエフ脱出を報告(画像はマクシム・チェメルコフスキー公式Instagramから)

 緊迫した脱出劇を細かにつづる中で、最も自身が打ちのめされた経験として「父親と離れたくないと泣きじゃくる8歳ほどの少年の姿を見たことだ」とマクシムはコメント。ウクライナでは現在、国民総動員令がしかれ18歳から60歳の男性市民の出国が禁止されています。少年の父親がこれに該当するかには言及していませんが、少年は「パパが残るなら自分も残る、そうでなくてはやつらが殺しに来てもパパを守れない」と泣いていたとマクシムは明かしています。

 マクシムはこれまでロシア軍による爆撃や炎上する市街地に加えて、避難中に軍事攻撃によって亡くなった市民の様子などショッキングな場面を次々と世界へ発信し、支援と攻撃の中止を訴えてきました。米国を拠点とする彼の投稿のコメント欄には「無事に帰ってきて」「どうか気を付けて」と無事の帰還を願う友人たちの他、「ロシア人として本当に申し訳ない思いでいっぱいです」「無実のロシア人も戦争に引きずり出されている。こんな戦争、早く終わらせてほしい」とロシア人を名乗るユーザーからの声も目立ちました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  7. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  8. /nl/articles/2205/26/news104.jpg 「10代可愛いすぎる」「ギャルや〜ん」 矢田亜希子、日焼け×ミニスカ×ルーズソックスの“ギャル女子高生”時代に反響
  9. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  10. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響