ニュース
» 2022年05月15日 17時20分 公開

大和田南那、HSPだと告白 悩みの種な“刺激への敏感さ”に「すごく分かります」「理解が広まってほしい」(1/2 ページ)

大和田さんはHSPの中でも3割程度に当てはまる外向的なタイプとのこと。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 元AKB48の大和田南那さんが5月14日にYouTubeチャンネル「大和田南那」を更新。感受性が高く敏感な気質を持つ「HSP」(Highly Sensitive Person)だと告白しており、精神科作業療法士のYouTuber・くのいちさんとともにHSPについて対談しました。

元「AKB48」の大和田南那 大和田南那さん(画像は大和田南那Instagramから)

 HSPとは、アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン博士が提唱した心理的概念のこと。刺激に敏感で疲れやすくてあらゆる感覚が鋭く、人の気持ちに振り回されやすかったり、思考が複雑でよく考えてから行動したりする特徴を持った人を指す言葉だといい、生まれつきのものであるため治療できないそうです。

くのいちと元「AKB48」の大和田南那 HSPについて語るくのいちさんと大和田さん(画像はYouTubeから)

 大和田さんは以前から自身の敏感な特性が気になっており、たびたび悩むことも。カフェに入ると隣の人の会話の内容が耳に入ってきて気になったり、香りにも敏感だったり、人からかなり影響されたりしやすいことなどを例に挙げており、自身がHSPだと気付いて一時は落ち込んだといいます。現在では悩みを緩和するために、すぐ対処方法を調べられるようになったそうです。

 なお、大和田さんはHSPの中でも3割程度に当てはまる外向的な刺激追求タイプ・HSS(High Sensation Seeking)とのこと。「こういう風に(HSPに)見られない人でも意外と悩んでる人もいるってことも皆さんにお伝えできたらうれしいです!」と動画公開の目的を明かしていました。

 ファンからは「HSP初めて知りました」「南那ちゃんが発信することで勇気づけられる人、勉強になる人がいると思います!」と聞き慣れない言葉に初めて触れて驚いたという声や、「私もHSPなので(自己診断ですがほとんど当てはまるので)すごくすごく分かります」と大和田さんの経験談に共感したという声とともに、「もっと世の中に理解が広まってほしいと思います」という願いも寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響