ニュース
» 2022年03月03日 20時00分 公開

「女性はロボットとかかっこいい物を好きになるわけがない」 偏見を受けても好きなものを追い続ける女性ペインターの姿に心動かされる(1/2 ページ)

力強いメッセージに背中を押されます。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 「『好き』は自分が選ぶこと」。ある女性が“ガンプラ”などのプラモデルの写真とともに投稿したツイートに、大きな反響がありました。

 投稿したのはせなすけ(@l2Po3QMEtZd19wr)さん。プラモデルを着彩するプロの「筆塗りペインター」で、アニメのセル画に見えるよう手塗りでペイントするなど個性的なタッチで知られています。

 YouTubeチャンネルでは、ガンダムの他、さまざまなプラモデルのペイントの様子を記録した動画も公開。陰影のつけ方で、立体なのにまるでイラストのように見えるペイントや、今にも動き出しそうなプラモデルを紹介しています。

好き」は自分が選ぶこと プラモデルにペイントするせなすけさん

「女性はロボットとかかっこいい物を好きになるわけがないので、プラモ作らないで下さい」と言われたことがある。

私のように子供の時から恐竜や飛行機とかかっこいいものばかり好きで親から「もっと女の子らしくしなさい!」と言われてきた女性は多いはず。

「好き」は自分が選ぶこと(せなすけさんのツイートより)

 プロペインターとしての仕事のほか、せなすけさんと同じように「女性らしくない」「女性の領域ではない」とされがちな「かっこいいものばかりが好き」な女性へのメッセージを聞いてみました。

大人になってからハマったプラモデル

 せなすけさんがプラモデルに興味を持ったのは、大人になってからのこと。イギリスのゲーム関連会社「Games Workshop(ゲームズワークショップ)」が発刊した冊子で、ミニチュアプラモデルを見たのがはじまりだったそうです。

 「初めて見たときに『なんか面白そう!』と思いネットで調べてみたら、自分で組立てて色を塗るものだということを知ってますます興味が湧き、売っているお店を調べて買ってきたのがきっかけでした」(せなすけさん)

好き」は自分が選ぶこと 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア の「RG 1/144 サザビー」 ペイントによって、金属のような重厚感

 最初は小さなプラモデルから、どんどん大きなものに挑戦していくうちに、どんどんプラモデルの世界にハマっていったというせなすけさん。手掛けた作品も多岐にわたっていきます。

 「模型雑誌の仕事として手掛けたガンダムの『RG 1/144 サザビー』がとても気に入っています。もともとは生物系のプラモデルを塗ることが多かったので、制作当時はメカニックなモデルを仕上げることにまだ難しさを感じていたのですが、思うように仕上げることができてとても嬉しかったです」(せなすけさん)

自分が選んだ「好き」を貫く

 「本当にカッコいい!」とプラモデル作りやペイントにハマり、作品の写真や動画をSNSに投稿していたせなすけさん。ですが、性別を理由に、コメントやDMなどで全く面識のない人から心ない言葉をぶつけられてしまうこともあったといいます。

好き」は自分が選ぶこと 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ「HG 1/144 メッサーF01型」 アニメの絵のような印影でなんとも不思議な感覚に

 「コメントやDMなどで全く面識のない方から『かっこいいと言ってるのが嘘くさい』『誰かからの“いいね”を稼ぐためにガンプラ好きって言わされてるんでしょ』『ロボットのかっこよさが女性に理解できるはずがない。今すぐプラモデルを作るのやめてください』などと言われてしまい、とてもショックでした」(せなすけさん)

 確かにプラモデル作りが趣味だという人には男性が多く、「女性がやるものではない」という固定観念を持つ人も少なくないのでしょう。それは、せなすけさんの家族も同じだったといいます。

 「女性であることを理由に周りから『やめろ』と言われてしまうことはもちろん辛かったですが、以前は家族が理解してくれなかった部分でも苦労しましたね。親は私に女の子らしいことをしてほしいと考えていたので、プラモデルは男の子がやることでしょ? という感じで嫌がられていました」(せなすけさん)

 せなすけさんがプラモデル作りやペイントに熱中していることが受け入れがたかった家族でしたが、模型雑誌の仕事で作った作品などを見るうちにだんだんと理解を示し、今は活動を応援してくれるようになったそうです。

好き」は自分が選ぶこと Games Workshop社の「ウォーハンマー」シリーズのプラモデル。迫力があり、神々しさすら感じますね

 「『かっこいいものが好き』というと同性から理解されないのは辛いこともありますが、自信を持って『好き』を貫いてください。世界は広いので、自分と同じ考え・趣向を持つ人、理解してくれたり応援してくれたりする人は必ずいます。自分の『好き』をたくさん楽しみましょう!」(せなすけさん)

 自分の「好き」への思いがたくさん詰まったせなすけさんの投稿には、「『好きは自分が選ぶこと』素晴らしい言葉ですね」「自分が良いと思ったものは素直にYESでいたいよね!」など、共感の声が多数寄せられていました。中には、「心から共感するし、私もプラモやフィギュアが好き」という女性からのコメントも。

 また、せなすけさんの作品に、「文面見てホントホントって思い写真見たら凄すぎた」「有機的な塗りすごい」と圧倒される人や、イラストではなくプラモデルだと知って驚く人も見られました。

 性別や、それからくる偏見によって、自分の好きなことや興味のあること、そして得意なことを制限されるのはとても悲しいこと。まだまだ「好きなものは好き」と言い切ることに勇気がいる社会ですが、せなすけさんの言葉や作品に背中を押された人もいるのではないでしょうか。

 せなすけさんはペインター、YouTuberの他、模型誌のライターや書籍執筆など幅広く活躍しています。

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声