ニュース
» 2022年05月17日 17時40分 公開

ジョニー・デップ「グロテスク」vs元妻アンバー「大人がすることじゃない」 泥沼裁判中“ベッドで大便”事件巡って対立

こんなちっちゃいわんちゃんが……。

[城川まちね,ねとらぼ]

 5月16日(現地時間)、米俳優ジョニー・デップの元妻で米俳優のアンバー・ハードが裁判で「アンバーと友人が夫婦のベッドに大便を残した」とするジョニーの証言を否定しました。この裁判は2018年の米Washington Post紙へのアンバーによる寄稿が名誉毀損(きそん)であるとして、ジョニーが5000万ドル(約65億円)の損害賠償を求めているものです。

離婚後もジョニー・デップとの裁判が続いているアンバー・ハード 離婚後も泥沼劇が続く(画像はアンバー・ハードのInstagramから)

 2016年に離婚が成立しているアンバーとジョニーですが、その後の名誉毀損を訴える裁判では衝撃的な証言が次々と飛び出しています。その中で、過去に一度話題になっていた「大便事件」について、4月20日に証言台に立ったジョニーがもう一度言及していました。

 この事件は、ジョニーの留守中にアンバーと友人が「夫婦のベッドに大便を残す」という悪ふざけをしたとジョニーが主張しているもの。ジョニーは直接その光景を見たわけではなく、アンバーの留守中に荷物を取りに行くかどうか相談しているところ、警備員に「こない方がいい」とベッドの画像を見せられたといいます。

 一方アンバー側は、飼っていた犬が排せつに問題を抱えており、どうしようもなくやったことだと説明。しかしベッドに糞をしたとされているブーは小型犬で、ジョニーは「画像を見た限りそうとは思えない」とし、「考えられないし、奇妙だし、グロテスクだし、もう笑うしかなかった」と述べています。

ジョニーとアンバーが飼っていた犬 2人が飼っていたというピストルとブー(画像はアンバー・ハードのInstagramから)

 今回アンバーはこの件に関して、弁護士からジョニーに悪ふざけをしようとしたのか尋ねられると「絶対にない」ときっぱり。「まず、面白いと思わないし、大人の女性が面白がるものじゃない。それに当時の私はふざけるような気分じゃなかった。人生が壊れていきそうになっていて、岐路に立たされていた」と主張。「全然、楽しい時期じゃなかったし、それが面白いことだとは思わない。吐き気がします」と証言しています。

 また、ジョニーが大便をアンバーの友人が置いたと述べていることにも、「私の友人はそんなことしません。そんなの(当時)30歳の女性が面白がるようなことじゃない。何を言っているんでしょう?」と一蹴していました。

 「(そのとき)私たちの結婚は終わっていて、目の前で崩壊しつつあった。私たちは1カ月以上会っていなかったし、彼のお母さんは亡くなったばかりだった。彼がうんちの話をしたがるなんて信じられなかった」と当時の状況と照らし合わせて起こり得ないことだと語りました。

元妻アンバー・ハードとの泥沼裁判が続くジョニー・デップ SNSにはジョニーを信じるファンから励ましのコメントも続いている(画像はHollywood VampiresのInstagramから)

 この裁判でジョニーは、これまでアンバーはジョニーからDVを受けてきたと主張しているものの、実際に暴力を受けていたのは自分の方だと主張。また、アンバーはジョニーからの慰謝料700万ドル(約9億円)を米自由人権協会(ACLU)とロサンゼルス小児病院に全額寄付するという約束を守っていなかったことを認めました。

 アンバーとジョニーは2011年に映画「ラム・ダイアリー」で共演し、2015年に結婚、2016年には終止符が打たれました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」