ニュース
» 2022年04月09日 18時00分 公開

日本語の「助かる」、海外ネットミームになっていた 海の向こうで「seiso(清楚)」「草」が使われているという報告も(1/2 ページ)

インターネットだぜ!

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 日常のハッとするような気付きを与えてくれるツイートを、イラストとともにご紹介する企画「その視点はなかった」。今回は「海外のネットユーザーから届いた謎の言葉」について調べてみたところ、それには思いもよらぬ語源があった、というものです。


その視点はなかった 国語辞書の意味とはちょっと違うけど(イラスト:宇宙野悠

海外ネットユーザーの発言「TSKR」の意味は?

海外ネキが私の絵に「TSKR」って書いてある画像でリプライしてて、何という意味だろうと思って言葉の意味を調べたら「meaning "You saved me"」「Tasukaru」って書いてあって草 日本語じゃね〜か

(レマさんのツイートより)

 レマさん(@Reman_Kamuy)のイラストに寄せられたという、海外女性からのリプライ。そこには画像で「TSKR」と書かれていたものの、レマさんには意味が分からず調べてみたといいます。すると「TSKRとは、あなたは私を助けてくれた、という意味」だったそうで、つまり「助かる(TaSuKaRu)」をローマ字で書いた際の頭文字を並べたもの……日本語から来たネットスラングだったのでした。

 この「TSKR」は「これが欲しかった」「大丈夫、むしろありがたい」というような意味合い。ちなみに、日本国内でも「助かる」というフレーズは、特にVtuber関連で使われるネットスラングとして知られています。推測ですが、順番を考えると「日本のネットユーザーが『助かる』を使う→海外でも使われるようになった」と考えるのが自然でしょうか。

 このツイートにネット上では「海外Vtuberをよく見ているが、seiso(清楚)もそのまま通じる」「中国の動画サイトで『草』が使われている」と、その他の“日本生まれの海外ネットミームの実例”を紹介する声などが寄せられています。

記事:たけしな竜美(@t23_tksn

人気の【その視点はなかった】

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響