ニュース
» 2022年04月18日 18時00分 公開

ババアと呼ばれ傷付く時期はもう過ぎた アラフィフ新人アイドル「GoziU」に話を聞いたらめちゃくちゃタメになった(1/2 ページ)

何かを始めるのに遅すぎることなんてない。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 アイドル戦国時代も今や昔の2022年、メンバー全員がアラフィフという異色のアイドル「GoziU(ゴジユウ)」が誕生しました。

GoziU 「GoziU(ゴジユウ)」(写真撮影:じゅげむ
GoziU 「GoziU」ぴろりん 「GoziU」Kyoko 「GoziU」おみつ 「GoziU」もものり 「GoziU」オーディション 「GoziU」Miyuki

 3月初旬にネットでニュースになると、勢いのままシングルリリースを目指した目標金額300万円のクラウドファンディングも14日の期限で見事に達成するほど話題となり一躍時の人に。ねとらぼは3月下旬、セカンドシングルのレコーディング中のスタジオを訪ね、メンバーのぴろりんさん、おみつさん、もものりさん、Kyokoさん、Miyukiさんとプロデューサーに話を聞きました。

めちゃくちゃ21世紀っぽい 「Clubhouse」で集まった赤の他人がアイドルグループに

 5人のメンバーは職業や経歴もさまざまで、居住地域もバラバラ。既婚子持ちのメンバーもいれば、結婚しているものの子どもはいない、または未婚と状況も異なります。そんなメンバーを結び付けたのは音声SNS「Clubhouse」だったといいます。

ーー Clubhouseで出会ってグループ結成に至ったとお聞きしました。

ぴろりん まず、Clubhouse上で私とKyokoさんを含む雑談グループがあり、そこへプロデューサーのYOHEIさんが加わりました。本当に毎日ばかな話ばかりしていて、「NiziUってあるじゃないですか。じゃあGoziUってどうですか、作りませんか」「作りますやります!」って乗っかったんです。

ーー まさかの駄じゃれきっかけ……。

ぴろりん そしてメンバー2人じゃ足りないと、おみつさんに声をかけて。そこへClubhouseでのオーディションで募ったメンバーを加え現在のGoziUになりました。

「GoziU」ぴろりん ぴろりんさん「本業はGoziUです。副業で俳優とブロガーをやっています」(写真撮影:じゅげむ

ーー 早くもここまで濃い話ばかりですが、それまではお互い全く知らない仲だったんですよね?

ぴろりん Clubhouseを始める前までは、全く知らない人です。

Miyuki 赤の他人でございます。

厳しい意見は「無料広告」 アラフィフならではのしたたかさ

 結成時は8人組だったGoziU。シングルリリースとミュージックビデオ制作を目指したクラウドファンディングが注目を集め、目標を達成し順風満帆に見える一方で、インタビュー時点までに3人のメンバーとたもとを分かっています。その理由はSNSでの誹謗(ひぼう)中傷や、予想外に反響を得たことへの戸惑いが理由だといいます。

ーー クラウドファンディングという手段を取った理由を“社会実験”と説明されていますね。

ぴろりん Clubhouseからグループを結成して歌を作り次はMVを出しましょう、という流れになった。歌詞も過激で世の中に逆らったようなグループに世間は賛同や賛成を示してくれるのか。もしくは批判ばかりを浴びてしまうのか。そういうところを知りたかったです。

ーー SNSでは否定的な意見も見られましたが、自ら返信対応する姿には年齢を重ねた余裕がうかがえます。ネガティブな意見をどう捉えていますか?

ぴろりん ネガティブな意見を発してくださっているのは、それだけ一度は私たちに注目してくださっているわけですから、そこはやっぱりありがたいじゃないですか。ツイートしてくださっているのであれば応えなくちゃいけない。

 もちろん応援のコメントにも応えますけど、ババアといわれれば「はい、ババアです」とリプしますよ。「25歳です」とか「ハタチです」とはいきません。無料で宣伝してくれてありがとうと喜んでいます。

Kyoko 「痛い」と言われると「痛くてごめんなさいね〜」って。「おばちゃんだけど頑張ります」って返すと、「ご本人様ありがとうございます」とコミュニケーションが取れる。傷つく年齢はもう乗り越えてきています。若いアイドルには誹謗中傷で病んでしまう方もいますが、私たちはもうそういうことで悩む年代でもなく、おいしいとかうれしいと感じます。

もものり そう、1日は24時間、決まった時間しかない中で私たちのこと考えてくれていることがうれしいです。

ーー なんというか、たくましいですね……!

Kyoko これがアラフィフなんですよ! 10代で表舞台に出て有名になってしまうと、心がついてこないこともあるんでしょう。(GoziUから)抜けた3人は、急に知名度が上がり話題にしていただいたことで、自分のブランディングや仕事に影響があるとひるんでしまった。今は楽しめているメンバーが残った。かといって炎上こい! ってことではないんですけど(笑)、まぁ、ありがたくね。

「GoziU」Kyoko Kyokoさん「肩書きは会社役員です。で、アイドルをやらせていただいています」(写真撮影:じゅげむ

ぴろりん アラフィフ中のアラフィフですから。覚悟の決まったメンバーが残ったということで、クラファンに向けて一致団結できた側面もありました。「やっぱり辞めます」と言われ引き留めた人もいれば、引き留めなかった人もいて。メンバーの脱退をバネにして、より一層、目標を達成してやるという気持ちになりましたし、なれましたね。

ーー 目標は見事に達成されています。ここまでを振り返っていかがでしょうか?

ぴろりん この2年、世の中がずっと暗かった。社会全体がくすぶっている状況では、私たち個々の力では何もできない。でもねじれてアラフィフになった人間たちが世の中に逆らおうとして、「やっちゃおう! やっちゃえ!」という勢いのまま集まって今に至ります。

 世の中を明るくできるのか、暗くなってしまうのか。実験として結果が出ていないので分からないですけど、何かを変える、何かをひっくり返してやろうという気持ちは変わらずにやっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声