ニュース
» 2022年03月12日 12時00分 公開

“シャイでおっちょこちょい”「ファンタビ」主人公ニュートは新しいヒーロー 原作者の考える勇気のある人とは

ハリー・ポッターとはまた違う。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 魔法ワールドシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」が4月8日に公開。5作品での構成が明かされている同シリーズの折り返しに当たる今作では、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュート(エディ・レッドメイン)が、ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)や魔法使いの仲間たち、さらにマグル(非魔法族)と寄せ集めのデコボコチームを結成し、史上最悪の黒い魔法使いグリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)に立ち向かうこととなります。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』本予告

 「ファンタスティック・ビースト」(以下、ファンタビ)シリーズ主人公のニュートは、シャイで人と関わるよりも魔法動物と関わっている方が落ち着くという、いわゆる快活なヒーロー像とはかけ離れた人物。これまでの作品では、魔法動物を逃がしてしまったり、マグルの前で堂々と魔法を使ってしまい現場を見られたりと、おっちょこちょいで不器用な一面を見せてきました。しかし、そんなニュートの周囲には魔法動物だけでなく、魔法使い、マグルまでが自然と集まってくる愛される人物です。

ニュート・スキャマンダー 仲良しのピケットはボウトラックルという魔法動物

 魔法ワールドの生みの親で、「ファンタビ」シリーズでは脚本を担当する原作者のJ.K.ローリングは、自身が考えるヒーロー像について「私にとってヒーローとは声を上げる勇気のある人たち」とコメント。「それが常識かもしれないけれど、正解とは限らない」といえる人がヒーローだと定義しています。

 ローリングの言葉を反映するように、ニュートは「凶暴な魔法動物は抹消すべき」という考えに“No”と主張。“魔法界全体に魔法動物の価値を伝える”ことで共存の道を作ることを目指します。

 また普段はとても温厚でマイペースな性格なのに、自分の中にブレない軸を持ち、ダンブルドア先生のような偉大な魔法使いにも物申すことも。それ故にダンブルドアの信頼を得て、グリンデルバルドに立ち向かうこととなるのですが……。

ダンブルドア ワケありのダンブルドア先生
グリンデルバルド 史上最悪の黒い魔法使いグリンデルバルド

 監督のデイビッド・イェーツは「ジョー(J.K.ローリングの愛称)が創作するキャラクターには品位と人間味があります」と同調。「誰にも恥じることなくありのままの自分でいること、無理をしてまで迎合したり、自分の可能性を隠したりしないこと。そういう人間の姿にエールを送っているのだと思います」とニュートのありのままの自分を、そして信念を大切にする姿を表現しました。

ニュート・スキャマンダー エディ・レッドメイン演じるニュート

「ファンタスティック・ビースト」キャストインタビュー特集

(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling
WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声