ニュース
» 2022年03月25日 07時00分 公開

「しずる」村上、“青春コント”誕生の瞬間に手応え 18年の芸人人生で欠かせなかった笑いの原体験と相方・KAZMAを振り返る(2/3 ページ)

[のとほのか,ねとらぼ]

“青春コント”誕生の瞬間

――青春コントをキャッチコピーに「爆笑レッドカーペット」へ出演されていましたが、しずるのキャリアを振り返って「存在が気付かれた」「売れた」と追い風の最大瞬間風速を感じたのはいつでしたか?

 「視力検査」を初めて披露したとき、自分で言うのもなんですが、とんでもないウケ方をしたんです。それこそ本当に風を感じるくらいの衝撃でした。自分たちにハマったネタなんだろうな、ゴールデンタイムで放送される番組で披露するならこれしかないと思って、自信を持って「レッドカーペット」で披露できました。青春コントがテレビに出るきっかけになりましたし、それがなかったら「レッドカーペット」ではやっていけなかったと思います。

――『裸々』第3章ではスターダムを駆け上った当時について言及されていますが、KAZMAさんとはなんとも言えない緊張状態にあったんですね。

 僕がイニシアチブをとっていたことからコンビ間のゆがみが生まれましたね。「爆笑レッドカーペット」をきっかけに一気に認知度は高まりましたし、「爆笑レッドシアター」のメンバーと過ごした時間は有意義でした。フジテレビのゴールデンタイムで放送される番組に出演できたことも「これぞ僕が求めていたものだ」という充足感に満たされていましたが、池田との危機感という相反する気持ちが共存していた時期ではありました。

しずる村上純

――その確執がほどけた瞬間は読んでいてグッとくるものがありました。今の村上さんから見て、それぞれが作るコントにあってないものはなんだと思いますか?

 完全にお互いにあってないもの、というのはないですが、比べられたら負けるなと思うところは、池田のコントはやっぱり見たことがない、ゼロから1を作ろうと心掛けている節を感じるところです。

 もし、お互いがつぼ職人だったら、池田はきっと「何そのつぼの形」みたいなつぼを作る。例えば、下に穴を開けちゃうとか。水がこぼれるからつぼの意味をなしていないのに、「こんなつぼ見たことないでしょ」「つぼの用途としてではなくて、好きで置いておきたいから」っていう理由で作ると思うんですよ。

KAZMAさん作のコント「突入」 クオリティーが完全に映画のそれ……

全ての逆をいく男、相方・KAZMAさんの存在

――最近では「アメトーーク」で「しずる池田大好き芸人」としてKAZMAさんが取り上げられ、なかなかクレイジーな生態が話題となっていました。

 池田って素朴な見た目しているし、本来の人間性も純朴なんですけど、芸をするときだったり、面白いことをいうときはその真逆をしようとして真っ黒な発想が出てくるんです。笑いの基本は裏切りと言われることもありますが、池田がするとただただびっくりするんですよね。

――吉本興業の闇営業についてインタビューされたときに無言を貫いたらインタビュアーにボケだと気付かれなかったエピソードがありました(笑)。

 YouTubeチャンネルも目立たないように作ったのに「アメトーーク」で注目されたから消す可能性もあります(※5)。池田のそういうところを面白がってくれる人は沼です。

※5 KAZMAのYouTubeチャンネル:KAZMAさんが別名義で5つやっているが、「アメトーーク」放送終了後の反響でチャンネル登録者数が急増したことから、「もう更新ないと思います」と15日放送のラジオ番組「TOKYO SPEAKEASY」で発言。別のチャンネルを内緒で作成したことを明かした

――逆にお互い「面白い」と認識しあっていることはありますか?

 草なぎ剛さんが出演していたドラマ「TEAM」(フジテレビ系/1992年放送)は2人とも好きです。出ばやしの奥田民生さんの楽曲は僕が勝手に決めましたが、池田も好きだったことが判明しました。あとはお互い中二病ですね(笑)。池田は「RIP SLYMEを最初に見つけたのは俺だ」と言っていて、僕も「日本で最初に若槻千夏を見つけたのは俺だ」と言っていますし、そこは似ていると思います。

――「キングオブコント」優勝もコンビとしての目標なのでしょうか?

 僕は、一番になりたいというモチベーションから出場し続けています。生きていて日本一の称号をもらえることってなかなかないじゃないですか。僕が今のところ考えられる唯一の日本一になれる武器がコントなんです。

しずるが初めて決勝に進んだキングオブコント2009の1本目のコント「冥土の土産」

 ただ、池田から「優勝したい」って聞いたことはないです。むしろ「優勝はいらない」っていう“逆”をいってますからね。ただ、決勝に負けて泣いていたこともありましたし、熱くなっているところを見せたくないだけかもしれません。この本も絶対読まないと思いますが、その逆をいって読む可能性もあります。一番近くにいる人間なのに一番分からないです。

――全く読めない人だ……。最後に、村上さんから見て、この要素を満たしていれば「しずるのコントだ」と言えるものはなんですか?

 僕の目線になりますが、「意味が分からないこと」。なんで笑っているのか分からないけど面白いものを自分が好きだからということもありますが、分からない、理解できないことって僕にとってはネガティブではなくて、新しいことを知るきっかけになるワクワクすることなんです。だから科学できないものであってほしいし、ちょっと消化不良のような気持ち悪さが残ってほしい。分かりやすい笑いが得意ではないとも言えますが、例えばしずるのコントを見て、「なんだったんだあれ」と後で思い出してもらえるとうれしいです。

書籍概要

タイトル:裸々(らら)

著者:しずる・村上純

イラスト/デザイン:WALNUT/名久井直子

発売日 :2022年3月25日(金)

定価:1870円

書籍仕様:四六判 / 344ページ

出版社:発行:ドワンゴ 発売:KADOKAWA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」