ニュース
» 2022年04月18日 15時45分 公開

石原良純、父・石原慎太郎さんの葉山沖での散骨式を報告 「海に還るのが父の望み。よかったね」

石原慎太郎さんは2月1日に89歳で亡くなりました。

[Yuka,ねとらぼ]

 俳優で気象予報士の石原良純さんが4月17日、Instagramを更新。2月1日に89歳で死去した父で元東京都知事、作家である石原慎太郎さんの海洋散骨式を行ったことを報告しました。

石原慎太郎の散骨式に参加した石原良純 慎太郎さんの散骨式を報告(画像は石原良純 公式Instagramから)

 良純さんは「石原慎太郎の散骨の為に、逗子、葉山沖へ」と、慎太郎さんの弟で俳優の石原裕次郎さんの三回忌に合わせて建てられた“裕次郎灯台”がある神奈川県葉山町での散骨を報告。「父のヨット仲間30艇以上が参加してくれました。海に還るのが父の望み。よかったね」と、生前ヨットを嗜み、海を愛した慎太郎さんの希望だったことを明かしました。

石原慎太郎 慎太郎さん(画像は石原慎太郎 公式サイトから)

 一部報道によると、散骨式には次男の良純さんのほか、長男で自由民主党元衆議院議員の石原伸晃さん、三男で自由民主党衆議院議員の石原宏高さん、四男で画家の石原延啓さんらが参加したとのこと。コメント欄には追悼の言葉とともに「大好きな逗子の海でみなさんを見守ってくれますね」「寂しくなったら裕次郎灯台と海を見ながら先生に話しかけたいと思います」「石原家は、海が似合います」「葉山沖に向かい合掌致します」と、あたたかいコメントが寄せられています。

石原慎太郎の弟・石原裕次郎 慎太郎さんの弟・裕次郎さん(画像は石原裕次郎 公式サイトから)

 石原慎太郎さんは一橋大学在学中の1956年に短編小説「太陽の季節」でデビュー。同作は第34回芥川賞を受賞し、映画化の際、役者として裕次郎さんをデビューさせました。1968年には参議院議員となり政治家に転身。1999年には東京都知事選挙に立候補し、初当選。2012年に次期衆議院選挙に立候補するため東京都知事を辞職すると、「日本維新の会」代表に就任し、衆議院議員として17年ぶりの国政に復帰します。2014年に政界を引退してからは、作家として活動していました。

 サッカーやテニス、スキューバダイビングなど多趣味であった慎太郎さんは、散骨式に参加したメンバーが所属する地元のヨットクラブで名誉会長も務めていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響