ニュース
» 2022年05月13日 17時15分 公開

“七光り”批判もどこ吹く風 ケイト・モスの娘ライラ、「フェンダーチェ」キャンペーンで1型糖尿病をオープンにし称賛

1型糖尿病の子ども持つ多くの親たちから「ありがとう」。

[城川まちね,ねとらぼ]

 90年代のスーパーモデルであるケイト・モスの娘ライラ・グレース・モスが、フェンディとヴェルサーチェのコラボ“フェンダーチェ”キャンペーンモデルに起用され、5月10日、その広告写真を自身のInstagramに投稿しました。この写真のなかで1型糖尿病を公表しているライラが、左の二の腕に付けている血糖値の変動を測定するための持続血糖測定器を隠さずに見せていることが話題になっています。

フェンダーチェのキャンペーンモデルに起用されたライラ・グレース・モス 左の二の腕に見える持続血糖測定器(画像はライラ・グレース・モスのInstagramから)

 1型糖尿病は、生活習慣によらない自己免疫による疾患で、体内でほとんど、または全くインスリンを生成できません。幼い子どもが患うことも多く、外からは全く分からないため誤解を受けたり、疾患を隠したまま生活しているという声も聞かれます。

 ライラが初めて1型糖尿病であることを隠さず、ありのままを見せてモデルとして活動したのは2021年9月に行われた「フェンダーチェ」コレクションショーでのことでした。フェンディの服をヴェルサーチェのデザイナーが、ヴェルサーチェの服をフェンディーのデザイナーがデザインするという異例のコラボで話題を集めた「フェンダーチェ」。そのランウェイに現れたライラが太ももにインスリンを投与するためのワイヤレスインスリンポンプを隠さず見せていることが人々に驚きを与え、称賛を受けました。

2021年9月フェンダーチェのランウェイで歩くライラ・グレース・モス 左の太ももにパッチが(画像はライラ・グレース・モスのInstagramから)

 このワイヤレスインスリンポンプを操作するための端末は、ライラが2022年5月号の表紙を飾った英版VOGUE誌との動画インタビュー「In The Bag」でも紹介されています。急に血糖値が下がったときのためのブドウ糖タブレットとともに、いつも持ち歩いていると明かしてくれました。

ほかの持ち物とともに自然に紹介してくれる

 このように彼女がバッグの中身をみせてくれること、また、1型糖尿病に対処するための機器を隠さずメディアやランウェイに登場することに対し、「私の14歳の娘が最近1型糖尿病と診断されたので、ほかの人がどう対処しているのか知ることができてとても良かった」「私の8歳の娘も1型糖尿病です。シェアしてくれてありがとう」「ありのままを見せてくれてありがとう。1型糖尿病のコミュニティーにとっては大きな意味があります」など、コメント欄やSNSでは1型糖尿病の子どもを持つ多くの親から称賛と感謝の声が溢れています。

メットガラ2022に登場したライラ・グレースと母のケイト・モス 2022年メットガラでも母とともに登場。シースルーの衣装からはやはり機器が見えている(画像はケイト・モス エージェンシーのInstagramから)

 ライラについてのコメントには、「彼女は優しくてかわいいけど、モデルとしてのポテンシャルはない」「1人では絶対に成功できない2世モデルであふれているのが悲しい」などと、ほかの親が有名ではない才能あるモデルの場所を奪っているといった批判も多く見られます。

 一方で、「みんなライラが親の七光りということにばかりフォーカスしているけど、(彼女のように有名な)誰かが1型糖尿病について語ってくれ、命を救ってくれる機器を隠さないでくれるから、1型糖尿病を患う若者たちが自分もメディアのメインストリームに含まれてると感じられるようになるはず」とライラにしかできない役割を感じ取っている人も多く、そういった彼女を支持する声も着実に根付き話題になっているようです。

 母親のケイトも90年代にトップモデルでありながら「拒食症ではないか」「ロリータ趣味を助長する」などと小柄でやせ型な体形を批判されることが多くありました。モデルと言う仕事の辛さをよく知っているからか、ライラは英版VOGUEとのインタビューで、最初にモデルになることをケイトから反対されていたことも明かしています。

 ライラはまた、2021年のTHE KITとのインタビューで将来的には「(1型糖尿病を患う人たちの)できるだけ助けになりたい。手伝いたいことがたくさんあります」と語っていました。ケイトが90年代のスーパーモデルの中で異彩を放つ存在だったように、ライラもまた新しいモデルの道を切り開いていくのかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声