ニュース
» 2022年04月22日 19時00分 公開

ヒロミ、ハンターカブで「高速道路」を走る え? アレ125ccじゃないの? 「ふふふ、違うんだな」(1/2 ページ)

軽二輪化の改造をしてまで乗るハンターカブ乗りはヒロミさんくらいでしょう……。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 タレントのヒロミさんが、自身のYouTubeチャンネル「Hiromi factory チャンネル」を更新。愛車のハンターカブで「高速道路」を快走した様子を披露しました。あれ? ハンターカブってたしか125ccの原付二種。高速道路走れましたっけー!?!?

ヒロミさんは愛車ハンターカブのボアアップに挑戦 ハンターカブで「高速に乗りたい」と言い出したヒロミさん(Hiromi factory チャンネルより)
ヒロミさんは愛車ハンターカブのボアアップに挑戦 ハンターカブを181ccまでボアアップ カスタム開始! ハンターカブは排気量181ccに改造 念願の高速道路を走るヒロミさん
【ハンターカブ】181ccボアアップして高速道路を走る(YouTube/Hiromi factory チャンネル)

 ハンターカブは、ヒロミさんが数多く所有するバイクの中でも特にサイズ感とデザインがお気に入りというかわいいレジャーバイクです。

 人気バイクだけにカスタムパーツはかなり多く、ヒロミさんも一通りのカスタムはガッツリと実施済み。同じハンターカブオーナーであるハンバーグ師匠にカスタム指南なども行っていました。

(参考)【初コラボ】ハンバーグ師匠とハンターカブで初ツーリング(YouTube/Hiromi factory チャンネル)
(関連)【激レアツーリング】Wハンターカブでヒロミさんのガレージへ行ったら、まさかのカスタムしてくれた!(YouTube/ハンバーグ師匠チャンネル)

 「ただね、もっと便利に乗りたいんだよ」。

 ハンターカブは、取り回しがよく、燃費よし、悪路もそこそこOK、荷物もかなり積める、「水没」しても大丈夫(関連記事)というタフさから、ツーリングやキャンプ趣味用に使う人も多い万能バイク。ツーリングやキャンプへ行くならば長距離遠出となることも多いでしょう。

 「だからね、やっぱり高速道路を走れると便利だよなと思ったんだよ」。

 ハンターカブは排気量124ccの原付二種車両。高速道路は走れません。先日ハンターカブを手に入れた銀シャリ鰻さんも、車両を三重県のお店で買い、納車された鈴鹿から住まいの東京までの約440キロを延々「下道」で帰るという無謀な納車旅をしていました(関連記事)

ハンターカブを181ccまでボアアップ ハンターカブで「高速道路を走れる」ともっと便利だ思ってたんだよ! とヒロミさん

 「だからね、軽二輪車になっちゃえば高速道路を走れるんだよ。じゃーん、“ボアアップキット”組んじゃうよ!」。

 ひぇぇ! ここまでやっちゃうのかー!

 エンジンを125cc以上にして、きちんと整備して、陸運局など関係各所に届け出て正しく申請すれば、「軽二輪(125cc超〜250ccまでのバイクのこと)」として登録できます。ナンバーもピンクの125cc原二ナンバーから白ナンバーになります。税金や保険料など原二車両としてのメリットはなくなり、人によっては上位の二輪免許も必要となり、登録には相応の専門知識と手間・コストは要しますが、軽二輪車になれば「高速道路を走れる」ようになります。

 「さぁ、やっちゃいましょう!」。

 さすがヒロミさん、バイクいじりは慣れたもの。ボアアップキットをちゃちゃっと組んで、ついでにエアクリーナーなども交換、整備して「こんな感じかな」「できた!」。ハンターカブが排気量181ccまでアップしました。

 「それでいて、見た目のかわいさは変わってないのがすてき♪」。

カスタム開始! 「もうこんな状況ですよ」。早速いろいろバラしてエンジンむき出しに
ハンターカブは排気量181ccに改造 「181ccのハンターカブ」できた! 見た目のかわいさは変わってないのがすてき♪

 ……こうしてヒロミさんのハンターカブは、原付から晴れて「軽二輪」に。

 「いよいよ高速に乗ってみます!」

念願の高速道路を走るヒロミさん おぉぉーちゃんと走っている! 念願の高速道路を快走するヒロミさんと軽二輪ハンターカブ

 おぉぉーハンターカブがちゃんと白ナンバー付けて高速走っている! 何かすごい新鮮〜!

 芸能人ライダーにもハンターカブ乗りはかなりいますが、軽二輪化の改造をしてまで乗るハンターカブ乗りはヒロミさんくらいかもしれません……。

 ファンからも「男の夢の塊のような動画!」「ハンターカブ高速デビューおめでとうございます!」「すげーな」「自分の最大の悩みを突破してくださった〜!」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声