ニュース
» 2022年04月03日 11時30分 公開

「小学一年生が描いたとは!!!」「小1の絵には見えない」 女の子が描いた“セミとり”の絵のすごすぎるアングルに43万件超えの「いいね」(1/2 ページ)

真剣勝負の一瞬を捉えた作品。

[Kamihara,ねとらぼ]

 7歳の娘が描いた“セミとり”の絵がTwitterで紹介され、「小1の絵には見えない!」と43万件の「いいね」を集めるなど大きな話題になっています。たくさんの人の心を捉えた子どもの作品とは……?

 このツイートを投稿したのは、アートディレクターの光嶋崇(@KoshimaTakashi)さん。「娘の絵、アングルがすごい」というコメントともに紹介しているのは、7歳の娘さんが描いた“セミとり”の絵です。

 画用紙の右側には、木に止まった大きなセミが1匹、そして左側には、セミを取ろうと網を構える女の子と虫カゴ、簡略化された草が描かれています。遠近法により、大きなセミは目の前に止まり、女の子は少し離れて後ろ側に立っているように見えます。

 光嶋さんによると、地面に描かれた草は、娘さん本人が図書館で見た絵本のアイデアを取り入れたとのこと。また、前景と後景はタッチを変えているように見えますが、「休憩したら偶然そうなっただけ」なのだそうです。

アート 7歳の娘が描いた“セミとり”の絵

 今にも女の子とセミが動き出しそうな躍動感のある絵は、43万件を超える「いいね」と4万件のリツイートなど、大きな反響を呼んでいます。

 この絵は「夏休みの思い出」というテーマで2021年のコンクールに応募した作品なのだそうです。結果は残念ながら落選でした。しかし光嶋さんは「43万いいね!は、Webやデザインのプロの私が一生かかっても獲得不可能な数字です」とコメントしています。娘さんも、Twitterで多くの人に気に入ってもらえて喜んでいるとのこと。

 光嶋さんの娘さんはすでに10カ国での生活を経験しており、ルーブル美術館をはじめ国内外のさまざまな美術館や博物館などを訪問し芸術作品を数多く見て学んでいるのだそうです。

 部屋の壁には、モナリザ、キース・ヘリング、浮世絵、バンクシーなどの作品と、自分の作品をいっしょに飾っているのだとか。光嶋さんの家系にはクリエイターや芸術家が多く、娘さんも日常的にものづくりやアイデアに触れられる環境で育っているそうです。完成度の高い作品に仕上がった理由は、日々学べる環境にあるのかもしれませんね。

 Twitterを見た人からは「小学一年生が描いたとは!!!」「アングルもすごいけど、遠近感、女の子の体勢、網の感じ、虫かごの立体感、セミの羽根などなど、小1の絵には見えない」といった声が寄せられていました。

 光嶋さんは、「『セミとり』は歌川広重の冨士三十六景『武蔵小金井』や名所江戸百景『水道橋駿河台』の構図の影響が感じられます。主題をとにかく大きく描いて一瞬で人の目を引き、視線をずらすとドラマを感じる空間に入る。生き物の目線には魂が込められ、動きは一瞬を捉えています。セミの足をよく見るとそっと右へ動いているようにも見えます。小さな虫カゴを見ている私たちは、セミの気持ちにもなれそうです」とわが子の作品を鑑賞しています。あらためて絵を見ると、また違った楽しみ方ができそうです。

 また、光嶋さんのTwitterでは、娘さんが描いた他の作品も紹介されています。「図工のモチーフが渋い小1」というコメントとともに紹介されているのは、弥生土器の絵と青銅(せいどう)の鏡の絵。色合いや模様など、特徴をよくつかんでいますね。

アート 弥生土器の絵
アート 青銅(せいどう)の鏡の絵

 “セミとり”という子どもらしい体験をもとにした作品から、古代の土器という渋めの作品まで、鋭い観察眼で描く7歳の女の子。今後はどんな作品を描くのか、とても楽しみですね。

 なお、“セミとり”の作品はNFTで販売中。収益の一部は戦争で困っている子どもたちに寄付する予定だそうです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声