ニュース
» 2022年04月03日 19時00分 公開

ついにゴール 銀シャリ鰻、納車ほやほやハンターカブで「鈴鹿→東京」の無謀旅 「次は北海道や!」(1/2 ページ)

やりきった。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 お笑いコンビ「銀シャリ」の鰻和弘さんが、自身のYouTubeチャンネル「銀シャリチャンネル【公式】」を更新。三重県鈴鹿市で買ったハンターカブで、そのまま東京へ帰るバイク旅……を成し遂げた様子を披露しました。

ハンターカブを購入した鰻さん 納車されたハンターカブでそのまま東京まで、過酷なバイク旅を敢行してしまった鰻さん(銀シャリチャンネル【公式】より、以下同)
ハンターカブを購入した鰻さん 空腹との戦いもあり 深夜のサウナへ突撃! ハンターカブは自動車専用道路を走れない ついに東京へ!
【鰻バイク】鈴鹿から東京バイク旅ついにゴール!(YouTube/銀シャリチャンネル【公式】)

 鰻さんは、長年親しんだ原付スーパーカブからの乗り換えを決意し、一発試験で二輪免許を取得(関連記事)。欲しかったCT125ハンターカブを住まいから遠く離れた三重県鈴鹿市のお店で購入し、受けとって「そのまま」東京まで約440キロ。寒い季節に果敢にも自走して帰るという旅を敢行しました(関連記事)

 一応、125ccのハンターカブは高速道路を走れません。全て下道、単純計算で時速40キロで走り続けたとしても軽く11時間以上、しかも真冬に……。「東京で仕事あんねんから、そこまでのんびりもできない」。ひぇぇ〜。

(続き)【鰻バイク】愛知から静岡でトラブル発生!?(YouTube/銀シャリチャンネル【公式】)
(続き)【鰻バイク】バイク旅も折り返し!サウナの聖地に行く!(YouTube/銀シャリチャンネル【公式】)
(続き)【鰻バイク】富士山を背に静岡を走り抜ける!(YouTube/銀シャリチャンネル【公式】)

 三重県から愛知県、静岡県へ。真冬の寒さに耐え、空腹も我慢しながら「さすがに疲れた」とヘトヘト。深夜のファミレスやサウナで疲れを癒やして「生き返りました!」。バイク旅はまだまだ続きます。

空腹との戦いもあり 空腹と戦い……
深夜のサウナへ突撃! 深夜のサウナで疲れを癒やす。おぉぉサウナの聖地とあがめられる静岡の「サウナしきじ」だ
【鰻バイク】絶景あり?激怒あり?箱根と大磯を走る!(YouTube/銀シャリチャンネル【公式】)

 関東圏の神奈川県に入るとゴールも見えてきます。パワフルになった愛車で箱根の山を越え、湘南エリアの景色がきれいな海岸線を走るぞーと意気込みます。しかし、「あかん! こっから自動車専用道路や」。

 西湘バイパスは自動車専用道路。125ccまでの原付一種、二種バイクは通行できません。一部の側道歩道は歩行者、自転車のみが通れます。「え、ほんなら俺のハンターカブだけここ通られへんのかー。なんやねん。厳しいって大磯」。きれいな景色を走ってスカッとしたかったのに残念。料金所ゲートがなく一般道からそのまま入れてしまうのでときに原付ライダーはびっくりすることもありますが、二輪車通行禁止の道路も意外といろいろあります。

ハンターカブは自動車専用道路を走れない 原付二種のハンターカブは走れず、西湘バイパスは断念

 こうして東京に到着。長かった……(動画も)。走行距離は約440キロでした。

 納車後即、そのまま長距離旅しちゃうという一見無謀なチャレンジでしたが、すぐに慣れて愛着が沸いたようです。なるほど、こういうバイクとの初ふれあいの方法もありですね。「この性能をもっと試したいな」「次は北海道に行くぞ!」と今後の野望も語っていました。カブと一緒ならどこまでも行けそうです。

ついに東京へ! ついにゴールの東京に到着!

 ファンからも「お疲れさまでした!」「今後のバイク旅も見たいです」「のんびり雰囲気がよかった」など、いろいろ寄り道しながらののんびりバイク旅に共感した声も多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」