ニュース
» 2022年03月18日 21時00分 公開

30%がメタバースでの“お砂糖”経験あり―― 既に身近になりつつある「メタバース恋愛」の驚くべき実態とは【バーチャル美少女ねむ寄稿】(1/4 ページ)

“お砂糖”“お塩”って知ってる?

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 バーチャル空間とアバターがあれば、人は「バーチャルセックス」ができるのか――。以前、VRを活用したバーチャルセックス体験について寄稿いただいた(関連記事)、VTuberの「バーチャル美少女ねむ」さんが、3月19日に初の単著『メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界』(技術評論社)を上梓します。

メタバース進化論 メタバース恋愛 『メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界』(バーチャル美少女ねむ/技術評論社)

 同書では、2017年からVTuberとして活動しているねむさん自ら、主にソーシャルVR(VRChatなど)に焦点を当てつつ、今話題の「メタバース」について解説。そもそもメタバースとは何なのか、メタバースは私たちにどんな世界や革新をもたらすのか。「メタバース恋愛」や「アイデンティティのコスプレ」「メタバース経済」など、さまざまな観点・キーワードからメタバースで今まさに起こっていることを読み解いていきます。

 この記事では同書の出版を記念し、特別に第5章「コミュニケーションのコスプレ」より、「メタバース恋愛」の項目を出張掲載します。過去にねとらぼで掲載した「バーチャルセックス体験」コラムの前段に当たるともいえる内容で、「メタバースで人は恋に落ちるのか」「その際、相手の性別は気にするか」「メタバース上で“お砂糖(恋愛パートナー)”がいる人の割合はどれくらいか」など、現実世界とはやや異なる、メタバース上での恋愛活動についてまとめたもの。まだ見ぬメタバース世界の一端を、ぜひ垣間見てみてください(バーチャルセックスの記事を読んでいない人はぜひ併せてどうぞ)。

著者:バーチャル美少女ねむ(VTuber)

バーチャル美少女ねむ VR バーチャル 風俗店

「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに2017年から活動している自称・世界最古の個人系VTuber。個人がVTuberを始める方法を公開し、その後のVTuberブームに貢献。2020年にはNHK人気番組「ねほりんぱほりん」に出演しお茶の間に「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」の衝撃を届けた。ボイスチェンジャーの利用を公言しているにもかかわらず楽曲『ココロコスプレ』で歌手デビュー。自筆小説『仮想美少女シンギュラリティ』はAmazon売れ筋ランキング「小説・文芸」部門1位を達成。フランス日刊紙「リベラシオン」・朝日新聞・日本経済新聞などで、VR文化に関する掲載歴多数。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/nemchan_nel
Twitter:https://twitter.com/nemchan_nel


 

メタバースでも「恋」は芽生える

以下は書籍『メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界』の第5章「コミュニケーションのコスプレ」より、「メタバース恋愛」の項目を抜粋したものです。


 第三に、メタバースにおける「恋愛」について見ていきましょう。恋愛が特定の相手への特別な感情や関係のことである点は、物理現実のものと違いはありません。これまで見てきたように、空間性とアバターがもたらす効果により、メタバースでは相手との距離感は近づきやすくなり、スキンシップも起こりやすくなります。メタバースでは場合によっては物理現実以上の親密なコミュニケーションが起こっています。人間である以上、そこで恋が生まれるのは至極当然のことでしょう。ただし、その性質は物理現実における恋愛と大きく異なっている部分も多く見受けられます。

 メタバースで、私達はどのような恋をするのでしょうか。

 

メタバースで恋に落ちたのは40%

 「ソーシャルVRで恋をしたことはありますか?」と聞いたところ、VRChatの場合、40%がYESでした。この数字は高いと思いますか? 低いと思いますか? その感じ方は、おそらく、メタバースでの体験をゲームだと思っているか、新しい現実そのものだと思っているかで大きく変わってくると思います。

 ソーシャルVRで人生を送っている原住民たちの何人かに意見を聞いた限りでは、この数字はある程度実感に合う数字であると言えそうです。

 「恋に落ちた」割合を条件別でみると、サービス別の違いがはっきりとしており、VRChatの40%が一番高く、clusterの21%が一番低い結果となりました。2章でみたように、VRChatはコミュニケーション自体を主目的としているユーザーが多いことがこの結果に現れていると思います。clusterは好きなVTuberに会いに行くなどのイベント用途が多く、イベントの場合、来場者同士は自由な会話を許されていないことなども理由としては考えられます。物理男女別では女性が42%と男性の38%をやや上回る結果となりました。

メタバース進化論 メタバース恋愛 ソーシャルVRでの恋(条件別)- ソーシャルVR国勢調査

 また、こちらも意外だったのがやはり地域別の結果なのですが、なんとヨーロッパの場合51%と半数を超えていることがわかりました。距離感やスキンシップでは他の二地域ほどではなかったヨーロッパですが、だからといって心理的距離が離れているというわけではないようです。やはりメタバースにおいてもコミュニケーションの仕方には大きく地域差がでると言えそうです。次点は北米の47%でした。日本は38%と、距離感は一番近かったにも関わらず、海外に比べると恋に関してはやや慎重なようです。

 「恋に落ちた」割合とユーザーの累計プレイ時間との相関関係を分析したところ、プレイ時間が長くなるほどに恋をした人の割合がどんどん増えていき、1000時間で58%と過半数を超え、5,000時間だと76%に達しました。はっきりと時間との間に「相関あり」と認められました(相関係数 r=0.43)。

 つまりメタバースで過ごす時間が長くなるにつれて、恋に落ちる人が増えていくということです。やはりメタバースを「人類が人生を過ごす新たな仮想空間」と捉えると、そこで過ごすうちにいつか恋に落ちるのは人間としては当然のことであると言えるのかもしれません。

メタバース進化論 メタバース恋愛 ソーシャルVRでの恋とプレイ時間 - ソーシャルVR国勢調査

 

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news039.jpg 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  2. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/22/news030.jpg 夫が妻に「お芋モンブラン」を作ったら放送事故発生 爆笑の結末が940万再生「夫婦そろってギャグセン高すぎ」
  5. /nl/articles/2402/22/news034.jpg 着物警察のハラスメントにプロ着付け師が物申す 「ひどい着方ね」に対するスカッとするアンサーに「よくぞ言ってくださいました」
  6. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  7. /nl/articles/2402/22/news008.jpg 2歳娘、雪遊びででっかいおにぎりを作ってニコニコ→突然の暴挙に「ほんっとに天使すぎる」「豪快w」 ママを笑わせる姿が770万再生
  8. /nl/articles/2402/22/news165.jpg 「BreakingDown」こめお、大会関係者のグラドルとX上で“場外乱闘” 「頭沸いてんのかヤリマンが」「アバズレ」
  9. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」