ニュース
» 2022年03月29日 19時20分 公開

「夢を壊すための裁判ではなく、守るための裁判」「今でもディズニーを愛している」 東京ディズニーランド出演者訴訟、判決受け原告が会見(1/3 ページ)

「安全配慮義務違反」と「パワーハラスメント」を訴えた裁判、争点は――。

[Kikka,ねとらぼ]

 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で“キャラクター出演者”としてショーやパレードに出演していた女性が、「安全配慮義務違反」と「パワーハラスメント」を訴えた裁判で、千葉地裁(内野俊夫裁判長)は3月29日、運営会社のオリエンタルランド社に対し88万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。これを受け、原告Bさん及び弁護団が千葉市内で会見を行いました。

東京ディズニーランド TDL オリエンタルランド 判決を受け、会見するBさんと弁護団、なのはなユニオン(プライバシーに配慮し、一部画像にモザイク処理をしています)

判決の概要

 原告はともにディズニーランドでコスチュームを着用する“キャラクター出演者”として働いていた女性、AさんとBさん。裁判中にAさんとBさんの訴えが分離されたためAさんの裁判は継続中ですが、Bさんの裁判について千葉地裁は、「安全配慮義務違反」を認定。オリエンタルランド社に対して、Bさんの精神的苦痛に対する慰謝料80万円と弁護費用8万円、合計88万円を支払うように言い渡しました。

裁判の要点

東京ディズニーランド TDL オリエンタルランド 原告弁護団の三宅貞信弁護士(千葉市民共同法律事務所)

 Bさんは今回の裁判で8つの事象をパワハラとして訴えていました。

 これらについて、原告弁護団の三宅貞信弁護士(千葉市民共同法律事務所)は「(1)ゲスト(来場客)とのふれあい時に右手薬指を故意に反対側にひねられてねんざを負うという事象が発生し、その後けがをした際のキャラクターを演じることに強い精神的苦痛を感じると申し出たBさんに対し同一キャラクターでの出演を強要したこと」「(2)懇親会中に不適切なセクハラ発言があったこと」「(3)Bさんが特定のキャラクターについて出演できない状況がワガママだとされ、いじめに近い行為を受けたこと」と大きく3つに分類できると説明。

 オリエンタルランド社側が「安全配慮義務の一環として出演者雇用契約上、心身の状況に応じて仕事の内容を調整したり、職場関係の調整をしたりする義務を負っていたものの、職場の人間関係の調整を怠った」と地裁が認定したものとの理解を示しました。

 特に、“キャラクター出演者”という特殊な立場上、潜在的に競争関係にあり、軋轢(あつれき)が生じやすい職場環境になってしまっていた中で、「従業員が人間関係に困っていて配慮を求めている場合には、他の出演者に事情を説明するなどしたうえで人間関係を調整し、職場で孤立しないようにする必要がある」と“人間関係に着目”し、踏み込んだ判断を地裁が行ったと評価しました。

 一方で、ゲストの行動に起因するケガを負った暴行事件、および、従業員の1人から原告Bさんの「心の弱さ」を指摘する発言があったこと、他の出演者から理解を得るためにBさんが過呼吸を起こしたことを謝罪する手紙を送った際に同僚に破り捨てられるなどの行動等、一部は事実と認定されつつ、的確な証拠がないことなどから、一つ一つの事象が社会通念上違法とまではいえないと判断されたことも説明。

東京ディズニーランド TDL オリエンタルランド 被害者弁護団の廣瀬理夫弁護士(渚法律事務所)

 被害者弁護団の廣瀬理夫弁護士(渚法律事務所)は、「主張してきたことが大まかには裁判所に認められた。訴訟を続けることが目的ではないので、判決を十分読んだうえで今後の対応を判断することになる」とコメントしました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  7. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声