レビュー
» 2022年05月01日 12時00分 公開

作者は寿司屋の女将 仕入れた魚の美しい「ヒレ」をコレクションした同人誌『ウオヒレウロ子の素敵なウオヒレの世界』司書みさきの同人誌レビューノート

ヒレは下処理後にレジン樹脂でコーティングしているんだとか。

[みさき,ねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 「きらきらしたもの」とお題があったとしたら、何を思い浮かべるでしょうか。宝石、星、華やかなスポットライト……今回のご本は、きらきらした魚の、そのなかでも特に「ヒレ」が並ぶ同人誌です。

今回紹介する同人誌

『ウオヒレウロ子の素敵なウオヒレの世界』147ミリ×147ミリ 28ページ 表紙・本文カラー

著者:ウオヒレウロ子


同人誌「ウオヒレウロ子の素敵なウオヒレの世界」 色も形もさまざまなヒレたち

18種のヒレたち、見逃せない美が集合

 いつもはまじまじと見たことなかったなぁ……そんな魚のヒレが、ご本ではいくつも紹介されています。本体から離れたヒレだけの姿がどん、と大きく掲載され、それに魚の名前、“胸鰭(むなびれ)”“尾鰭(おびれ)”といった部位、大きさの基本情報と、作者さんのコメントが添えられた形です。

 東京・銀座のお寿司屋さんで女将(おかみ)をされているという作者さんが、ご自身で仕入れた魚の下処理を行う作業の中で、残ったヒレの美しさに気づいたのがヒレコレクションのきっかけなのだそうです。ご本にも「眺めてみるとうっとりするほど美しい……」と書かれている通り、ヒレのどれもがなんとまぁきらめいていることでしょうか。

 イトヨリダイの淡いピンクのかわいらしさ、イサキの背ビレのシャープなかっこよさなど、まずはインパクトの強いものに目を奪われ、さらにだんだんと「さすがの落ち着きと重厚感」とのコメントにうなずく、クエの趣のある渋さにも心ひかれる、さまざまなヒレを目で味わうことができます。

同人誌「ウオヒレウロ子の素敵なウオヒレの世界」 “かわいい”“可憐(かれん)”……いままでヒレに対して使ったことのなかった言葉が浮かんでくる愛らしさです

こんなに鮮やか、こんなに色とりどり。つやめくウオヒレ色と形を楽しむ

 掲載されているヒレは、下処理後にレジン樹脂でコーティングされているのだとか。なかには退色して、入荷時とは違う色になった、と書かれているものもありますが、それも含めてそのツヤが瑞々しく光り、水の中に居るときそのままのような鮮やかさにも見えます。

 このヒレの保存、そして写真の撮り方、紙面デザインも、ヒレが堂々と紙面の主役として輝く、大きな力になっているのを感じます。背景は爽やかな白一色、そこにはっきりと形が分かる美しいヒレを真ん中にして見せ、つやめきと同時に自然物の繊細な色を伝える撮影と印刷技術のすばらしさ。手元で見た美しさを写真などで同じように再現しようとしても、なかなか難しいものがあります。けれど、こちらのご本は見事にそれを超えて、ページをめくったときに「わぁ、きれい!」と思える環境が作られています。

 加えて、ページの端になじみのいいベージュ色で書かれたキャッチフレーズに見られるような、たくさんの魚と毎日出会ってきたからこその、作者さんの端的にまとまったヒレへの一言が効いているんです。形、色はもちろん、紙面では伝わりきらない手触りやにおいにまでが短い中にさらりと込められているのが、ヒレの魅力を一層伝えます。「蝶の羽のようなバランスのとれた広がり」はキンメダイの腹ビレ、「黄昏時、灯りを点ける前の暗い和室から格子戸越しに差し込む西日を眺めているような趣」なのはマダイの尾ビレです。魚を愛おしむ人だからこそ紡がれる言葉の数々に、おもわずすぐに魚に会いたくなってしまいますもの。

同人誌「ウオヒレウロ子の素敵なウオヒレの世界」 ご本の大きさが、掲載されたヒレの実物を思わせるような小さめな正方形なのもかわいらしい

本体から切り離された部位の持つ魅力

 文章には時々、魚の大きさや、顔など、紙面には載せられていない部分のことも出てきますが、このご本で魚の本体の絵図が出てくるのは、部位の位置を説明するための解説ページだけです。作者さんが営むお寿司屋さんでそうであるように、また読者である私の日常にも、いつもなら魚の“主”は胴体や、頭です。けれどこのご本では、常なら“副”として本体に寄り添う存在がきらめているんです。細やかな部分にも愛着を持たざるを得ないほどの作者さんの、魚が大好き!な思いが感じられます。

 いつもなら切り離されていくだけの部位にあらためて光を当てる、その美しい細部の世界が本になってやってきて、ゆっくりと開いて楽しめるのは宝石箱を開けるのに似ているとさえ思うひとときになりました。

同人誌「ウオヒレウロ子の素敵なウオヒレの世界」 渋いかっこよさも見逃せない

サークル情報

サークル名:ひれ処志喜

Twitter:@yamabe_emiko

Instagram:@yamabe_emiko@uohadalove

入手できる場所:ひれ処志喜 ウオヒレウロ子STORE東京・銀座4丁目「すし処志喜」(※食事利用時に冊子の販売、ウオヒレ実物展示見学可能。要電話予約)、シカク(大阪・大阪市)、タコシェ(東京・中野)、mount ZINE(東京・駒沢大学)、ブックギャラリーポポタム(東京・目白)、ひるねこbooks(東京・根津)、SPBS本店(東京・渋谷)、百年(東京・吉祥寺)、エルミHAO(兵庫・甲子園町)


今週の余談

 自然の造形ってその美しさに驚くほどですよね。そしてそれがとどまらず、刻々(こくこく)と変わっていくのもすてきです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。

関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響