ニュース
» 2022年04月07日 20時31分 公開

「ビジュが神ってる」「オーラ半端ない」 上白石萌音&上白石萌歌&浜辺美波、11年ぶり“シンデレラ3ショット”が眩しすぎる(1/2 ページ)

6年ぶりとなる「東宝シンデレラ」オーディションの開催が発表されました。

[Yuka,ねとらぼ]

 俳優の長澤まさみさんや上白石萌歌さん、上白石萌音さん、浜辺美波さんらを輩出した「東宝シンデレラ」オーディションが6年ぶりに開催が決定。これを受け、萌歌さん、萌音さん、浜辺さんがTwitterで自身の思いや呼びかけを投稿しました。なお、今回は男性オーディション「TOHO NEW FACE」が始動することも発表されています。

上白石萌歌、上白石萌音、浜辺美波 左から萌音さん、萌歌さん、浜辺さん (C)2022 東宝・東宝芸能

 2011年の第7回グランプリを受賞した萌歌さんは「11年前に受けた東宝シンデレラオーディション。思えば大切な分岐点でした」と、オーディションが自身のスタート地点となったことを告白。人前に出ることが苦手だったという萌歌さんは、姉・萌音さんと一緒だからという理由で思い切って応募したそうです。「沢山の宝物のような出会いと経験をさせていただきました。間違いなくあの時の決断が私を大きく変えてくれました」と公式リリースでコメント、「みなさまの大きな一歩、お待ちしております」とTwitterでも声をかけました。

 そして同じく第7回で審査員特別賞を受賞した萌音さんは、ポスターのオフショットとともに「なりたい私になりませんかーっっ」と元気よくツイート。歌と踊りが大好きだった萌音さんのオーディションのきっかけは、習い事の先生が勧めてくださったとのこと。萌歌さんと同じ様に「あの頃の学びは宝物です」と思いをつづり、「このオーディションで、本当に人生が変わりました。どうかじっくり考えて、心が決まったら、一歩を踏み出してみてください」と公式リリースで呼びかけています。

 浜辺さんは、第7回でニュージェネレーション賞を受賞。「なりたい私になる。そんなかっこいいことはまだまだ言えませんが、皆様のご応募をお待ちしております」と、今も「なりたい私」に向かっている途中であることを表しながらツイート。オーディションは気まぐれの1歩だと言い「夢をみつけることができ、そして夢をみさせていただいています」と感謝si,「夢があるから、だけではない、私はそうではなかったからこそ、なんてことのないささやかな理由のあなたの1歩を心から応援しております」とコメントしています。

 オーディンション告知ポスターと映像には、萌歌さん、萌音さん、浜辺さんが出演。11年前のオーディション以来となるますます美しくなった3人の共演に、ファンからは「ビジュが神ってる」「美女3人! オーラ半端ないね!」「それぞれの麗しさが重なりあって圧巻」「ポスターが眩しすぎて見えません」「御三方とも確かに『シンデレラ』です」と、圧倒される声が寄せられました。

 1984年に東宝創立50周年記念イベントとして始まった「東宝シンデレラ」オーディションは、初代シンデレラに沢口靖子さん、4代目に野波麻帆さん、5代目に長澤まさみさん、8代目に福本莉子さんと、第一線で活躍する女優を数多く生みだしている一大オーディションです。今回は、1946年から60年代後半にかけて開催された「東宝ニューフェイス」を引き継ぎ、男性オーディション「TOHO NEW FACE」が始動することも発表されています。

「TOHO NEW FACE」 「TOHO NEW FACE」 (C)2022 東宝・東宝芸能
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響