ニュース
» 2022年03月31日 19時30分 公開

大拡充に期待! 「電動バイク」花盛り、モーターサイクルショー2022でもキラリと存在感(1/2 ページ)

ちょい乗り街乗りから、スポーツ系、モンスターまで。ちょい乗り系は10万円台くらいで買える程度になると「おっ! これはどう?」ですよね!

[大泉勝彦, ねとらぼ編集部,ねとらぼ]

 おぉぉ〜! 期待の「電動バイク」もかなりあるじゃないですか! 3年ぶりに開催された二輪車の大型イベント、東京モーターサイクルショー2022では、主要バイクメーカーのほか、勢いがある新興メーカーや海外ブランドの日本代理店発となる「電動バイク」の展示もかなり目立ちました。

 ここでは、用途が合えばかなり欲しくなってしまいそうな「個人が実際に買えるモデル」を中心に、モーターサイクルショーで展示されていた最新仕様のわくわく電動バイクをざっとチェックしていきましょう。

電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク 電動バイク

通勤通学日常使いに 「16万9400円から」のお手軽電動スクーター GOCCIA GEV600

 まず「お、この価格帯ならばどうよ!」と感じたのは、原付免許で乗れるシンプルスタイルの電動スクーター「GOCCIA(ゴッチア) GEV600」です。日本ではプロトが国内代理店となり、日本で販売していく計画です。

電動バイク シンプルスタイルの電動スクーター「GOCCIA GEV600」。古い世代だと、パッソルなどのような足元すっきり細身なスクーターを思い出すシンプルスタイル具合だ

 GOCCIA GEV600は、1回の充電で最長70キロ走れる原付一種区分(定格0.6kWまで)の電動スクーター。駆動用のモーターを後輪に内蔵したハブモーター仕様で、駆動部もすっきりでほぼメンテナンスフリーなのがウリとうたいます。

 バッテリーは着脱式仕様で、帰宅したら自宅の家庭用コンセントで充電すればOKです。国内メーカー製の電動アシスト自転車よりももしかして安価な、16万9400円からという価格帯を実現します。このくらいの価格ならば「お!」と思う人、多いのではないでしょうか。

電動バイクブランド「XEAM」、どかんと20車種を展示 時速200キロに達するモンスターも

 日本市場でも注力的にラインアップを増やしているMSソリューションズによる電動バイクブランド「XEAM(ジーム)」(関連記事)。モーターサイクルショー2022では、同ブランドが取り扱う電動バイクをドカンと6シリーズ20車種も展示しました。

電動バイク 20車種もの電動バイクを出展した「XEAM」ブース

 ラインアップは「SUPER SOCO」「niu」「TROMOX」「Zero Motorcycles」「Vmoto」など、スクータースタイルからスポーツネイキッド、モトクロス系、カフェレーサー、大型二輪区分となる高性能志向のフルカウルスポーツまで、既にかなりそろっています。「へぇ、電動にもこんなすごそうなのが既にあるんだ」などと、それぞれのモデルの魅力を興味深く聞く来場者の姿が絶えず見られました。

電動バイク 日本初上陸車として披露した「TROMOX UKKO S」。車重約110キロ、モーター定格1kW。原付二種クラスのグロムのような、ミニバイク的街乗り用途に快適そう
電動バイク ネイキッドスタイルの「SUPER SOCO TC」。車格は250ccクラスの中型二輪。何となくGB350のような……。レトロ風スタイルがかなりかっこいい
電動バイク 大型二輪区分となる高出力モーターを備えたフルカウルスポーツ「Zero Motorcycles SR/S」。モーター出力は最大82kW(110馬力)で最高速は時速200キロ。最大航続距離は306キロ。価格は294万9800円から

あえてMT+クラッチを搭載! MOTORISTSオリジナル開発の電動バイク「VMX12」

電動バイク オリジナル開発モデルを初展示したMOTORISTS

 海外ブランドバイクの国内代理店・MOTORISTSは、中国のパートナー企業と開発を進めているというオリジナルの電動バイク「VMX12(コンセプトモデル)」を披露しました。

電動バイク 軽快そうなオフロード/トライアルスタイルの「VMX12」。出力は12kW。電動パワートレインながら、操る・制御する楽しさ・味わいを高めるため、マニュアルトランスミッションとクラッチをあえて備えた。予価は66万円。かなり楽しそうなので、これをベースに例えばセローのような長距離ツーリング対応仕様などにも発展していってほしいところ

 このほか、オーストラリアKSRグループによる新ブランド「MOTRON(モートロン)」、スペインの電動バイクメーカー「TORROT(トロット)」製のキッズライダー向けなど、同社が輸入を手掛ける電動バイクもいろいろ展示していました。

電動バイク 新ブランド「MOTRON」も披露。スーパーカブっぽいのに最新の電動か……これも気になる
電動バイク 「TORROT(トロット)」のキッズ向け電動バイク。モトクロス、スーパーモト、トライアルバイクの3モデルを展開する。これに乗る子が大人になるころには、恐らく電動バイクはもう一般的になっていることでしょう


 2022年のモーターサイクルショーは4月8日〜10日に名古屋でも開催(関連記事)。中部・名古屋エリアの人はぜひこちらでも!

大泉勝彦



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響