レビュー
» 2022年03月20日 12時00分 公開

現実に溶け込む“ひとさじの不思議” ちょっぴり非日常なイラスト集がいつもの散歩に刺激をくれそう司書みさきの同人誌レビューノート

妄想がはかどる。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 春ですね。寒さと暖かさを行ったり来たりしながらも、道端で見掛ける水仙のつぼみは日に日に膨らんでいっています。暖かくなると身軽に外へのお出かけに心ひかれます。今回の同人誌はゆっくり歩くのが楽しくなりそうなご本です。

今回紹介する同人誌

『散歩のとき何か描きたくなって』B5 20ページ 表紙・本文 色インク刷り

『猫も歩けば土管にあたる』B5 20ページ 表紙・本文 色インク刷り

著者:ハルゾウ


同人誌の表紙同人誌の表紙 犬と猫、それぞれの散歩姿。実は裏表紙や見返しのイラストにもつながっているのですよ

日常の道にひとさじの不思議。散歩の光景を描く

 ご本はペンで描かれたイラスト集です。作者さんが住んでおられるという、やきもののまち、常滑の様子をはじめとして、実際にある景色が1枚のイラストや、4コマのマンガになっています。2冊ともタイトルに「歩」の文字が入っているように、歩いているうちに出会いそうな町、道、人々の姿……そんな日常の風景が描かれています。

 ん? でもちょっと待って。ハシビロコウが信号を待っていることって、あるかしら? そんな、普通ではまず出会えない状況もするりと“いつも”に混ざりこんでいるんです。この、ひとさじの不思議さの配分が絶妙で、猫の足跡が車に残されている、なんて、いかにもありそうな一枚もあれば、信号待ちのハシビロコウという、人生でめったに出会わなそうな光景まであって……いえ、ハシビロコウと信号待ち、現実ならめったにどころか、絶対出会わなさそうな光景ですよね。ところが、虚実の入り組み、バランスで「絶対とはいえないかも。もしかしたら散歩していたらこんなところに出会うかも」という気分になってきたんです。

同人誌『猫も歩けば土管にあたる』 おばちゃまの穏やかさと、りりしいハシビロコウさんの立ち姿よ……(『猫も歩けば土管にあたる』より)

細密なペン画とくつろぎが重なる

 もしかしたら日常にこんなことがあるかも? の気持ちを後押ししてくれるのは、町の様子が丁寧に描かれているからかもしれません。建物や植物があじわい深く、細やかに描写されます。でもそこに居る人や動物の表情は決して硬質ではなく、おだやかで優しい存在感を持っています。装丁の落ち着いたクラフトの紙の質感や、ほんの少しだけ黄みがかった本文用紙も相まって、ああ、肩の力が抜けたいつもの暮らしがある道筋なんだなぁと感じられて、ページのこちら側にもくつろぎのムードがやってきました。特徴的なベンチのある公園や城跡など、土地の特有なところも織り込まれ、そこを歩いて、眺めてみたくなってきます。

同人誌『散歩のとき何か描きたくなって』 城壁に来たら心は忍者。城跡で「御意」って言ってみたくなるじゃないですか!(『散歩のとき何か描きたくなって』より)

日々に楽しさを連れて来てくれる目線

 本当の街並みに、空想の人や動物が描かれることで「本当にありそうな、でも、今日出会えなくても、いつか出会うかも……」という楽しい気持ちがふわりとやってきます。リアルに空想を重ねると、日々がちょっぴり面白くなる、そんな目線がどのページにもありました。見知らぬ町も、見知った町も、ご本の楽しさを頭に思い描きながらのびのびと歩きたくなりました。

同人誌『猫も歩けば土管にあたる』 こんなベンチがあるのかな? かわいい散歩姿に出会いたい(『猫も歩けば土管にあたる』より)

サークル情報

Twitter:@haruzo863_ekaki

入手できる場所:BASE

次回イベント参加予定:関西コミティア64


今週の余談

 良く知っている道も、歩く時間帯によって違う顔に見えたりします。歩き始めると意外と遠くまで行くのも苦ではなくなったり。日差しもやさしいこの季節、散歩にぴったりですね。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響