ニュース
» 2022年05月26日 12時45分 公開

いしだ壱成、演じてみた第3弾は名作「リップスティック」 “痛すぎる”画鋲シーン再現に「泣きそう」「プロだなぁ」(1/2 ページ)

「ジーパン刑事」と「マカロニ刑事」続く、いしださんの熱演。

[Yuka,ねとらぼ]

 俳優のいしだ壱成さんが5月25日、自身のYouTubeチャンネルで“演じてみた”動画の第3弾を更新。1999年放送の月9ドラマ「リップスティック」(フジテレビ系)で、自身が24歳の時に演じた葛西孝生が画鋲を握るシーンを再現しました。名場面だ。

 同作は少年鑑別所に送られてきた少女たちと、そこで働く職員の切ない恋愛ドラマ。いしださんは少女たちを監督する教官を演じていて、今回再演したのは援助交際をさせられていた安奈(中村愛美さん)の心の呪縛を解こうと画鋲を握りしめてみせる衝撃的なシーン。視聴者からの多数のリクエストが寄せられた場面でした。

いしだ壱成YouTube演じてみた「リップスティック」 目が離せない(画像はいしだ壱成 公式YouTubeチャンネルから)

 向かい合って着席するいしださんと安奈役の女性。「画鋲をね、手のひらで握ったり」と、援助交際相手が自分にしてくれたことをうれしそうに話す安奈に、「画鋲……痛そうだな」と鼻で笑い、含みのある表情で答える葛西教官。安奈が「愛してるから痛くないって」と無邪気に返答すると、葛西教官は何やら考え込む表情に。

 続けて少しうなずき立ち上がり、多数の画鋲をケースから手のひらの上にすべて取り出し、一気に握りしめた葛西教官。「それから……あとは……何してくれたの? 君を愛してると偽って」と言葉が振り絞られた後、カメラには赤く染まった手のひらが。このバチバチの緊張感の中、場面は切り替わり通常のいしださんに。息するのを忘れてた。

いしだ壱成YouTube演じてみた「リップスティック」 い、痛い……(画像はいしだ壱成 公式YouTubeチャンネルから)

 「やっぱり難しいシーンだったんだな、とても」と、当時を振り返ったいしださん。はかない安奈を魅力的に見せるために「もちろん愛してました」と、当時役になりきっていたことを報告。またいしださんの記憶では、ドラマスタッフが“いしださんが本当に画鋲を握ってしまうのではないか”と、一番緊張していたシーンだったことを明かします。

 案の定、自ら握りにいったいしださん。刃が取られているとはいえ手のひらに刺さり、血もにじんでいたとのこと。熱演のかいあって永山耕三監督に「よかった」と一言声をかけられたそうです。永山監督は同じくいしださんの出演作「ひとつ屋根の下」シリーズも担当していましたが、「(このとき)初めて褒められたんですよね 『ひとつ屋根の下』も1回も褒められたことないのに」と、唯一覚えているエピソードとして初告白しました。

いしだ壱成YouTube演じてみた「リップスティック」 NGシーン(画像はいしだ壱成 公式YouTubeチャンネルから)

 なお今回の撮影でもスタッフの意図に反し、いしださんが画鋲を握ってしまったことが判明。NGシーンでは、共演者が止めに入る映像が流れました。手を傷つけてしまい「やっぱり痛いですね画鋲」と言いつつ「痛い芝居をしなきゃいけないから だったら痛い方がいいじゃないですか」と握った理由をサラッと告白。「ドラマって本当に楽しいものですよね」と、最後まで役者魂を見せたいしださんでした。

 視聴者は「まさかリップスティックを再現してくれるとは思わなかった!」「きゃー 嬉し過ぎ」と再演を喜ぶとともに「え、ちょっと泣きそう すごいシーンだ」「迫真の演技で、引き込まれました」「いしださんの演技ってほんとに大好きです」「体張ってリアルさを出すあたりがプロだなぁって本当思います」と絶賛の声が。

 さらに「是非ひとつ屋根の下もやって欲しいです」「未成年の雨の公園のシーンを観たいです」「聖者の行進の裁判のシーンも再演見たいです!!」と、往年のヒット作タイトルがどんどん寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」