ニュース
» 2022年03月07日 19時00分 公開

やっぱハイエース最強〜!? レーシングドライバーの脇坂&服部が「キャンパーなハイエース」乗り比べ さすがなプロ目線を見せつける(1/2 ページ)

ハイエース欲しいなーと思っている人必見です〜。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 日本を代表するレーシングドライバー、脇坂寿一さんと服部尚貴さんが、脇坂さんのYouTubeチャンネル「Channel 11 脇阪寿一 Juichi Wakisaka」で、「ハイエース」を物色し、乗り比べした様子を披露しました。レジェンドドライバーが欲しくなるハイエースとは……!

「遊び」用のハイエースを物色するレジェンドレーシングドライバーの脇坂さん、服部さん レジェンドレーシングドライバーが欲しくなった「ハイエース」はどれ……?(Channel 11 脇阪寿一 Juichi Wakisakaより)
「遊び」用のハイエースを物色するレジェンドレーシングドライバーの脇坂さん、服部さん ベーシックモデル「A-TYPE」に乗り込みます オプション込みの「B-TYPE」 最上位グレードの「C-TYPE」は快適装備が満載 ベッドありで車中泊も楽々
ハイエースベースのキャンピングカー、3タイプを服部尚貴と脇阪寿一が徹底比較! / Green Buddy A-TYPE B-TYPE C-TYPE(YouTube/Channel 11 脇阪寿一 Juichi Wakisaka)

 現在、ガチで「遊び用のキャンピングカーが欲しいぞ!」と購入検討中の脇坂さん。キャンピングカーの先輩である服部さんがカスタムハイエース「Green Buddy」の各モデルから、「分かりやすく松・竹・梅」で買い方、選び方を指南してくれました。

ベーシックモデル「A-TYPE」に乗り込みます まずはベーシックモデル「A-TYPE」から。「おぉー広いね。いいんだけど、必要なオプションとかは最初からいろいろ付いている方がいいなー」

 まずはエントリーモデルの「A-TYPE」(390万8000円から)。小学生くらいまでの子どもがいる家族の利用を想定したファミリー向け仕様で、シンクやテーブルなども含めた始めてのキャンピングカー用途に申し分ない設備を備えます。

 「冬場に役立つから、オプションでFFヒーターは絶対付けた方がいいね」と服部さん。「うーん、いいんだけど、知識がないからオプションは最初から付いてる方がいいかな」と脇坂さん。やっぱりハイエースであっても、クルマの仕様にはフツーの人以上にこだわりそうな2人だ……。

オプション込みの「B-TYPE」 オプション込みの「B-TYPE」

 次はハイルーフ仕様で装備も拡充した「B-TYPE」(680万2000円から)。こちらは内装に断熱材を用いた防寒対策強化済みで、大容量のサブバッテリーも含めた車内用電源、収納棚や冷蔵庫、シャワー付きシンクなども備えます。

 「テーブルのドリンクホルダーがすごく便利そうだ」「数々のオプションを“込み”とした快適装備モデルだね」と服部さん。「オプションがいろいろ付いててイイ感じになってきた。でも、もうちょっと(最初からスゲーのがほしい)!」と、脇坂さんはじわじわと心引かれるようになってきています。

最上位グレードの「C-TYPE」は快適装備が満載 最上グレードの「C-TYPE」は快適系装備がいっそう豪華に

 こうなったら最後は最上位グレードの「C-TYPE」でしょう。C-TYPEは、B-TYPEの仕様に加えて断熱性と防音効果が格段に高いという装備「フルエアロウィンドウ」を採用し、ルーフには発電のためのソーラーパネルも標準搭載とした豪華仕様です。

 内装、シンクや冷蔵庫の仕様もグッとグレードアップして、「一気に高級感が出てきたぞ。受ける印象が全然違うね」とこの豪華さに脇坂さんは一気にウキウキになりました。

 「ここまでくると、完全に“家系”のキャンピングカーやね」(脇坂さん)。気になるお値段もグッと上がって851万2000円から。おぉぉ〜、なかなかの価格帯になります。

 こうなったら「走りが気になる」。やっぱりレーシングドライバーのお2人、ノーマルの「ハイエース スーパーGL」とともにハイエースの走りをプロ目線でチェックです。

(続き)ハイエースのグレード違いを服部尚貴と脇阪寿一が乗り比べたら、その乗り味の違いに驚愕 / Green Buddy A-TYPE B-TYPE C-TYPE スーパーGL(YouTube/Channel 11 脇阪寿一 Juichi Wakisaka)

 「あれ、ノーマルのスーパーGLの足がイイねー。普段乗っているヴェルファイアと感覚は変わらないよこれ。コミューター(人を乗せて移動する用途のグレード)であるスーパーGLに対して、A-TYPEはやはりバン(貨物用途)だからか、リアにずーっと違和感が残る微振動がある。そうね、はっちゃん、グレードが上がるとクルマはやっぱようなんねんな」。

 「もっとも豪華なTYPE-Cは……重いな。軽快さが一切なくなって重たーいクルマになった。同じハイエースでもこんなに走りが変わるんだ。でも、周波数が緩やかになったというか、全ての動きが緩やかになった。この辺りはハイエースの基礎力というべきいいところなんだろうね」

 「あらためてスーパーGL、これ……ちょっとアカン(イイ)ね(笑)」(服部さん)

 「2リッターでエンジンパワーが足りなくて普通はトロくなるところすらも、人がポジティブに感じられるよう足とか色んなところの総合力がある。これがクルマの“バランス”なんだな。スーパーGL気に入っちゃったよ」(脇阪さん)

 アレ……? キャンピングカーが欲しくてカスタムハイエースをチェックしに来たのに、ノーマルのハイエース(スーパーGL)を気に入っちゃった2人。「遊び用としてカスタムするにも、こういった基礎部分がしっかりしているから選ばれるんだろうな。ハイエースのポテンシャル、あらためて知ることができてよかった!」。

 プロドライバーの2人にここまで言わせるハイエースってあらためて何かすごいですね……。脇阪さんは今後、どんなキャンピングカーを買うのでしょう。

ベッドありで車中泊も楽々 各仕様のカスタムハイエースを乗り比べしたら……ノーマルのスーパーGLの良さに気付いてしまったレーシングドライバーの2人

 ファンからも「軽キャンピングカーの選択肢もありますよ」「ハイエースの購入も考えてるので参考になります」「服部さんに薦められたら買ってしまうかも」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響