ニュース
» 2022年05月10日 14時19分 公開

アンディ・ウォーホルのマリリン・モンロー肖像画 20世紀アート史上最高額254億円で落札される

みんな知ってるあのマリリンの絵。

[城川まちね,ねとらぼ]

 米ポップアーティストのアンディ・ウォーホルが描いた米俳優マリリン・モンローの有名な肖像画が5月9日(現地時間)、オークションにかけられ、1億9500万ドル(約254億円)で落札されました。これは20世紀に制作された芸術作品では史上最高額となり、記録を更新したと発表されています。

アンディ・ウォーホルのマリリン・モンローの肖像画 アンディ・ウォーホルの作品郡では最も象徴的なものの1つ(画像はクリスティーズの公式サイトから)

 ニューヨークのクリスティーズでオークションにかけられたこのマリリンの肖像画「Shot Sage Blue Marilyn」は、彼女の死から2年後となる1964年の作品で、5枚の絵画からなる「Shot Marilyns(撃ち抜かれたマリリン)」のうち1枚。1953年の映画「ナイアガラ」の宣伝用スチールを描いたものでした。オークション前の落札予想額はやはり最高額の2億ドルとされていましたが、ほぼ相違のない結果となりました。

 マリリンの死後、彼女の重要なイメージとなる作品群を精力的に描いたウォーホル。オークションに先立ち、作品についてクリスティーズは「アンディ・ウォーホルを通してマリリン・モンローはアメリカン・ドリームの象徴、また現代のモナリザとして人々の胸に刻み込まれた」と語っています。

 同作は「トーマス&ドリス・アマン・コレクション」から出品された作品の1つで、売り上げは全て世界中の子どもたちへ医療や教育を提供するため設立された「トーマス&ドリス・アマン財団」へ寄付されます。

ピカソの絵画 以前の記録はドラクロワにインスパイアされたピカソの絵画(画像はクリスティーズのInstagramから)

 なお、これまで「20世紀アート史上最高落札額」の記録を保持していたのは2015年にクリスティーズで落札されたパブロ・ピカソの「アルジェの女たち(バージョンO)」で、1億7936万5000ドル(約233億9000万円)」で落札されました。

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響