ニュース
» 2022年03月31日 18時00分 公開

「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」花江夏樹×飯田里穂が語る劇場版の意義 「最初は映画化で何をするのかなって思ったり」(1/2 ページ)

現在の作品人気に花江さん「伝わったなぁ……!」。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 2021年4月から6月にかけて放送し、擬人化した愛らしい動物キャラたちと、社会の闇を反映したサスペンスフルなストーリーが話題となったテレビアニメ「オッドタクシー」。中年タクシードライバー・小戸川を主人公に据え、クセのある乗客や友人知人たちとの軽妙なやりとりが“練馬の女子高生”失踪事件へと結び付いていく巧みな脚本も相まって多くの視聴者を引きつけました。

 公式YouTubeチャンネルとも連動した衝撃ラストの興奮冷めやらぬ中、「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」の4月1日公開が早くも決定。同作では、登場キャラ17人の証言を基にテレビ版のエピソードを別角度から再構成するとともに、“あのラストの続き”を描くとしています。

 「オッドタクシー」主人公にして謎の鍵を握る小戸川を演じた花江夏樹さん、小戸川に好意を見せるアルパカの看護師にしてヒロインの白川を演じた飯田里穂さんのお2人に、「オッドタクシー」というアニメ作品の新しさと面白さをたっぷりうかがいました。

「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」主演の花江夏樹と飯田里穂 「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」主演を務めた花江夏樹さんと飯田里穂さん(写真撮影:じゅげむ

花江さんとのやりとりは「神様と話しているような雰囲気」

―― お2人とも「オッドタクシー」以前は、あまり一緒の現場になったことがない、とうかがいました。同作はかなり長丁場の現場となりましたが、お互いのイメージはどう変わりましたか?

花江夏樹(以下、花江) 僕の中での飯田さんは「すごくきらびやかなイメージ」。でも、実際にお会いして想像よりも身近な印象に変わりましたね。

飯田里穂(以下、飯田) えっ、うれしい!

―― 飯田さんの方はいかがですか?

飯田 私も今までお会いしたことがなかったので、作品から受ける印象がやっぱり強くって。王道ド真ん中の主人公を演じられていることが多いので、自分からみんなを「ついてきて!」ってぐいぐい引っ張っていくタイプなのかなって。

 実際は、いつ見てもにこやかで優しいオーラをまとっていて。「おはようございます」ってあいさつしたら、(温かい口調で)「おはようございます」って、もう神様と話しているような雰囲気です!

―― だいぶ大きな存在になりましたね(笑)。

飯田 仕事でお会いしに行っているというより、癒やされに行っているみたいな感じでした(笑)。

―― (笑)。担当キャラが擬人化した動物でしたが、演じる上で他の作品と違って難しい、または面白いと感じた点は?

花江 セイウチの見た目に加えて、演じたことがないタイプの声だったので、最初はわりと低めの声にしたんです。でも、木下(麦)監督からは「あまり低くしなくていい」と言われたので、結果的には無理のない範囲の低音に落ち着きました。

 また、小戸川はあんまり人に話し掛けないタイプ。「会話していてもあんまり会話していないように」というディレクションも受けました。結構僕1人で収録していたんですけど、それが逆に役へ入りやすくもあったのかな?

飯田 「本当に難しかったな」と思う箇所が、振り返ってみたらかなりありました。私の場合、監督からは「隣の人と会話をしているぐらいナチュラルな感じで」というお話をいただいたんですけど、それが一番難しくって! お芝居をする上でどうしても色を付けたくなっちゃうじゃないですか?

 最初の演技で「ちょっと違うからこういうやり方してもらえますか?」と言われて、役作りの部分で結構トライさせていただいて。1話の終わり時点でもまだ分かり切れてなかったので、剛力役の木村(良平)さんに相談したりしまして(笑)。演じている中から「要素を抜いていく」作業が難しかったです。

「映画 オッドタクシー イン・ザ・ウッズ」主演の花江夏樹と飯田里穂 (写真撮影:じゅげむ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声