ニュース
» 2022年04月01日 20時50分 公開

ラブリ、強制わいせつ疑惑に不起訴処分 8カ月ぶりのインスタ投稿で一部報道へ「深い憤りに震えた」

2021年1月に知人女性への性加害を報じられていました。

[斉藤賢弘,ねとらぼ]

 強制わいせつの疑いが掛けられたモデルのラブリさんが4月1日にInstagramを更新。3月31日付で嫌疑不十分を理由に不起訴処分となったことを受け、この一件を報じた「週刊文春」の姿勢を厳しく批判しています。

「週刊文春」を非難したラブリ 不起訴処分となったラブリさん(画像はラブリInstagramから)

 「週刊文春電子版」は2021年1月20日に、ラブリさんの知人女性が強制わいせつの被害を受けたと訴える記事を掲載。ラブリさんが進めるプロジェクトの責任者を務めていた女性は、2019年5月にホテルへ宿泊した際、性被害を受けたとしており、重度のPTSD(心的外傷ストレス障害)で自宅療養することになったとのこと。8月に被害届と告訴状を提出した結果、ラブリさんは2020年3月に書類送検されたといいます。

 なお、ラブリさん側は「客観的事実はこちらの認識とは違います」「犯罪行為はありませんでした」と強調しつつ、慰謝料ではなく解決金として500万円を支払うとしましたが、女性は示談を拒否したとのこと。捜査中の案件が不起訴になった場合は、検察審査会に審査を申し立てるとしたそうです。

 ラブリさんは報道の後、2021年7月に情報配信サービス「note」へ長文を掲載。「週刊文春」の当該記事を「事実とあまりにもかけ離れているし、嘘で綺麗に固められてしまっている」「聞いといて、逃げて、聞いたことをゴミ箱に捨てて知らんぷりで出すってあんまりだよ」と非難し、「私はこれまでの私という時間を失った。正直とてもじゃないくらい傷ついた」と半年間の間に受けたダメージの深さをつづっていました。

 「週刊文春」の記事掲載から1年以上経過し、強制わいせつ疑惑に不起訴処分が下った後、ラブリさんはおよそ8カ月ぶりにInstagramを更新。

 「今日という日を待っていました」「お伝えするまでに長い時間が経ちましたが今日という日まで伝えたい言葉を忘れたことはありません」と前置きした上で、今回の一件を“あまりにも私の理解を超えたもの”だとし、「可能な限り相手方を理解しようと試みましたが、対話は叶いませんでした」「相手方から代理人弁護士を通して一度目の金銭の要求があり、それを拒んだ直後、週刊誌に報道されてしまいました」と、自身の視点から報道に至るまでの経緯を説明しました。

 「週刊文春」に対しては、資料を提示しつつ誠意を持って対応したにもかかわらず、“いわゆる数字が取れる方向で書かれた事実とは異なる卑劣な記事”を掲載されたといい、「深い憤りに震えた瞬間を今も覚えています」と当時の心情を赤裸々に回想。

 「正義を差し出す場所を一歩間違えてしまえば、誠実な心は満たされず、むしろ正義とはかけ離れ、歪んだ空気が自らに逆流し続けてしまうのではないでしょうか」とその報道姿勢を厳しく批判するとともに、家族に平穏な時間が戻ってくることに安堵(あんど)していました。

ラブリと夫の米倉強太 ラブリさんと映像作家の夫・米倉強太さん(画像はラブリInstagramから)
ラブリと娘 娘との2ショット(画像はラブリInstagramから)

関連キーワード

週刊文春 | わいせつ事件・情報 | 雑誌


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響