ニュース
» 2022年03月18日 19時15分 公開

上白石萌音、「カムカム」夫・松村北斗の再登場日に粋な投稿 “どこの国とも自由に行き来できる世界"を願う(1/2 ページ)

涙腺崩壊した回。

[Yuka,ねとらぼ]

 俳優の上白石萌音さんが3月18日、Instagramを更新。NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で上白石さん演じる安子の夫・稔(松村北斗さん)が再登場したこの日、るいの名前に込めた平和への願いを稔の言葉を引用してつづっています。

「カムカムエブリバディ」上白石萌音 るいをおぶる安子(画像は上白石萌音 公式Instagramから)

※以下ネタバレあり

 上白石さんは、安子と稔の間に生まれた娘・るいを演じる赤ちゃんを背中におぶり、「カムカムエヴリバディの世界が、50回目の終戦の日を迎えました」と作中で終戦記念日を迎えたことを報告。18日に再登場した稔のせりふになぞらえ、「どこの国とも自由に行き来できる、そんな世界であってほしいと心から願った朝でした」とるいの名前の由来と重なるメッセージを残しました。

 18日の放送回では、深津絵里さん演じる成長したるいが、稔の戦死を知って安子が泣き崩れた神社の境内へ。そこへ稔の幻が現れ、上白石さんがつづったのと同じ「どこの国とも自由に行き来できる。どこの国の音楽でも自由に聴ける。自由に演奏できる。るい、お前はそんな世界を生きとるよ」と愛のこもった言葉をかけていました。戦時中には堂々と明かせなかった思いを託され、ついに父と対面したるいは「お母さんを捜しにアメリカに行きたい」と、渡米を決意する展開に。

 再登場した稔に、視聴者は「たまらず今日は涙腺崩壊しました」「稔さんの、『るい』と呼ぶ声が優しすぎて」「もうダメ。ずっと泣きっぱなし」「父親の愛する心が生前の姿で娘に会いに来たのだと考えると涙が」と、号泣。くしくも稔が最後に登場してから現在まで大きく変化した世界情勢を鑑みて、「稔さんの大事な安子さんに会って欲しい」「どうかみんな幸せに そして、明るい未来へ」と、上白石さんのメッセージ同様「どこの国とも自由に行き来できる、そんな世界であってほしい」と、平和を願う声が寄せられています。

 同作は女性3代の100年にわたる物語。戦時中を生きる1人目のヒロイン・安子は、紆余(うよ)曲折ありながらも大好きな稔と結ばれ、幸せな新婚生活をおくっていましたが、稔が出征、戦死するという悲劇の展開に。当時視聴者からは「涙が止まりません」「まだ現実を受け入れられない」と、悲しみと戸惑いの声があふれました。

 その際も放送後にInstagramを更新していた上白石さん。るいを演じる2人の赤ちゃんを抱いたオフショットとともに「愛しい人たち。この先の日々とるいの成長、どうか見守っていてください」と“未来に向けた言葉”を贈りました。その後、安子はアメリカ兵のロバートと結婚し渡米した以降、登場していません。

「カムカムエブリバディ」上白石萌音 愛しい人たち(画像は上白石萌音 公式Instagramから)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声