レビュー
» 2022年04月17日 12時00分 公開

台湾に行けないから関西圏のホテルに泊まってきた 1年半のホテル巡りが同人誌になるまで司書みさきの同人誌レビューノート

机の使いやすさに目線を向け、40件を自腹レビュー。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 春の訪れと時を同じくするように、あちこちの観光地の話題も耳にするようになってきました。感染症が流行しはじめてから月日がたち、暮らしも、楽しみも、まだまだ手探りながら、少しずつ前へ進み始めているように感じるこの頃です。こちらの同人誌の表紙には大きく「台湾」の文字が。あら! もう国外に遠征のご本が? と思ったら、そのあとに「に行けないから近所のホテルに泊まって同人誌を作ってました」と続いています。今回のご本は関西圏のホテルに泊まり続けたレビュー本です。

今回紹介する同人誌

『台湾に行けないから近所のホテルに泊まって同人誌作ってました。』A5 115ページ 表紙・本文カラー

著者:tamazo


同人誌の表紙 黄色とやわらかな水色が明るく目を引きます

大事なポイントは机の使いやすさ。関西圏ホテルレビュー40件

 宿泊記録は2020年9月からはじまります。度々訪れていた台湾に行くことができず、空いた時間でこれまで撮りためた写真を生かしてご本を作ることを決意されたのが、40件ものホテル巡りをされるきっかけだったそうです。「集中できない自宅から退避し、ゆっくりパソコン作業をしよう」というのがホテル宿泊の理由だけあって、特別に大切にされているのが机の使いやすさです。部屋の快適さやお風呂の快適さなど10項目が数値化されている中で、「机の使いやすさ」項目が堂々の冒頭に配置されて、作者さんの作業するぞ! という意気込みが伝わります。

 見開き1ページにつき1つのホテルが紹介され、独自の項目で使用しやすさを判定したもの、お部屋の写真、利用した感想がまとめられ、評価基準が分かりやすいのと同時に、文章部分でも、朝食にたこ焼きが出て「熱々でおいしくてびっくり」なんていう、その土地ならではの空気が伝わってきます。

同人誌の表紙 どんな部屋なのか一目で分かりやすい!

自分も楽しみ、読み手も楽しませるしかけがいっぱい

 本文が110ページもあるたっぷり情報の詰まったご本、これを楽しい! と読んでしまう秘訣(ひけつ)は、独自の視点とすてきなデザインではないでしょうか。

 作業しやすさに重点を置くのをはじめとして、“隣のビルを見下ろす建築好きの視点”“タオルの分厚さに喜ぶアメニティーチェックの目”など、文章、情報にはさまざまなホテルに泊まり、比べることで浮き上がる面白さが詰まっています。例えば、数々のホテルを見ていくうちに「最高のワークデスクが出現!」と、机の使いやすさ項目で満点を獲得するホテルが現れます。しかし総合点で見ると別のホテルが高得点をたたき出しており……と、評価だけ見てもドラマチック! 単独の項目だけにこだわりすぎないことで、宿泊先のさまざまな魅力が見えてくるようです。

 さらにその良さが、ご本のデザインで拍車が掛かります。ホテルの名称、所在地区、宿泊したお部屋の禁煙・喫煙の状態といったベーシックな情報から、ご近所のおいしそうなお店まで、実はすごい情報量がページに詰まっているのですが、驚きの見やすさなんです。何の違和感もなく読み、本の楽しさにするっと入っていけ、しかも過度ではないおしゃれ感。うーん、強いて言うなら文字がもう少し大きいと個人的には好みかなぁ……いやいや、この膝に置いて邪魔にならないサイズだからこその良さが……と考えてしまうのはもはや贅沢な悩みというくらいに、企画、構成、情報、文章、デザインに隙がないのに、かしこまらずにさらっと読める心地よさ、すごいです。

同人誌の表紙 目次もかわいくデザイン

足掛け16カ月、ホテルレビューに日々の気持ちがにじみ出る

 ホテルの掲載順は作者さんが宿泊された順番になっています。2020年の秋から2022年の年明けまで、時には続けて泊まったり、ホテルのハシゴをされたり、40というその数にはただただ驚きますが、順を追って読むと「(予定していた遠方の宿を)泣く泣くキャンセル」といった悲しさから行動を起こしたり、「遂に底値になったので満を持して予約」「底値と思われる域に突入したので予約してみた」などのお得情報を見逃さないように気になるホテルをチェックし続ける姿勢など、作者さんに流れている時間も一緒に見えてきました。

 最初は以前の旅の様子をまとめるためだった宿泊記録ですが、ある日の一文に「いよいよ私のホテル行脚の記録を1冊にすることを決心」と登場した時にはおもわず読んでいながら「おお……ここにつながった!」と、はっとしました。旅という楽しい栄養分が途切れてしょんぼりしたときに、自分でできる範囲でわくわくをちょっとずつ探し出して摂取する、その積み重ねをアウトプットに結び付ける流れを、読んでいるこちら側もいつの間にか自然に体験していたのですね。気になるホテルから読むのも、小さな非日常の日々のスタートからゴールまでを追って読むのも、どちらも楽しいご本ですよ。

同人誌の表紙 どんな机がお好みですか? 机コレクションなど、テーマにそってまとめたコーナーも

サークル情報

サークル名:鉄窓花書房

Twitter:@tamazo919build2

入手できる場所:はちみせ(通販のみ)、シカク(大阪市此花区)、フォルモサ書院(大阪市北区)、1003(神戸市中央区)、風文庫(兵庫県芦屋市)、本屋プラグ(和歌山市)、甘夏書店(東京都墨田区)、弥生坂 緑の本棚(東京都文京区)、広島蔦屋書店(広島市西区)、本のお店スタントン内「モルタル書房」(大阪市東住吉区)、ぽんつく堂(@hanpenspy、枚方市)

次回イベント参加予定:マニアフェスタ(「ビジネスホテルいろいろマニア」2022年4月30日10時〜17時、幕張メッセ)、おもバザハンズ松山(2022年4月29日〜5月5日)


今週の余談

 感染症の流行とともに旅への考え方もがらりと変わりました。どんな風に旅し、帰ってくるのか、まだまだ探りながらなのを感じています。無理せず、日々に楽しさをプラスするためにいろんな方向を知ることができるってうれしいです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響