ニュース
» 2022年03月18日 14時35分 公開

戦慄かなの、“恩人”マツコ・デラックスと号泣2ショット公開 「もっと楽に生きていいんだよ」と涙の別れ(1/2 ページ)

暗躍してくれていたマツコさん。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントの戦慄かなのさんが3月18日にInstagramを更新。少年院上がりの過去を明かし、ブレイクのきっかけとなったトークバラエティー番組「アウト×デラックス」(フジテレビ系)が最終回を迎え、司会を務めていたマツコ・デラックスさんに感謝の気持ちを伝えました。

マツコ・デラックスとの別れに涙する戦慄かなの 最終回収録後のマツコさんと涙を抑えきれない戦慄さん(画像は戦慄かなのInstagramから)

 2018年10月から「アウト×デラックス」のレギュラーとして出演していた戦慄さん。「私の今の戦慄かなのとしての人生はアウトデラックスから全て始まりました」とブレイクのきっかけとなった番組に感謝をコメントしています。

 最終回の収録後には、マツコさんのもとに向かいお礼を伝えながら泣いてしまったそうで、マツコさんもそれにつられて涙し、戦慄さんの背中をさすりながら「あんたはもっと楽に生きていいんだよ」と言葉をかけてくれたことも明かしています。

戦慄かなのとマツコ・デラックス マツコさんと戦慄さん(画像は戦慄かなのInstagramから)

 戦慄さんは「いつだって私のことを見てくれてて何でもお見通しなんだな」とマツコさんの温かい言葉に触れてコメント。また、「ネットで叩かれまくってた時もSNSを見ていてくれて収録のたびに体調を気遣ってくれたり、私がデマの炎上でテレビに出られなくなるかもしれなかった時も芸能活動を続けられるように裏で守ったりしてくれました」とマツコさんが暗躍してくれていたことなども明かし、「『あんたの幸せが私の幸せだよ』と言ってくれたことも一生忘れません」「この3年半、マツコさんの不思議な力と優しさで何度も何度も救われてきました。感謝してもしきれません」と深い感謝の気持ちを伝えていました。

 最後に戦慄さんはスタッフや共演者へ感謝の気持ちも。今まで人との別れをこんなにも惜しんだことはないとしながら、「アウトな人間であることを肯定してくれて沢山愛でてくれてありがとう」と愛を込めてつづっています。

初めて「アウト×デラックス」に出演した際の戦慄かなの 初めて「アウト×デラックス」に出演した際の戦慄さん(画像は戦慄かなのInstagramから)

 同日、Twitterでも「ビッグママありがとう、一生すき」とマツコさんへの深い愛をツイートしていた戦慄さん。ファンからは「アウトデラックスお疲れさまでした!」と3年半のレギュラー出演をねぎらう声や「この番組見てたおかげで、出演してくれたおかげでかなのちゃんに出会えて…凄く感謝」と戦慄さんを知るきっかけなった番組や出演に踏み切った戦慄さんに感謝する声とともに、「いつかまた共演できる機会ができますように! それかいつかライブにマツコさん出演して欲しいな〜」とマツコさんと戦慄さんの再共演を望む声が寄せられていました。

 戦慄さんは高校時代に女子少年院へ送致され、1年8カ月の矯正教育を受けた後に退院。2017年には「ミスiD2018」でサバイバル賞を受賞し話題に。2018年10月に出演した「アウト×デラックス」では少年院上がりの過去を明かし、相手の指をかむことで人となりなどを当てる“指かみ性格診断”で山里亮太さんの指をかむなどインパクト大のキャラが受け、それ以降「アウト軍団」としてレギュラー出演していました。

マツコ・デラックスとの別れに涙する戦慄かなの 戦慄かなのとマツコ・デラックス 初めて「アウト×デラックス」に出演した際の戦慄かなの 「監獄レストラン ザ・ロックアップ」で1日看守を務めた戦慄かなの 「監獄レストラン ザ・ロックアップ」で1日看守を務めた戦慄かなの 「監獄レストラン ザ・ロックアップ」で1日看守を務めた戦慄かなの 「監獄レストラン ザ・ロックアップ」で1日看守を務めた戦慄かなの 「監獄レストラン ザ・ロックアップ」で1日看守を務めた戦慄かなの
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声