ニュース
» 2022年06月05日 19時00分 公開

高橋克典が「Z2」を作るとこうなる 渋すぎる伝説の「Z2 矢島金太郎号」、驚がくのカスタム内容をズンと公開(1/2 ページ)

気合い、ロマン、技術、おカネ……いろいろ込めまくりのやばい1台です。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 俳優の高橋克典さんが、自身のYouTubeチャンネル「高橋克典 / Katsunori Takahashi」を更新。こだわりカスタムを施した自身の愛車「750RS(Z2)」の詳細を紹介してくれました。

愛車Z2に会いに来た高橋さん 愛車Z2に会いに来た高橋さん(高橋克典 / Katsunori Takahashiより)
愛車Z2に会いに来た高橋さん こだわりの750RS(Z2) ヨシムラを切って装着! 店長さんもうらやむカッコよさ ブラウンカラーのオシャレなシート
旧車バイクショップ MISTY に遊びに行ってきました vol.1 Z-II 金太郎号(YouTube/高橋克典 / Katsunori Takahashi)

 高橋さんは、1970年代カワサキの伝説的バイク・750RSこと通称「Z2」のオーナー。昨今の旧車ブームにおいて、900ccの「Z1」と並んで絶大な人気、そして価格が高騰し続けている名車オブ名車です。

 Z2 矢島金太郎号は、子どものころからZ2に憧れていたという高橋さんが、「これしかない」と主役の矢島金太郎を演じた映画「サラリーマン金太郎」(1999年)で使うために、ビッとこだわりまくりのフルカスタムを施して組んだ1台です(関連記事)

 以前は「手放そうかな」と検討していたようですが、これを手放すなんてとんでもない! となるバイク。このZ2のカスタムを手掛けたバイク店で大切に保管してもらい、たまに会いに行くのだそうです。今回はあらためて、Z2 矢島金太郎号のこだわりカスタムポイントをじっくり紹介してくれました。

こだわりの750RS(Z2) Z2 矢島金太郎号、驚がくカスタムポイントを教えます

 ホイールはハヤシレーシング製キャストに。「これは当時から高級品で、オカネモチしか付けられなかった」(店長さん)。マフラーは定番のヨシムラ手曲げショート管をさらに短くした追加カスタム仕様。「見た目をもっとカッコよくしたいからね。もちろんバッフル入り、法規制内範囲で」(店長さん)。

ヨシムラを切って装着! 定番のヨシムラショート管を「見た目」にこだわってさらにカスタムして装着

 オイルクーラーはホンモノ・当時モノの純正。「これは純正のオプション、レプリカやリプロではなく当時のホンモノ。とてもレアです」(店長さん)。映画撮影時は未カスタムだったブレーキは「高橋さんが撮影後に引き取って乗るというので、現代も通用するしっかりと効くものに交換しています」(店長さん)。

 リアショックは名門のモンロー製。「貴重な新品だったので映画の撮影が済んだら外そうと思っていたものなのに、高橋さんがあとで買って乗るっていうから外せなくなっちゃったんです(笑)。めっちゃレアです」(店長さん)。

店長さんもうらやむカッコよさ モンローのリアサスも超レア。「自分用だったのに、高橋さんが乗るというから外せなくなっちゃったんです」

 独特形状のスワローハンドルは「これぞ、別名:金太郎ハンドル」。「これイチから作ったんですから」(店長さん)。バックステップも、スイングアームも、キャブレターも、シートも……。

 こだわり箇所とその思い入れがありすぎて話が止まらなくなってしまった店長さん。「カッコいいよね〜」「旧車はノスタルジーと愛情とロマンで乗るもの」と、金太郎号を眺めながら2人であらためてウットリ。ホントにウルトラ大切にされているZ2なのですね。

ブラウンカラーのオシャレなシート 「シートもね、クロスポというもう手に入らないやつでね……」 こだわり箇所が多すぎて話が止まらなくなってしまった店長さん

 ファンからも「ノスタルジーと愛情とロマンで乗るもの、、、いい言葉ですね〜!」「当時子供でしたが、金太郎でこのZ2見て憧れてバイク乗りになりました!」「カッコイイ!」などのコメントが多く寄せられていました。

 Z2、もしかして欲しくなってしまった人はいませんか? 試しにグーバイクなどで「Z2」「750RS」などと入力して探してみてはいかがでしょう。なかなか驚きの冷や汗出ちゃう体験ができますよ。

(カナブンさん)



おすすめ記事

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」