ニュース
» 2022年05月19日 12時00分 公開

山田涼介、実写版「鋼の錬金術師」続編は「厳しい声も含め反響を生かす機会に」 完結編公開前インタビュー(1/2 ページ)

「原作がある作品をやる以上、いろんな声がつきまとってくることは百も承知」と山田さん。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 荒川弘さんの名作漫画『鋼の錬金術師』が、連載20周年の新プロジェクトとして新たに実写映画化。2017年公開の第1作に続く完結編として、前編「復讐者スカー」が5月20日、後編「最後の錬成」が6月24日にそれぞれ公開され、「Hey! Say! JUMP」山田涼介さん演じる主人公エドの物語がついにフィナーレを迎えます。

映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』完結予告|2022年5月20日(金)/6月24日(金)二部作連続公開!

 “ハガレン”の愛称でおなじみの同作は、2001年から2010年にかけて『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)で連載された、エドワードとアルフォンスの兄弟が賢者の石を探す物語。錬金術を取り入れたバトルシーンの派手さが目を引く一方で、母親の死や異教徒を巡る内乱といった複雑なストーリーラインは老若男女問わず支持され、山田さんも「子ども時代に見ていても面白く、大人になってから理解度が増すともっと面白い」と長年のファンだと強調しています。

 ねとらぼでは、4月初旬に山田さんへインタビュー。2017年に公開された第1作が興行収入約12億円を記録する一方で、ヨーロッパを思わせる世界観を日本人キャストが再現する違和感をはじめ、実写化には消極的な声も聞かれます。そんな中で続編に挑む心境や、作品への思いを聞きました。

「いろんな声がつきまとってくることは百も承知」 厳しい声も“生かせる”と挑んだ続編

 前作だけでは「ハガレンの良さを伝えきれなかった」と振り返った山田さん。続編では基本的な人物紹介や「鋼の錬金術師とは」という説明を省けた分、より深い人間物語やファンからの人気の高いシーンを映像化できたと自信をうかがわせています。

「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」 「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成」

―― 今回は続編ということで、前作の評価が目に見える状態での挑戦となりました。ためらいやプレッシャーはあったのでしょうか?

山田涼介(以下、山田) プレッシャーはもうありません。難しいことだとは思いますけど原作がある作品をやる以上、いろいろな声がつきまとってくることは百も承知。人によっては原作のある作品だからこそのプレッシャーを感じるんでしょうけど、決まったからにはやるしかない。

 僕自身も続編を望んでいたし、だったらやるべきことをやるだけという気持ちは強くあって、評価がどうこうは二の次でした。うれしい声も厳しい声もひっくるめて、全部を生かせる次の機会があるってプラスに捉えたいと思いました。

 僕もスタッフさんも監督も入念に話し合った上で2作目、3作目と挑ませてもらったので、ためらいやプレッシャーはあまり感じずにやりました。

―― 続編は前作と比べ、ビジュアル再現度がかなり向上しているように感じましたが、特にこだわったポイントがあればお聞きしたいです。個人的には前作ではなかったエドのアンテナが忠実に再現されていて「お!」と思いました。

山田 うれしい! 気付いてくれました? アンテナにはこだわったので、気付いていただけたらうれしいですね。

―― 髪形だけでなく、身体作りにもこだわりはあったのでしょうか?

山田 身体を見せるシーンがあって、続編が決まってからすぐに筋トレを始めました。「燃えよ剣」の撮影が終わってすぐだったかな。岡田(准一)さんに聞けば間違いないだろうとパーソナルトレーナーを紹介していただいたんですけど、「紹介するのはいいけどマジでこの人地獄だから」と。

 地獄くらいがちょうどいいなと思ったんですが、マジで地獄でめっちゃ吐きましたね。半年間週に4、5回通いました。別の作品を撮影しながらでしたが、身体がどんどん大きくなっちゃって当時の衣装さんにはご迷惑をかけてしまいました。

―― 鍛えた肉体を生かしたアクションシーンでも光っていました。何か参考にした作品はあるんでしょうか?

山田 錬金術と体術を組み合わせたアクションはエドならでは。他のアクション作品を見てもあまり参考にならないんです。アニメの世界からインスピレーションを受けてひたすら現場で見返しながら取り組みました。モチベーションを上げるにも、ひたすら(アニメでエド役を演じる)朴ロ美(ロは王へんに路)さんの芝居を聞いていましたね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」