ニュース
» 2022年04月26日 18時20分 公開

狂気のマジックショーに視聴者呆然「思ってたのと違った」 フジ「ここにタイトルを入力」がまたやりやがった!【ネタバレあり】

ある意味奇跡の瞬間を目撃した。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 フジテレビ系バラエティー番組「ここにタイトルを入力」の4月25日放送回で、前代未聞のマジックショーが披露され視聴者を呆然とさせています(以下、番組のネタバレを含みます)。

ここにタイトルを入力

 同番組は初回にお笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんが左半身のみで出演、第2回目にはお笑いタレントのフワちゃんが街ブラ番組を収録するも、“撮影データの消失”を理由に防犯カメラ画像や手描きイラストで番組が構成されるというシュールさが視聴者の間で反響を呼んできました(関連記事)。

 第3回目となる今回は世界的イリュージョニストであるHARAさんを招き、司会のバカリズムさん、ゲストに迎えたタレントの朝日奈央さん、お笑いコンビ「シソンヌ」の長谷川忍さん、俳優の鈴木福さんの目前で“神業イリュージョン”を披露してもらうという趣旨の番組が放送されました。

 イリュージョンではまず、シャッフルしたトランプから鈴木さんに選んでもらったカード(ハートの9)をHARAさん以外が確認した後、カードを戻してシャッフルします。ここまではよく見るのカードマジックの流れですが、HARAさんはいろんなやり方を駆使して延々とシャッフルを続け、いくつかに分けた山からゲストの好きな数だけカードを意味ありげにめくったかと思うと、また1つの山に戻してシャッフル。そしてここで、バカリズムさんの「CMの後もまだもだシャッフルは続きます」の声でCMをまたぎます。すでにただならぬ空気を感じる。

 CM後は長谷川さんシャッフルし、またカードを複数の山に分けたり、鈴木さんの誕生日の数だけめくったりした後、カードを1つにしてシャッフル。バカリズムさんは「でましたHARA混ぜ」と盛り上げますが、長谷川さんは「こんなこと言いたくないけど、ずっと遠回りされているみたいな」とツッコみます。

ここにタイトルを入力 ツッコミを入れるシソンヌ長谷川さん

 その後も意味ありげにダイスを転がしたり、ゲストに数字を連想させたり、レモンを切ってみたり、マジックアシスタント風の女性が踊りだしたり、鈴木さんの引いたカードを長谷川さんにイメージさせてポケットにしまわせる動作をさせたりとマジック風の演出が続きますが、一向に本題のカード当てには進みません。

 さらには、HARAさんが水槽へ飛び込んでカードをシャッフルし、鈴木さんはオリに入れられて退場し、朝日さんは箱に詰められ手首をチェーンで拘束されます。カードマジックどこ行った。

 最終的に長谷川さんがポケットに入れたイメージだけの見えないカードをHARAさんが確認して「ハートの9」と的中させますが、カードの現物はなく、鈴木さんはスタジオにおらず、朝日さんは箱の中という状況。ゲストも視聴者も釈然としないまま番組を締めくくるバカリズムさんに、朝日さんが「え、終わったの?」、長谷川さんが「出演者2人消えてるすよ、ほぼ。これなんすか?」と声を発するところで番組は終わります。

箱に入れられる朝日奈央 箱に入れられる朝日さん

 マジック演出の“あるある”を詰め込みつつ、ことごとく予想を裏切っていくという狂気のマジックショーにネットでは、「トランプマジックかと思ったら思ってたのと違った」「シャッフルしはじめるだけで笑ってしまう」「毎回意味がわからなさすぎwww」「我々は何を見せられてるんだろう……」「最後まで『嘘でしょ?!』の連続」「最後までふき出さずにやり切ったHARAさんすごい」など、動揺しつつも楽しんだ様子の反応があふれました。

 なお、視聴者を困惑させるマジックを披露してくれたHARAさんは実際に世界的なイリュージョニストであり、国内外でさまざまな賞を獲得している実力派です。

画像提供:フジテレビ

五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声